最新の映画情報や批評を掲載します。
細越麟太郎 MOVIE DIARY



●2月6日(水)13-00 渋谷<ショウゲート試写室>
M-018 『ハンティング・パーティ』The Hunting Party (2007)intermedia 米
監督/リチャード・シェパード 主演/リチャード・ギア ★★★☆
冬期オリンピックも開催された、サラエボ。
紛争は5年前に終結しているが、反政府指導者は山岳地帯に潜伏していた。
今や仕事にあぶれたジャーナリストのギアは、旧友のカメラマンと共に、その取材に記者生命を賭ける。
アイデアはいいのだが、どうもチャック・ノリスのゲリラ戦闘映画の映像がインサートされるので、『ランボー』のようなアクションが目立ってしまう。
結局、CIAのエージェントと間違えられて、かなりヤバい状態になるのだが、実はCIAの囮だったりして、話は空回り。
ジャーナリストというのは、完全に中立で透明人間の平和主義者の筈なのに、この作品のギアは、賞金目当ての西部のバウンティ・キラーのよう。
それにしては取材の現場復帰を切望していて、人間性が曖昧だ。
だから映画もスパイ・アクションものと間違えられてしまう。
マイケル・マンやスティーブン・ザイリアンが監督したら、もっと厚みが出ただろうが。

●GW,日比谷シャンテなどでロードショウ


コメント ( 1 ) | Trackback ( 2 )



« ●『ジェイン・... ●『ネクスト』... »
 
コメント
 
 
 
ブログ小説『ハンティング・パーティ』 (せたP)
2008-03-23 05:48:51
はじめまして。この映画の宣伝を担当しているせたPと申します。映画レビューありがとうございます。ブログ小説版『ハンティング・パーティ』を公開しておりますので、よろしければ、ご一読いただければ幸いです。
http://huntingparty.at.webry.info/
映画では足りなかった部分を補足できればと思っています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
【小説】 第1話 サイモンとダック (ブログ小説『ハンティング・パーティ』)
… この物語は 「まさか」と思う部分が真実である。…
 
 
 
ハンティング・パーティ (アートの片隅で)
「ハンティング・パーティ」の試写会に行って来ました。 シネトレ公認ブロガーをさせて頂いているので、有り難い事に「王妃の紋章」に続いて御招待して頂きました。 更に、文庫本まで頂いて、どうもありがとうございました。 映画鑑賞後に読ませて頂きました。 この小...