目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

◆ シナとNHKが必死で隠した天安門事件の虐殺死者数が英機密文書解禁で発覚

2018年01月24日 | 日記
https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/35006201.html


NHK「クローズアップ現代」



------------------------
英外交機密文書、天安門事件で死者1万人以上と記載
28年前中国の軍隊が北京の天安門広場で大規模民主化デモに参加した大学生や市民らを武力弾圧した「六四天安門事件」。中国政府は当初「死亡者は一人も出ていない」と発表し、その後「死者200人余り」と修正した。

イギリス政府の文書保管機関、英国立公文書館(TNA)が11月、同事件に関する数千ページの外交機密文書を解禁した。イギリスの消息筋が中国国務院当局者から入手した情報によると、国務院の統計では死者は少なくとも1万人に達する。

当時、最高指導部は瀋陽軍区部隊、山西省の第27集団軍を北京に派遣した。作戦は4段階に分かれて、第1~3段階は瀋陽軍区が市民と学生を分離させる。第四段階は第27軍が学生参加者全員を射殺する、というものだった。しかし、瀋陽軍区の軍人が市民と学生を分離させている最中、装甲車内の第27軍兵士はすでに銃射撃を開始、学生のほか、市民と瀋陽軍区の軍人も多数銃殺された。

同消息筋の身元を特定できる部分はすべて黒塗りされている。ドナルド駐中英国大使(当時)は外交電報で、過去に同中国当局者からの情報はいずれも正確で、今回の情報も高い信ぴょう性をもつとの見方を示した。

事件の直後、中国国防部は諸国の在中大使館の武官を招いて、軍の現場での行動を説明する場を設けた。欧米諸国のなか、米国とフランスは招待されず、英国の武官は予定ありの理由で欠席、豪州とカナダ両国のみが参加、日本は辞退した。

一方、2014年、同事件に関する米公文書も解禁された。当時、香港誌・壱週刊は中国軍部の協力者はリリ駐中米国大使(当時)に、中国政府の内部統計では天安門事件の死者が1万454人、負傷者が2万8796人と伝えた、と報じた。

中国インターネットでは事件に関する情報はすべて規制されており、当時の学生は暴徒と定義され、国民のほとんどは真実を知らない。
(2017.12.21 ニコニコニュース) http://news.nicovideo.jp/watch/nw3165224

------------------------

天安門事件から4年後、NHK「クローズアップ現代」は天安門で「虐殺はなかった」と報じて視聴者を欺いた。

受信料を貰って嘘を流すNHK。

天安門当時、私は台北の知人の自宅にいて、ちょうど何とか北京から戻った知人のお兄さんが北京の状況を教えてくれた。

「酷い。・・・」と涙ながらに語っていたのを今も覚えている。

天安門事件はシナ共産党が抹消したい事件だ。あの不要だった「日中歴史共同研究」でもシナ側から「天安門はやるな」と命令してきた。都合が悪いことは歴史に書かせないということだ。

しかし、英国が外交機密文書を解禁し、米公文書も解禁されていて、1万人以上の死者が明らかになっている。

ネットではすでに虐殺された様子の画像が多くある。

にもかかわらずNHKは「虐殺はなかった」のまま訂正もしていない。さすがにシナ国営放送CCTVと同居するシナ共産党傘下の日本反日協会(NHK)だ。

シナでは「国民のほとんどは真実を知らない」とあるが、日本もネットを知らない「国民のほとんどは真実を知らない」であろう。


事件直後、シナによる現場の状況説明を「日本は辞退」した。

天安門事件の残虐さに各国はシナを非難し、制裁を科した。

しかし事件翌年のヒューストンサミットで海部俊樹首相はシナへの経済制裁解除を言い出し、すかさず橋本龍太郎大蔵大臣は先進国で最初に経済解除した。

さらに海部首相はシナに訪問し「先進国のトップを切って訪中した」と自慢した。

宮沢首相になると何と、天皇陛下をシナに訪問(行幸啓)させた。あり得ない陛下を利用した朝貢である。

そしてNHKは「虐殺はなかった」と報じる一方で、シナは海外放送で「南京大虐殺」を英語で発信し、韓国も英語で「従軍慰安婦」を発信している。

同じようにNHKも国際放送「NHKワールド」で「慰安婦に無理やり多くの女性が強制された」と嘘を発信していた。

しかし真実の虐殺である天安門事件は一切発信されず、チベットや東トルキスタンの大虐殺も発信されない。

シナは自国の大虐殺を隠すために日本に汚名を着せている。外交は血を流さない戦争である。日本政府も本気で戦わなければ日本の名誉は守れない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 中国官製メディア 反日へ誘... | トップ | 辺野古で警察官を車で轢いた... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事