補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天然木だけでできたフローリングだと…。

2017年01月19日 21時50分04秒 | フローリング補修

キズがそれほどでもない際は、キズができた箇所に床と似た色の補修専用クレヨンをのせ、過剰なものを布で取り除き、市販のワックスでコーティングします。
日々の手入れ方法としては水ぶきを避けて、何かのキズに気づいたら、お店で売られている補修ペンなどでその場で補修することが美しい状態を維持するコツだと言えます。
固い物を落として、お気に入りのフローリングに気になるキズができたときでも、プロに頼まずに消したい傷を分からなくできる優れものがフローリングリペア専用に売られている補修セットです。
床をリペアすることがなぜいいかというと、小さなリペアで済みます。価格や時間を減らすと同時に可能な限りもともとの形まで戻します。
フローリングのすごく細かいキズは、クレヨンタイプの専用補修剤を傷になっている部分に薄く塗ると目立たなくなります。傷がひどいフローリングの場合は、パテ状のものが使い勝手がいいと思います。
 [PR]フローリング、床の補修はリペアアキ東京・神奈川・千葉、関東一円OK

マンションの床についてのありふれた問題が発生した場合は、ホームセンターで手に入るリペアキットを使用して自分で補修にチャレンジするのはものすごく大切でしょう。
最近の建築でもっともスタンダードな床材料のフローリング。汚れがこびりつきにくく、リビングでも水廻りでも、どこでも思い通りに使用できるのがありがたいです。
自分で柄を塗れるすぐれものの補修材も使えば、フローリングの柄が木目の雰囲気である床は、わりとわからなくすることができるはずです。
お風呂場などはフローリングの筋など、摩耗が見つかります。お気に入りにマットなどで覆った下に、めくってみたら目も当てられないキズができていたという貸主もいます。
床の表面にワックスを塗布することで被膜ができるので、小さな傷や油汚れを付きにくくします。水汚れも防げるので、日々の掃除が短時間で終わるというメリットも見逃せません。

天然木だけでできたフローリングだと、中までひとつの素材ですから、表面を磨くことに耐えられます。キズが大きいなら、ブラシタイプのホイールサンダーの使用を選択肢の一つとするといいでしょう。
何年も、重い家具の置き場だったフローリングは繊維がちぎれた状態で沈み込んだようになりがちです。木は水分を含むと膨らむ特徴があるので、これを逆手に取ったリペアのマニュアルは有名です。
自然に任せて余すところなくフローリングを乾燥させてから、少量で何回か塗り重ね、時間をかけて乾燥させて塗る。それがフローリングにワックスを上手に塗るわざとしてお勧めです。
マンションの仕様の中でも特に傷がつきやすく老朽化の進む「床(フローリング)」だから、新築時の仕上がりは当然ながら、保守が必要不可欠なんですよ!
たんすやチェストを別の場所に移動したりしたせいで新しい床が傷つくことは意外と多いのです。傷を全然見えなくするのは難しいですが、正しくリペアすればほとんど見えなくすることは可能なはずです。

コメント