補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フローリングの補修あれこれ|フローリング業者による床補修は…。

2017年01月17日 19時00分01秒 | フローリング補修

床の板材張り替えを決定する前に、シミの周囲の補修で大丈夫なものは数多くあります。消えないシミを補修するには汚れやへこみのキズ補修に比して手早くできるというわけにいきませんが、金額は交換の半額以下だそうです。
一番数が多い木材でできているものの補修は何かというと床補修の他にありません。模様替えの際につけたひっかき傷や固い物を落としてできた凹み傷など、フローリング床のキズもケースバイケースあります。
手で模様を描ける筆ペンの形をした補修材も利用すれば、フローリング材が木目の雰囲気である場合は、わりと消すことができるとのことです。
小さなすり傷で狭い物なら、補修ペンという補修剤を用いるのが手っ取り早いでしょう。いろいろな色がセットで売られている商品もあり、何度も塗ると理想の色にすることができます。
様々な傷や水から大切なフローリングの状態をキープするには、ワックスがけが効果的です。できることなら、半年に1回ワックス塗布をするといいでしょう。

一部分だけ直すこともできますが、もとのフローリングはなかなか見つからず、同じフローリングだと思っても製造ロットや色褪せのせいで、色も質感も同じというのはむずかしいことと言えるのではないでしょうか。
 [PR]フローリングや床の補修ならリペアアキ金属補修もOK!
普段の生活の中でできる床の小さなキズはその家の年輪だとは思いますが、キズだらけになると見栄えの印象が悪いので、可能なら早めにリペアするのをお勧めします。
念願のフローリングも施工が下手だったりテキトーだと、お金をかけたフローリングが骨折り損になる確率が高いです。当然ですが、しっかりとフローリングができているほうがいいと思うでしょう。
賃貸マンションの床を自分の力で補修を行う人も見かけますが、避けたほうがいいと思います。どうしてもプロの補修というものは完成度が高くて、私たちがやる補修と全然くらべものになりません。
木製の床は歩いていて気持ちよく安全ですが、他方で傷つきやすくもあります。ソファーの足などに傷防止に有効な市販のフェルトシートをつけるのがいいと思います。

本棚などをずらしてできたひっかき傷をいつまでもほったらかしにすると、デリケートな床を覆っている塗装膜がだんだんと薄くなっていき、フローリング床そのものにとっていいことはひとつもありません。
毎日行き来することなどで少しずつフローリングの塗装は薄くなりますが、定期的にメンテナンスしてある床と手をかけていない床とでは、早くにものすごい見た目の違いとなって現れます。
フローリング業者による床補修は、ひどいキズ、ヘコミ、変形などを新築の床と同等まで補修できます。全とっかえするのではなくて、プロ仕様の補修材を適用して補修が実現します。
放置して完璧にフローリングの乾燥が済んだら、少しの量ずつ何度も塗り、急がずに乾燥させて塗る。この手法がフローリングをワックスで美しくキープするためのポイントですから、実践してみてください。
たんすなど大型の家具を置くときに細心の注意が必要になります。何年も、重量を支える床の一部の場所に、避けられない傷やへこみがつくことが多いのです。

コメント