植物大好き♪♪ 出会い・ときめき・癒し

自宅の植物や戸外で出会った植物をパチリ!
育てるのも好きです。 


多肉植物の寄せ植え体験

2018-02-13 | 我が家の植物

多肉植物の寄せ植え体験をしてきました。

フラワーフェスティバル会場内にて

先着順に無料で体験

出来上がりはお持ち帰り

用意されていたのは多肉8個(根はついていません)

と専用土入りの鉢

(追記:土は水を含ませてあります)

影が写って見苦しいですが…▼会場内で撮影(2018/02/10)

 

☆根が出るまで水は与えないでください

☆根が出るのは1~2か月くらいが目安

☆根が出たかどうかは、少し動かしてみてしっかりしてきた時 

           とのこと。


それが分かれば問題ないんですけどね~

あとは根づくのを待ちましょう!

▼2018/02/13撮影


      

  

 

 

ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴイサギ(五位鷺)・キジバ... | トップ | 応援雪だるま(のつもり) »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
puramuroiyaruさん ♪(´<_`*)┛こんばんゎ♪ (ピエロ)
2018-02-13 22:43:04
フラワーフェステバル会場で多肉の寄せ植えの無料体験して来たんですね。
ラッキーでしたね。
根の無い多肉 発根するまで水を与えたらダメなんですね。
まだやったことが無いのでお勉強になりました。
根が出てきたら嬉しいし待ち遠しいですね。
無料とは (boku55)
2018-02-13 22:45:56
puramuroiyaruさん、こんばんは。

小雪がちらつき寒いですー。
フラワーフェスティバル会場内にて
先着順に無料で体験があったんですか。
なんてラッキーだったの見ててワクワク。
多肉はほったらかしが一番いい場合ある。
買ったらけっこうの値段になる鉢もついてる。
根付くと新しい小さい葉っぱが出てくるし
葉っぱが出なくても伸びてくるから大丈夫。
今の内は寒さから守ってあげるのが大事。
室内におけば問題無いはず楽しみ増えたね。
こちらも同じく (puramuroiyaru)
2018-02-13 23:01:05
ピエロさん、こんばんは。
寒い一日でしたね!

体験するのも忍耐が必要、人数に制限があり
並びました~。

多肉植物は挿し芽する場合、切り口を乾かすため
に1週間くらい放置しておくといいとか言います
よね。(間違っていたらごめんなさい!)
あんなに水分を含んだ葉っぱですからね~。
室内でガラス越しにお日様に当てて、このまま様子見るだけです。
根付いてくれるのが楽しみです。
ありがとうございました。
フフフでしょ? (puramuroiyaru)
2018-02-13 23:17:22
bokuちゃん、こんばんは。
無料だけど会場までの電車賃はかかりました。
先着順、人数制限ありで、それなりの努力も。
体験は他にもいろいろあったのですが、小さくて
持ち歩くのに邪魔にならないこちらを選びました。
多肉植物の先輩、お世話になりますね。
ありがとうございました。

置くだけ? (なつみかん)
2018-02-13 23:26:11
puramuroiyaruさん、こんばんは。
多肉の寄せ植え無料体験とはなんと太っ腹なイベント!

それにしても、根がない多肉の寄せ植えということは、要するに置くだけということでしょうか?
水もやらずに放っておいたら根が出るなんて、私(=ズボラ)向きですね!
私もやってみたいです^o^
そうなんです (puramuroiyaru)
2018-02-14 00:00:35
なつみかんさん、こんばんは!
根のない多肉をほんの少し土に挿し込んだだけ。
笑っちゃいますか?
でも一応 ”寄せ植え体験” となっていたんです。
どちらかというと私向きです。
結果は1~2か月後、どうなることやら?
そちらでもこんなイベントあるといいですね!
多肉植物 (のんこ)
2018-02-14 19:11:21
今晩は~
多肉植物の寄せ植え ぷっくりとして可愛いですね。何とお水もやらずに、置いとくだけ? 私も我が家の多肉植物の鉢植を、試してみようと思いました。元気に根ずくと嬉しいですね。有難う様でした。
根付くまでです (puramuroiyaru)
2018-02-15 00:42:55
のんこさん、これは根がない多肉を挿し芽した状態
だから、根付くまでは水をあげてはいけないという
ことでしたよ。
根付いたらあげてくださいね。
既に育てていらっしゃるのでご存知ですよね。
私の場合、先の長いお話ですが、きちんと根付くのを待つことにしたいと思います。

コメントを投稿

我が家の植物」カテゴリの最新記事