補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一部分だけ新しい板材にすることは不可能ではありませんが…。

2017年01月13日 14時50分06秒 | フローリング補修

犬や猫などペットの尿のシミの他、見過ごすことができないのがウォーターサーバーが原因の補修。フローリングは木が素材なので、あっと思った時には時すでに遅しでシミ汚れできているケースがほとんどのようです。
テーブルや椅子などの移動による深いキズを放置すると、デリケートな床を守る役目をしている塗膜層というものがちょっとずつ減り、床全体に悪い影響を与えます。
マンションの中でものすごく傷みが激しく老朽化の進む「床(フローリング)」こそ、完成時の仕上がりのみならず、保守が必要だと言われています。
 [PR]フローリングや床の補修はお任せリペアアキ東京・神奈川・千葉
リペアはプロに依頼するのが正しい考え方だと考えられます。見かけを補修するのではなく、傷の原因から傷を補修してくれるので、新築当初の状態が戻ってきます。
最近のマンションに敷かれている床を汚れなどから守っているものはほんの薄い膜なので、日々の暮らしの中で行き来するだけでへこんだり、ちょっとした砂ぼこりのせいで肉眼では見えない傷になってしまうと言われています。

ちょっとしたキズであれば、1回作業で5〜10箇所のキズをリペア可能だと言われています。ということは、プロに依頼するなら少しだけでなく、いっぺんにお願いしましょう。
普段の生活の中でできるフローリング床のキズは家族の思い出なのは確かですが、キズも限度を超えると外見が悪いので、できるだけこまめに修理やリペアするのをお勧めします。
汚れ防止に木の温かみを残すシルクマットというウレタン塗料などを使えば、床表面の小さな傷が気にならなくなり、管理の間隔をもっと延長することができるそうです。
フローリングの傷は目に入ると気になって困りますが、ホームセンターのDIY用品売り場で手に入る修復剤などを活用すると、主婦でも気楽に傷の補修が可能になります。
何かを誤って落としてしまって、大事なフローリングに厄介なキズが作られた場合にも、自力で傷を判別しにくくする商品がフローリング用リペアキットと呼ばれるものです、

一部分だけ新しい板材にすることは不可能ではありませんが、同質のフローリング材を探し出すのは大変で、同じメーカーのフローリングでもロット番号の違いや色落ちにより、まったく同一というのはむずかしいことなんです。
わざとじゃないけど新品の床に重い物を落として、フローリング床が傷ついたなんて失敗があるでしょう。フローリングリペアという工法で、床に作った傷を修繕しましょう。
最近のマンションで敷かれる床はじゅうたんではなくフローリングになっていることがほとんど当たり前ですが、少しのリペアを施せば、お気に入りのフローリングを長きに渡ってもとの状態のまま維持できます。
全部交換以外に道がないほどの深刻なキズでなければ、お店に並んでいる補修剤を使って補修にチャレンジするほうが値段が安くきれいにできるという大きなメリットはうれしいですよね。
床周りに起こるさまざまなハプニングが生じたら、リペア用の補修剤を使用して補修にトライすることはものすごく重要だと断言できます。

コメント