目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

朝日新聞「改ざん、うそ、女性蔑視、開き直り―。自らは恥ずべき行いを重ねる一方で、子どもには「道徳」を説く、最近の政治家や官僚… 」~ネットの反応「そっくりそのまま言葉を返すw お前らの事だろww」

2018年05月17日 | 日記
http://anonymous-post.com/archives/23689



改ざん、うそ、女性蔑視、開き直り――。自らは恥ずべき行いを重ねる一方で、子どもには「道徳」を説き、ひとつの鋳型にはめようとする。

そんな最近の政治家や官僚の対極を生きた2人が、この春、相次いで鬼籍に入った。

おととい「お別れの会」が開かれたアニメ監督の高畑勲さん(享年82)、そして絵本作家のかこさとしさん(同92)だ。

心にしみいる作品を、半世紀にわたって子どもたちに届け続け、多くの大人も魅了した。

原点になったのは、両者ともに戦争体験である。

終戦時に9歳だった高畑さんは、空襲で家族とはぐれ、町をさまよった経験をもつ。その強烈な記憶が「火垂(ほた)るの墓」(1988年)などに反映された。

ただし、情緒に訴えるだけの「反戦映画」にするつもりはなかったという。

心したのは、事実を「淡々と客観的に」描くこと。見る人には、年齢を問わず、なぜ当時の日本社会がああなってしまったのか、自分の頭で考えてほしいと願った。高畑さんはそれを、これからの時代を切りひらくための「自由な知性」と呼んだ。

異論を排し、大勢に流れてしまいがちなこの国の危うさが、常に念頭にあった。

以下略
https://www.asahi.com/articles/DA3S13497127.html


管理人
ネットの反応

名無し
何これ、自己紹介?

名無し
改ざん、うそ、女性蔑視、開き直り――。自らは恥ずべき行いを重ねる一方で、子どもには「道徳」を説き、ひとつの鋳型にはめようとする。
つっ、釣られないぞ!
( ・`д・´)
もはや「早く突っ込んでくれ」と言われてるようにしか聞こえません…
(´・ω・`)

名無し
完全に朝日新聞さんの事ですねw

名無し
隠蔽がないのはお仲間のテレビ朝日が過労死隠蔽してたから?

名無し
そっくりそのまま言葉を返すw お前らの事だろww

名無し
自分がやってるからって他人もやってると思い込んでる典型だね

名無し
>改ざん、うそ、女性蔑視、開き直り――
自省しているのかと思ったわ

名無し
お前が言うな

名無し
全部自分のことじゃねえか

名無し
ひょっとして自虐ギャグが面白いと思っているの?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【名古屋城】エレベーターを... | トップ | アメリカ・ホワイトハウスの... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事