最新の映画情報や批評を掲載します。
細越麟太郎 MOVIE DIARY



12月25日(水)13-00 外苑前<GAGA試写室>

M-163『RUSH / ラッシュ/プライドと友情』2013 exclusive media, cross creek pictures / imagine entertainment

監督・ロン・ハワード 主演・クリス・ヘムズワース <123分> 提供・ギャガ+ポニー・キャニオン ★★★☆☆

どうしてプロデューサー業に転じた筈のロンが、またしても監督したのか。それも何とスピード・レースの古典的な男のライバル映画を。

という単純な疑問だけで見たのだが、前に見たポール・ニューマン主演の「レーサー」のように、F1レースを転戦する男たちの話だ。

たしかに、これが実話だという点では、70年代という時代を背景にした実録再現映画としてはパワーはある。

しかも最新のヴィジュアル・エフェクトと、手持ち小型カメラの再現映像には迫力があって、あの「栄光のル・マン」や「グランプリ」を凌ぐ。

さすがにオスカー受賞監督ロン・ハワードは、ライバルのニキ・ラウダの事故シーンから、後半一気に手術、リハビリを経て復活する男の勝負魂は熱く見せる。

前半のもたついたストーリー・テリングも、ラストの雨の富士スピードウェイになだれ込む迫力は、ベテラン監督の腕前を再現してみせた。

非常に小刻みなスピード・カットと、いつものハンス・ジマーのサスペンスフルなロック・ビートの大音響は、映画というよりはイベント・フィルムのようだ。

その問答無用な怒濤の映像と音響のド迫力で後半は押し切った。

ポイントはスピード・レースというよりは、この不屈のライバル同士の闘争心の友情だろう。そこは西部劇のようなラストの爽快感がある。

瀕死の重傷から復帰したニキが、ラストで雨中の走行を辞退したというシーンが印象的だった。ダニエル・ブリュールの演技も光った。

これで、ロンがまた監督に復帰するかどうか、それはまた別の問題だろうが・・・。

 

■強烈なサードライナーが、野手のグラブを弾いて足のツーベース。

●2月7日より、全国ロードショー 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月25日(水)10-30 六本木<アスミック・エース3F試写室>

M-161『あなたを抱きしめる日まで』Philomena (2013) pathe productions / british film institute 英国

監督・スティーブン・フリヤーズ 主演・ジュディ・デンチ <98分> 提供・ファントム・フィルム ★★★☆☆☆

年末の意外な拾いもの名作だ。

どうしてこんないい作品なのに、こんな低俗な邦題をつけるのか。判らない。原題の「フィロメナ」とは、主人公の名前だが、まだこのままがいい。

つまり作品はそのフィロメナが少女時代の不運な不始末で男の子を出産。修道院での過酷な労働の果てに、幼児は強制的に養子として売られてしまった。

その女性ジュディ・デンチも高齢で股関節の手術を終えてリハビリで歩けるようになり、失った我が子の消息を50年ぶりに探してみることにした。

失職したジャーナリストのスティーブ・クーガンが、そのテーマに興味を持ち、ネットで調査をして、アメリカのワシントンに消息を見つけた。

映画は、この親子のように年齢差のある二人が、手がかりを求めて異国に旅をするという、一種の捜索型の友情のロードムービーともいえる。

しかし、さすがに「クイーン」や「グリフターズ」などの鬼才フリヤーズ監督は、実に入念なヒューマン・ミステリーとしてドラマを飽きさせない。

それには実話に基づくプロットを、繊細なシナリオと完璧なロケーションで魅了するフリヤーズ監督の秀逸な演出力が圧倒的に素晴らしいのだ。

もちろん、アカデミー受賞の名優ジュディの名演もあるが、意外だったのは、サポート役のクーガンの好演であった。

結局、失われた養子の我が子はアメリカで成功したものの、エイズで既に亡くなっていて、しかも墓は故郷に戻してあったという驚き。

そのような「心の旅路」を、実に流れるようなタッチで描いたフリヤーズ監督の、これは久しぶりの友情に溢れた秀作であった。

 

■意外に伸びたセンターフライがフェンス直撃。野手がもたつく間にスリーべース・ヒット。

●2014年、3月15日より、新宿ピカデリーほかでロードショー 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月20日(金)13-00 渋谷<映画美学校B1試写室>

M-160『早熟のアイオワ』The Porker House (2008) phase 4 films US.

監督・ロリ・ペティ 主演・ジェニファー・ローレンス <93分> 配給・アット・エンターテイメント ★★★☆

1976年のアイオワ州の田舎町。開拓時代に置き去りにされたような辺鄙な、まさに雑草のような町は、名作「脱出」の僻地のようだ。

タイトルの「ポーカー・ハウス」というのは、その村の無頼漢たちが夜になると遊びに集まるような、未開拓時代のロードハウスのような小屋だ。

酒と喧嘩と博打と売春の、まるで「許されざる者」で見たような町の溜まり場だが、広いアメリカの吹きだまりのように、町は不潔に汚濁したままなのだ。

その溜まり場を経営している男まさりの母は、14歳になる娘にも、平気で売春を強要させている。その少女を演じるのがジェニファーだ。

あの相手かまわずに食って掛かる強気の演技は「走り来る人々」のシャーリー・マクレーンのようで、演技的資質の輝きをちらつかせて圧倒的。

昨年のアカデミー主演女優賞を受賞した彼女の、これは17歳だった時の、貴重なデヴュー作。いきなりロサンゼルス映画祭で最優秀女優賞を受賞している。

不潔で傲慢な無頼漢たちのセックスの対象だった少女の青春を、女性監督のロリは、自身の体験も含めてリアルに、しかし美しい映像で描いて魅せる。

まるで地獄のような現実のドラマを、カメラはまるでアート映像のような清潔でシンプルな美しさで描き通す。これは予想外の収穫だった。

ジェニファーは、たしかに天才的なリアクションを見せて、すでにオスカー女優の鋭い感性の片鱗を覗かせているのは、さすがの存在感。

しかも、その彼女の妹を演じているのが、少女時代のあどけない「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ。10歳の時から彼女はブレイクしていた。

たしかに、見るからに「トラッシュ・ムービー」の風情なのだが、ふたりのトップ女優の5年前の発芽時代を確認するには、貴重なフィルムだろう。

 

■レフト狙いの打法からスイッチして、いきなりライト線に流した巧打。

●2月22日より、新宿シネマカリテ他でロードショー 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月20日(金)10-00 目黒<ウォルト・ディズニー映画試写室>

M-159『ウォルト・ディズニーの約束』Saving Mr.Banks (2013) Walt Disney Enterprises / Rubby Films

監督・ジョン・リー・ハンコック 主演・トム・ハンクス <126分> 配給・W・ディズニースタジオ・ジャパン ★★★☆

トム・ハンクスは一応、あのディズニー本人に変装して相変わらずに好演しているが、事実上の主演は、どちらかというと、エマ・トンプスン。

実はディズニー・スタジオは、アニメだけでなく、健全な劇映画の制作も積極的で、「宝島」や「デビー・クロケット」などを映画化していた。

そして、1961年に、人気の「メリー・ポピンズ」の映画化企画が進行していたが、ロンドン在住の原作者のP・L・トラヴァースはOKしなかった。

もともと低俗なカートゥーンの好きでない彼女は、絶対にアニメでの映画化は拒否していて、交渉は挫折していたのだ。

そこでウォルト・ディズニー御大は、エマ・トンプスンが演じている、原作者のトラヴァース女史をハリウッドのスタジオに呼んで、映画化の説得をしようとしたのだ。

実写映画で、という企画で契約は進み、撮影もブロードウェイ・ミュージカルからジュリー・アンドリュースを起用して、撮影は進行していった。

しかし、どうしても劇中にペンギンのアニメを、実写と合成でインサートしようとして、原作の女史は怒ってロンドンに帰ってしまったのだ。

映画は、そこでディズニー社長は、どのような行動を取ったのか。そこがこの作品の焦点であって、非常に興味をそそる部分である。

当時のアナログ時代の、ハリウッドの混乱ぶりをリアルに再現したスタジオのセットや、ビバリーヒルズ・ホテルの描写など、ファンとしては面白い。

あの本編を見て、とくにお好きなひとには、かなり興味の多いテーマだし、ディズニー社のカラーも、よく出ている。

ただし、ドラマとしては、オーストラリアで育ったというトラヴァース女史の、過去のシーンがくどいし、エマ・トンプスンの演技もワンパターン。

ハンコック監督も、ディズニー映画のドラマ部門では、手堅い演出で定評はあるが、クライマックスの試写会の辺りで甘さが目立ってくる。

ま、「メリー・ポピンズ」の誕生秘話として、ムービー・トリビア・マニアには興味はあるものの、少々時代考証のせいか、もたついた印象だった。

 

■ライト前のヒットだが、ファーストで不注意なタッチアウト

●2014年3月21日より、全国春休みロードショー 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月18日(水)13-00 六本木<FOX映画試写室>

M-158『 L I F E ! 』The Private Life of Walter Mitty (2012) twenties century fox / samuel goldwyn films / new line cinema

監督・主演・ベン・スティーラー 共演・ショーン・ペン。シャーリー・マクレーン <115分> 提供・20世紀フォックス映画  ★★★☆☆

まさかまさかの、あのウォルター・ミティ氏との夢のような再会である。

われわれ後期高齢者でハリウッド映画ファンには、特別の意味を持つのが、1947年に制作されたダニー・ケイ主演のコメディ『虹を掴む男』だ。

恐れ多くも・・・・この作品は、その66年ぶりのリメイクというので駆けつけた。ま、これは、つまり、あの映画の「66回忌の法事」のようなものだ。

まさか、今頃になって、あの珍作にして不朽の名作が再映画化されるとは、・・・。あのスピルバーグがリメイク企画していたことは聞いていたが・・・。

実際にやっちゃった、のは、何とベン・スティーラー。しかも監督と主演をやってくれたのだ。まさに怖いもの見たさ・・・とは、これである。

もちろん、あのジェームズ・サーバーの原作を、当時のままに再現するのではなく、ここでは現代のニューヨークでの、別の設定となる。

何と、あの最近、廃刊となった情報誌「LIFE」のラスト・イシューの編集部が舞台となり、ベンは写真などの資料保管係で、とうとうリストラとなる。

自然写真家のショーンから届いたフィルムには、1枚のネガが抜かれていて、その問題の1枚を表紙にすべく、ベンはショーンのいるヒマラヤにスタバのコーヒーを持って飛ぶ。

パソコンのネットで送ればいいのに、アフガンの僻地から、何と郵送。というのが、妙に40年代感覚。

しかも、あのダニー・ケイは極度の夢想家で、現実にときどき彼の想像が映像としてカットインされて、そのアイデアが当時ひどく秀逸で評判になった。

今回のベンも同様に、ときどき、想像と現実が入り交じるというパラノイア。しかし本筋は前のスパイ騒動ではなくて、ネガ探しのとんでもない冒険談となる。

ま、そこは時代の差。いいではないか。おまけに彼はひどいマザーコンプレックスでもあって、今回のママは、おおお・・・シャーリー・マクレーン。

一応、ベンとしては「ナイト・ミュージアム」や「ペントハウス」のノリであって、先輩のダニー・ケイとはまた別のキャラとなって苦戦している。

前作をご存知ない、いまのファンには、ただのコンプレックス・コメディとして楽しめるだろうが、われわれの世代にとっては、法事映画なのだ。

だから多少の小言はあっても、それは胸に秘めて、サミュエル・ゴールドウィンの強力に感謝した。どうも、ありがとう。で、☆をプラス。

 

■ファールで粘って、意外のショート後方のバスターヒットで俊足の2進。

●2014年、3月、全国ロードショー 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月18日(水)10-00 六本木<シネマートB3試写室>

M-157『新しき世界』New World (2013) next entertainment world inc. / sanai pictures / 韓国

監督・パク・フンジョン 主演・イ・ジョンジェ <134分> 配給・彩プロ ★★★☆☆

いかにも韓国アンダー・ワールドを抉った大作で、久しぶりに見応えは充分だった。

お話は「インファーナル・アフェア」や、そのハリウッド・リメイクの「ディパーテッド」と大して変わりないが、面白い。

巨大な暗黒組織。それに潜入している偽装捜査官。その男を遠隔操作する警察本部。この三角関係が、よりタフに巧妙に描かれる。

しかも潜入捜査官と暴力団の組長が、かつての不良仲間だった、というのは名作「汚れた顔の天使」の構造に似せているようだ。

一見、深い友情関係のようでいて、当局との連携もあって、この危うい薄氷の友情関係がドラマのサスペンスを巧妙に支えていて飽きさせない。

それは、この三角構造を支えている主演の3人の悪どいキャラクターが、実に濃厚に描かれているのが、この長尺を飽きさせない強さになっている。

かつての「仁義なき戦い」のように、汚染された警察組織と、進攻中国パワーに操られる組織体制。捜査官の危険な私生活。

徹底的に警察側のファイルを、裏で解明する中国ハッカー。そして残虐な脱北のテロリストたち。

よく見ていた構図だが、ここではそれを一歩踏み込んで、あれれ・・・のラストにしているのが「新しい世界」というタイトルの所以だろう。

特に悪徳警察捜査課長のカン・ヒョンチョルと、旧友で組織のボスを演じるファン・ジョンミンの、この一歩も譲らない悪党ズラが圧倒的な魅力。

派手なドンパチは控えめで、このハラの読めない3人の男たちの心の動きを描いたパク監督のタフな力量は、さすがだ。

またしてもハリウッド・リメイクが決まったという辺り、さすがに現在のコリアン・ノワールの商品価値は、かなりに強靭さを証明している。

 

■豪快な左中間へのライナーがフェンスを直撃しての、文句なしのツーベース。

●2014年2月1日より、丸の内TOEIほかでロードショー 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月17日(火)13-00 外苑前<GAGA試写室>

M-156『エヴァの告白』The Immigrant (2013) wild bunch s.a. / world view entertainment holdings

監督・ジェームズ・グレイ 主演・マリオン・コティアール <118分> 配給・ギャガ ★★★

1921年。祖国ポーランドの戦乱で両親を失ったマリオンと妹は、アメリカに渡航してきたが病弱の妹は入国拒否。

ブルックリンの貧民街で裏商売で売春も仕切っている曲者のホアキン・フェニックスの誘いで、無銭のマリオンは安アパートに連れ込まれる。

冒頭のニューヨーク、エリス島の入国監査のシーンは、エリア・カザン監督の「アメリカ、アメリカ」や「ゴッドファーザー」でおなじみのシーン。

どんよりとしたマンハッタンのシルエットや、自由の女神の遠い姿は、薄暗くてダークな、この映画のイメージを背負って息苦しい。

どうにか安キャバレーで日銭を貰うようになった気丈なマリオンも、予想外に厳しいアメリカ上陸の壁に、絶望的な毎日がのしかかってくるのだ。

ああエミール・ゾラの「女の一生」の再現のようなダークな映像は、ここぞとリアルな映像で迫り、マリオンの表情も体調も落ち込んで行く。

いかさま手品師のジェレミー・レナーの登場で、かすかにマリオンの表情にも明るさは見えたのもつかの間で、現実は厳しい悲劇の壁を描いて行く。

要するに、この20年代はヨーロッパもアメリカも混乱と漂流の時代で、こうして自由の国を目指して大西洋を渡っても、現実は泥沼だったのだ。と映画は諭す。

アカデミー受賞のマリオンのための薄幸な女性ドラマは、いかにも古風で、何か新しい女性としての活路を見せるかと期待したが、映画は暗澹としたまま。

やっと悪人ホアキンの捨て身の行動で、病弱な妹は施設から不法に解放されるが、ドラマの重さは、それだけでは、とても「感動」にはほど遠い。

ラストで、マリオンの演じるエヴァが、教会の懺悔室で、自分の犯した罪を神父に告白するが、この程度の軽罪は衝撃もなく、この時代には誰でも犯していた筈。

たしかに役達者な三人の名優を揃えたという本格人間ドラマの様相は見せているが、感情的な発露がないままに映画が終わるのには、はかなさ、だけが残った。

ああ、ジャンヌ・モローの「エヴァの匂い」の方が、奔放で面白かったなーーー、なんて愚痴も言いたくなった。

 

■シャープな打法で、いい当たりのライトフライだが、あまりにも野手の正面。

●2月14日より、日比谷TOHOシャンテなどでロードショー

 

 

 

 

 

 

 

  



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月12日(木)13-00 京橋<テアトル試写室>

M-155『旅人は夢を奏でる』Road North <tie pohjoiseen> (2013) mirianna films production フィンランド

監督・ミカ・カウリスマキ 主演・ヴェサ・マッティ・ロイキ <113分>配給・アルシネテラン ★★★☆☆

あの名作「過去のない男」などの名匠アキ・カウリスマキの兄の作品だが、映画歴は兄のミカの方が若くて、この作品も初々しい。

ウォシャウスキー兄弟や、コーエン兄弟のように共同作業ではなくて、個別に映画を作っている兄弟としては、両者ともになかなかの達人と見た。

どうもセンチメンタルな邦題には足が引けるが、原題は「ロード・ノース」といって、「北西への道」のようにタフなテーマだ。

よく「ゴーイング・サウス」というと「真夜中のカウボーイ」のように逃避型だが、「ロード・ノース」というのは「ファイブ・イージー・ピーセス」のように硬派だ。

ヘルシンキでピアニストとして成功していたサムリ・エデルマンは、いきなり35年ぶりに父と名乗る老人に、強引に車に素せられて彼の実の母親に会わせるという。若いときのロバート・レッドフォードに似た笑顔のサムリは意外の好漢。

3歳の時から両親を知らない彼には、コンサートのスケジュールもあったが、とにかくこの肥満で強引な老人の気迫に圧倒されて、ドライブの旅に同行することになった。

実はこのヘンテコな老人は、実の父というが、長く牢獄にいたのか、逃亡者なのか、車は盗難車だし、コンビニでも、すぐに食い物などを持ち去ってしまうという悪い奴。

それでも道中を旅するうちに、どうも不思議な情愛が湧いてくるのだ。無茶苦茶な話だが、展開が早くて歯切れもいいので、ついついホラ話に乗せられてしまう。

弟のアキは、小津映画のファンで、実にしっとりとした人生の味わいを見せたが、こちらの兄の作品はデ・ニーロの「ミッドナイト・ラン」のように豪放でテンポも早い。

フィンランドの北の奥地へのロケーションは、まるで北国への未知の旅のようで興味があって、風景を見ているだけで美しくて魅力はある。 

そして拉致もどきの肉親への心の旅路は、実は逃亡の旅でもあって、意外な決着の展開も、人生の複雑な運命の皮肉も臭わせて、意外に苦い味わいは、さすが映画兄弟の才能だ。

このテーマで、もし弟のアキが作ったら、もっとしっとりとしたヒューマンな作品になったろうが、見てみたい気もする。

 

■左中間への深い当たりで、レフトがグラブに当てて落球のツーベース。

●2014年、1月に渋谷イメージフォーラムなどでロードショー 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月9日(月)13-00 外苑前<GAGA試写室>

M-154『大脱出』Escape Plan (2013) summit entertainment / emmet / furla films

監督・ミカエル・ハフストローム 主演・シルベスター・スタローン <116分> 提供・ギャガ、ポニー・キャニオン ★★★☆

前カリフォルニア州知事アーノルド・シュワルツェネッガーの本格復帰作品だが、ビリング・ランク、つまりギャラはシルベスターの方が、一応は上になっている。

タイトルも「エスケープ・プラン」と判りやすいが、「大脱走」でも「大脱獄」でもないところが、内容の微妙さを表していて妙だ。

初めて聞いたが、プロの脱獄屋というのがいて、シルベスターは、そのベテランで著書も売れていて、各国の主要監獄ではその本を脱獄防止策の教書にしているという。

逃げるにはいいが、その手口を本に書く、というのも妙だが、それを手本にしているという刑務所もおかしい。ま、実に不思議な事例の映画ではある。

で、その脱獄エキスパートの今回の仕事というのが、体内に打ち込まれた発信器も奪われて、完全に失神状態で新しい超難解で透明な独房にいきなり監禁されるのだ。

なるほど、これはあの魔術師フーディニのように、未知の密室からどうやって脱出するか、という謎解きゲーム・サスペンスなのである。

もちろん、シルベスターは罪人ではないが、同じ牢獄で知り合ったのがサイバー・テロリスト犯で牢獄の顔役のアーノルド。

長い政治家時代は、このように牢獄生活だったのか、予想以上にのびのびと楽しんでいるから、「シュワちゃんも役者だなあーーーー」という印象。

このビッグ・ツーがタッグを組んで、この絶対に難航不落の牢獄を脱出するというストーリーだから、この先の展開は書く訳にはいかない。

前半で英知をつくした監獄の仕組みが紹介され、久しぶりのジム・カヴィーゼルが憎らしい監獄所長で出て来てからは一手一手の知恵競べになるが、おかしな事も多い。

だいいち、この巨大牢獄は、実は大きなコンテナ輸送船の船底にあるのだが、船の揺れを全然感じないというのは、どうもおかしい。

脱出プロとサイバー・テロリストだから、どんなコンピュータ暗号も解読できるのだろうが、それにしては銀行強盗でもやっていた方が楽なんじゃないか、と余計な心配をしてしまう。

ま、そんな屁理屈は考えないで、このビッグなバディ・ムービーを、単純に楽しめばいいのだ。という意味では、ラストまでお先真っ暗な脱出アクションではあった。

 

■痛烈なゴロがセカンドベースに当たって、ショートの後方に転々のパワーヒット。

●2014年1月10日より、日劇他でお正月ロードショー 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月5日(土)12-30 六本木ジャズクラブ4F<サテンドール>

フランク・シナトラ・ソサエティ恒例年末ビッグ・ビッグ・パーティ『レスリー・ルイス<ジャズ・ライブ>』

★共演・(ピアノ)ジェラルド・ヘイゲン・トリオ 提供・SSJ  ★★★☆

毎年恒例のフランク・シナトラ・ソサエティ主催のジャズ・ヴォーカル・クリスマス・パーティは女性ジャズ・ヴォーカリストの初来日。

カーメン・マクレーとサラ・ヴォーンのような、軽い、しかし粘りのある歌い方は意外に好感が持てた。

ピアノのジェラルドは白髪の紳士で、レスリーのご主人。繊細で流麗な都会的なタッチは、かなり上質なお手並みだった。

昨年はゲイリー・ウィリアムズとビッグ・バンドの演奏で、会場は満席で立ち見も出る盛況だったが、今年はちょうどいい雰囲気。

曲目は、会場のメンバーに気配りしたのか、やはり全曲シナトラの持ち歌だったので、満場拍手喝采。

1・「カム・フライ・ウィズ・ミー」

2・「ウォッチ・ホワット・ハプンズ」

3・「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」

4・「オール・ザ・ウェイ」

5・「レディ・イズ・ア・トランプ」

6・「アイブ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン」

7・「サマー・ウィンド」

8・「ザッツ・オール」

★アンコールとして・・・「マイ・ウェイ」、「ニューヨーク、ニューヨーク」。

嬉しくなって、彼らのCDもサイン入りで購入したが、シナトラのナンバーの他にも、ホレス・シルバーの「ソング・フォー・マイ・ファーザー」も歌っていて多彩だ。

今回はとくにこの徹底したシナトラ・レパートリーに、場内のファンは大いに湧いた今年のパーティだった。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ