◆◆◆ 目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

PCHR:「イスラエルの和解に対するポンペオのコメントは国際法を軽視し、平和の見通しを中止する」

2019年11月21日 | 日記
https://imemc.org/article/pompeo-comments-on-israeli-settlements-are-in-contempt-of-international-law-and-abort-peace-prospects/
自動翻訳

2019年11月20日午前2時22分 PCHR インターナショナル、国際ニュース、イスラエルの定住、エルサレム、ニュースレポート、パレスチナ 0

パレスチナ人権センター(PCHR)は、イスラエルの入植地に関する米国国務長官マイク・ポンペオの発言を最も厳格な条件で非難し、国際法とは対照的であると主張しています。PCHRは、和解は国際法および国連決議に基づく戦争犯罪であると繰り返し、米国の声明はその事実を変えることはできず、変えないことを強調しています。

PCHRディレクターのRaji Souraniは、Pompeoの発言について次のようにコメントしました。

「米国は、正義に関する世界の道徳的権威ではなく、国際法を免責し、反抗して行動する国家であり、ジャングルの法律によって行動するので、正当性に取り組む最後の国家であるべきです。米国の政治的立場は明らかに、パレスチナ領土を占領しているイスラエルを支援し、パレスチナ人に対するパレスチナ人の行動と違反を支持しています。」

米国務長官は月曜日、「ヨルダン川西岸でのイスラエルの民間人入植地の設立自体は国際法と矛盾しない」と述べ、「国際法と矛盾する民間人入植地の設立を呼びかけたがうまくいかなかった」と付け加えた。平和の原因は進んでいません。」

米国政府によるこの立場は、国連の安保理とともに可決された国連安全保障理事会決議(UNSC)第2334号(2016年)と対立しており、その最初の記事で東エルサレムを含む1967年以来、法的有効性はなく、国際法の下での重大な違反であり、2州の解決と公正で永続的な平和の達成に対する主要な障害となっています。」この決議は、一連の同様のUNSC決議の446(1979)、452(1979)、465(1980)、476(1980)、478(1980)、1397(2002)、1515(2003)および1850(2008)

国際司法裁判所(ICJ)は、2004年の占領下のパレスチナ領土における壁の建設の法的帰結に関する勧告的意見において、その決定に基づいてoPtを通る併合壁のルートの違法性について判決を下していました。上記のUNSC決議で主張されたイスラエルの入植地の違法性。

PCHRは、第8条bに従って、和解は戦争犯罪であると主張している。国際刑事裁判所ローマ法規(ICC)のviii、「占領国による自国民の一部の占領権による直接または間接的な占領、またはそのすべてまたは一部の追放または移譲この領土内外の占領地の人口。」

和解の問題は、ICC検察官が2015年1月に開始した調査でICC検察官が検討中のファイルの1つです。 2018年9月9日に、裁判所がイスラエル人またはアメリカ人に対する調査を開始することを決定した場合、ICC、その裁判官および検察官を制裁すると脅した。

戦争犯罪に加担しているポンペオ長官の声明は、エルサレムをイスラエルの首都として認め、米国を移動させる決定から始まったドナルド・トランプ大統領の政権下での一連の米国の決定の頂点にあります。 2017年12月6日にイスラエルのエルサレムにある大使館は、パレスチナ人に土地に対する自決権を放棄するよう圧力をかけるための政治的および経済的慣行に加えて、事実を地上に課すことを目的とした多くの決定を行いました。

PCHRは、パレスチナ人の土地を自己決定する権利と、入植地は間違いなく戦争犯罪であり、政治声明が入植地に適応するために国際法を変えることはできないことを強調しています。PCHRは、平和と法の支配を促進する世界の国々に、記録を真っ直ぐに立て、ためらうことなく米国政府の声明を拒否し、非難するよう求めています。

さらに、PCHRは、ICCのローマ身長に基づく戦争犯罪としてのイスラエル入植地の調査を開始するよう、ICC検察官のファトゥ・ベンソウダにその要求を繰り返します。

さらに、PCHRは、国際機関および地域機関が法の支配と入植地の違法性、特に国連、欧州連合、アラブ連盟、アフリカ連合、および非同盟運動に対する立場を更新する必要性を強調しています。

国際法に対する継続的な米国政府の挑戦とUNSCでイスラエルに与えられる保護に対して、PCHRは「平和のための団結」決議に基づく国連総会の力を求め、国際平和を保護し米国の無謀な行動に対処するために直ちに介入することを求めます国際法と国連決議に向けた政権とイスラエル。

公開文書
この記事についてブログを書く
« 国際社会の多くは、1967年の... | トップ | hklemontea @hklemontea 【続... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事