京都北山細野の神主(最近は北山の仙人とも)

日々感じる事を想いのままに書き綴っています。神主として品位に欠ける表現が有るのはボケが始まったとお許しください

マトモナ野党なら武漢肺炎(新型コロナウイルス)の患者の国籍と感染期日の公表を追求しろ!

2020年05月16日 | 武漢肺炎(新型コロナウイルス)の蔓延

世界は武漢肺炎(新型コロナウイルス)の発生国中国の責任を追及し始めている。中国から始まったのは世界が認めている。

我が国の安倍首相も中国が発生源だと認めているのにマスゴミは毎日の新たな感染者数や死亡者数を都道府県別でも詳細に発表しているのに。

集団感染が発生すればクラブ名やイベント会場まで公表して追跡しているのに感染経路の追及に一番大切な患者の国籍については今まで聞かない。

政治家やマスゴミは何処の国に怯えているのか? 何かにつけ「国民の安心と安全を守る」と言っているのは嘘ばっかり。

遅きに失したとは言え今かでも武漢肺炎(新型コロナウイルス)の発生当初からの日時と患者の国籍を発表すべきではないのか?

それにしてもこの患者の国籍について国民は国会議員を始め地方議員の先生方も口にしているのは聞いたことが無い。

国会議員始め議員の先生方、特に国会中継のある時は頑張って政府を責め挙げる野党の議員たちはここぞと政府を追及してください。

ナサケナイのは国会議員ばかりではなく国民までが近隣敵国に忖度してスクンデしまっているのは嘆かわしい! 何時から中国の植民地になったのか?

マトモナ日本国民が知りたいことの最たるものが我が国への「武漢肺炎(新型コロナウイルス)の感染経路」であり、感染日時と患者の国籍である。

これが最初から知らされていたらその後の防疫に役立て患者の発生を少なくするのに役立てられたのではないか?

ヘタレの外務省はじめ中国、アメリカ、南北朝鮮に忖度してチジコマっている議員の先生方、民間マスゴミはもともと我が国のマスゴミとは思っていませんがNHKまでが流すべきニュースを流さなくなってしまっては我が国民の奴隷化はとどまりません。

野党はつまらんことで国会の審議を妨害するのでなくこの問題を政府に突き付けて公表させれば支持率は少しは上がるかも?(上がらないか?)

隣国に怯える国会議員やマスゴミを持つ国民こそ一番不幸な国民だと私は思うのですが? 骨の髄まで奴隷根性が染み込んでしまっているのですかね?

 

 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« シャクナゲの花が咲き始める... | トップ | 家庭菜園は最高のフィールド... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

武漢肺炎(新型コロナウイルス)の蔓延」カテゴリの最新記事