目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

【三橋貴明】インドネシアの「規制」

2018年03月18日 | 日記
https://38news.jp/asia/11727

From 三橋貴明

【近況】

日本経営合理化協会の企画で、
インドネシアのジャカルタに
視察に行って参りました。

同国で最も思い知ったのは、
「規制」の重要さです。

政府が法律でルールを定め、
国民が守る「規制」は、
ときには窮屈なものです。

とはいえ、インドネシアの場合は
交通関係(交通以外もなのですが)
の規制が極端に緩く、
規制があっても、まともに
機能していません。

例えば、ジャカルタ市内の道路は
「信号機」という規制が
極端に少ないのです。

交差点を曲がればホテル到着
であるにも関わらず、目の前を
バイクの大群が横切り続け、
曲がるに曲がれず、30分も
ロスしたことがありました
(信号がないので)。

さらに、運転免許という規制は
存在するものの、
有名無実化されています。

何しろ、免許不所持が
警官にばれても、賄賂を払えば
見逃してもらえるのです。

車検制度という規制がなく、
老朽化し、スピードを出せない
トラックも平気で走っています。

この手のトラックが高速に入ると、
途端に大渋滞。

そもそも、インドネシア政府は
ジャカルタのバイク保有
「規制」をかけるべきでした。

東京都のバイク登録台数が
47万台に対し、ジャカルタは
何と700万台!

また、Gojek
(バイク版ウーバーのようなサービス)
のような運送サービスも、
一切の規制がないため、
有り余る若者が緑色の
ジャケットを身に着け、
バイクで走り回る。

当たり前ですが、渋滞悪化です。

インドネシア政府はジャカルタに
地下鉄を建設するなど、
渋滞解消の努力はしています。

とはいえ、「緩すぎる規制」という
根本的問題を何とかしないかぎり、
「渋滞世界最悪」という
汚名を返上することは
難しいと思います。

もちろん、規制が強ければ、
これは別の問題が引き起こされます。

インドネシアのお隣のシンガポールは、
政府がガチガチに国民生活を規制し、
安全で綺麗な街並みを
維持しています。

もちろん、大渋滞などありません。

だからと言って、シンガポールに
住みたいかと言われれば、
遠慮したいところです。

シンガポールほど規制が強すぎる
国で暮らすのは、「自由」に
慣れ過ぎた日本人にとっては、
なかなか辛いものがあるでしょう。

要は、規制とは「バランス」である
というのが、昨年にシンガポール、
今年はインドネシアを訪れた
三橋の結論でございます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京大空襲73周年忌 「米国... | トップ | 連帯ユニオン関西生コン支部... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事