補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

フローリングの補修あれこれ|室内で飼っているペットの尿のシミの他にも…。

2017年06月10日 18時20分06秒 | フローリング補修

フローリングリペアとは何かというと、できてしまったキズやしみを、遠目にはわからないくらいまで隠すことで、退去後の原状回復工事に必要な費用を節約することが可能になります。
もしも、木材でできた床にキズを作ってしまった場合でもOKです。適切な方法ですぐにリペアすると目立たなくなります。キズの種類毎のリペアのやり方を取り入れましょう。
両面テープで貼る種類のフローリングを使ってるなら、今張ってある床の上に重ねて使えるため、自分自身で好きなように補修することができるようになっています。
家の床の困ったキズはひどいものも含めて、広すぎないものならば、“フローリングにも安心のキズ補修剤”という商品を塗って短時間で補修することができると言われています。
音漏れしないように専門の資材が裏についているもの、床暖房のために加工が施してあるもの、風呂場用に水や汚れに強い加工をした最新のフローリングもお目見えしています。

気にならない程度のキズなら、東急ハンズなどで各種「床材用補修カラーや補修専用液」が用意されていますので、色を見てレジに持っていき、自分一人でリペア作業することをお勧めします。
床をリペアすることのいい点は、狭い範囲のリペア作業だけで大丈夫です。私たちの負担を小さくしながら可能なだけ新品の状態に近づけます。
1年に1回のペースでフローリング床にワックスを塗ると、面倒なキズができにくくなります。それだけやっても何かを落として大きな傷や陥没が残ってしまうケースも珍しくありません。
補修が済んでから、傷があったと思われるところをいろいろな角度から確認してみたけど、さっぱり見つかりません。やはりプロ!そこら中にある床のキズをなんとかしたい方は補修という手がありますよ。
特別に床の木材はなんでもいい人たちは、合板を使った「複合フローリング」が一番いいだと思えるほど、絶妙なバランスのとれた良質の床材です。

リフォームしなければならないほどの広範囲なキズでなければ、店頭で手に入る補修剤を買って自力で補修するほうがお金がかからずきれいにできるという最大のメリットは注目に値します。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ金属補修もOK!
日常歩くだけで徐々にフローリングに塗ったワックスははがれ、しっかりと維持されている床と使いっぱなしの床とでは、まもなく明らかな違いが生まれます。
フローリング床の上を覆っているクリアー塗料などが落ちてしまったキッチンなどのフローリングをきれいにするには、気になる箇所だけクリアー塗料などを用いて補修するといいです。
フローリング全体の一部を新しい板材にすることはありますが、同一のフローリング材を探し出すのは大変で、同じと言われるフローリングでもロットや使用状況が違うと、寸分たがわぬというのはまず無理だと思います。
室内で飼っているペットの尿のシミの他にも、意外にも多いウォーターサーバーの水漏れでできたシミ補修でしょう。フローリングは木でできているから、見つかった時には時すでに遅しでシミの跡ができている場合がほとんどです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬や猫などペットのおしっこ... | トップ | フローリングの補修あれこれ... »

フローリング補修」カテゴリの最新記事