◆◆◆ 目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

◆◆ メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘  2011/08/05 に公開

2019年09月11日 | 日記
メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘

◆◆ 【Fake Holocaust】ガス室の問題 ロベ-ル・フォリソン(1)

2019年09月11日 | 日記
ガス室の問題 ロベ-ル・フォリソン(1)

Dappi @dappi2019 百田尚樹「中国は世界最低の国・・・   その通り! 中国の民族弾圧を日本のマスコミも議員はもっと問題視すべき

2019年09月11日 | 日記



Dappi @dappi2019 日本国民の命を守る予算を批判する人達は平和ボケしてる

2019年09月11日 | 日記



Dappi @dappi2019 青山さんしか出席してないのも、1人しか反対してないのも驚く

2019年09月11日 | 日記



政府が「貨幣」を発行し、予算をつけ、国民を守るためにインフラを整備する。この当たり前のことをすればいいだけであるにも関わらず、我が国の政府は真逆の路線を進んでいます。

2019年09月11日 | 日記
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12523962735.html


三橋TV第135回【ドケチではなく太っ腹な国家を目指そうぜ!】

https://youtu.be/_FgBMsTAPac


 「時局 2019年 10 月号」に、連載「三橋貴明の経世論 第31回 アベ・ショック」が掲載されました。

 先日の台風15号の影響で、千葉県が大変なことになっています。

『停電「きょう中の全面復旧」 千葉など47万軒で続く
 東京電力ホールディングスは、台風15号による停電について、11日中の全面復旧を目指す計画を発表した。 
 東電によると、午前5時半現在、千葉県と神奈川県のおよそ47万2,800軒で停電が続いているが、11日中の全面復旧を目指している。
 大規模な停電が続く千葉県では、市民の生活に深刻な影響が出ている。(後略)』

 台風後の猛暑であるにも関わらず、停電でエアコンが使えず、千葉県では南房総市、市原市で計二名が熱中症で病院に運ばれたものの、お亡くなりになりました。
 さらには、断水。

 日本では、電気、水道、ガスといった基本的なライフラインが、いつ、災害で使用不可能になるか分からない。千葉県で電気や水の供給を失っている方々の多くは、
「まさか、自分が・・・」
 と、思っていらっしゃるでしょう。

 その「まさか」が普通にあるのが我が国なのです。

 千葉県君津市では、送電線網の鉄塔二基が、何と強風により傾いてしまい、付近が大停電。 

 東京電機大学の加藤政一教授は、今回の台風15号による電力被害について、
「かなりの数の電柱が倒れたり、倒木で電線が切断されたりと強い風によるさまざまな要因で広範囲に停電が起きている」
 と、完全復旧までは時間がかかると語っています。

 最近は、豪雨災害が「想定外」「過去に例がない豪雨」といったケースが増えていますが、台風による豪風被害もまた、「想定外」を想定しなければならない局面に入ったのかも知れません。

 電力を初めとするライフラインのインフラの強化、特に、電柱地中化一つとっても、我が国には膨大な需要があります。政府が「貨幣」を発行し、予算をつけ、国民を守るためにインフラを整備する。この当たり前のことをすればいいだけであるにも関わらず、我が国の政府は真逆の路線を進んでいます。

 水道は民営化を進め、電力は何と発送電分離。民営化された水道事業、発電部門を失った電力会社は、果たしてこれまで通り災害時の早期復旧が可能なのでしょうか。

 民間の「誰か」の邪なビジネス、利益最大化のために、国民の基本インフラを売り飛ばす。さらには、消費税増税で国民の所得を奪い取る。


【歴史音声コンテンツ 経世史論】

http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/
※特別コンテンツ「邪馬台国はどこにあったのか?(長浜浩明先生」)が、リリースになりました! 超絶的に面白いです。是非、ご入会下さい。

【日本の家計最終消費支出(実質値、除持ち家の帰属家賃、十億円)】

http://mtdata.jp/data_66.html#kakei

 図は、持ち家の帰属家賃を除いた家計最終消費支出の実質値を見たものです。なぜ「持ち家の帰属家賃」を除くのかと言えば、同家賃とは、実際には家賃を支払っていない住宅(持ち家など)について、通常の借家や借間と同様のサービスが生産され、消費されるものとみなし、市場価格で評価した計算上の家賃を意味するためです。つまりは「架空家賃」であるため、消費支出の実態を見る際には除くのが適切です。

 また、消費支出を名目で見ると、消費税増税による強制的な価格引き上げ分が含まれてしまうため、実質値で見ています。消費支出の実質値とは、要するに「消費の量」を意味するデータですね。

 図の通り、2014年度の家計最終消費支出(実質値)は235.2兆円。13年度の243.2兆円と比較すると、マイナス8兆円。消費税一発で、消費の「量」が、金額換算で8兆円分、消滅したのです。

 日本の家計最終消費支出は、2014年4月の消費税増税で8兆円も落ち込み、18年度に至っても、13年度の水準を回復していません。まさしく、「L字型」の低迷になってしまいました。

 19年10月に消費税率が10%に引き上げられると、さらに一段下がった「L字型」低迷に陥るのは確実です。

 災害が頻繁に発生し、政府が支出を拡大しなければ「国民が死ぬ」国家において、緊縮財政が続く。国民から所得を奪い取り、ブラックホールに投げ込んで消してしまう。

 この異常な状況が「異常」と認識されていないことが、最も異常です。

 それだけ情報が歪んでいるという話ではありますが、逆に言えば「情報を正す」ことで解決可能です。

 日本の緊縮路線をピボット(転換)させ、国民を救うために政府が普通に支出する国を取り戻すために、皆様も「情報を正す」活動にご協力下さいませ。


【極悪イスラエル】イスラエル軍がエルサレムに侵入、7人のパレスチナ人を拉致

2019年09月11日 | 日記
https://imemc.org/article/israeli-forces-invade-jerusalem-abduct-seven-palestinians/
機械翻訳

2019年9月11日1:26 AM IMEMCニュース 人権、イスラエルの攻撃、エルサレム、ニュースレポート、囚人 0

9月11日
1:26 AM
イスラエル軍は火曜日の夕方、エルサレムの旧市街から、少女を含む7人のパレスチナ人を誘ductしました。



地元の情報筋は、イスラエル軍の大部隊が旧エルサレムのバブ・ハッタを襲撃し、モハメッド・メテブ、アフマド・メテブ、ユーセフ・ハジーナ、リヤド・アル・リシュク、フィラス・カルクール、モハンマド・カルクール、少女ラネム・カルクールを誘thatしたとパレスチナ通信社のワファに語った(18年)。

誘aの1つのこの携帯電話のビデオは、アル・クッズニュースによってツイートされました。




【極悪イスラエル】Nasser Taqatqaの母がPNNに話す

2019年09月11日 | 日記
https://imemc.org/article/mother-of-nasser-taqatqa-speaks-to-pnn/
機械翻訳

2019年7月17日12:59 AM IMEMCニュースと代理店 人権、インタビュー、イスラエル、ニュースレポート、囚人 0

7月17日
12:59 AM
ナッサール・タカトカの母親は涙を流して、イスラエルの刑務所で独房監禁で亡くなった息子を失ったことで荒廃を表明しました。



ベツレヘムの南西、ベイト・ファジャールの町にあるパレスチナ・ニュース・ネットワーク(PNN)の特派員とのインタビューで、彼女は今日夜明けに亡くなった息子の死について話しました。

タカトカの母親は、息子の遺体が彼女、彼の姉妹、そして彼の家族全員に返されるのを待っていると言いました。

彼女は、彼女が息子の代わりになりたいと思ったので、彼女が代わりに死んだと付け加えました。

https://www.facebook.com/pnnnetwork/videos/356896158559818/
IMEMCインタビューでも— Alaa Tartir博士:パレスチナと権力の支配

論説:イスラエルがパレスチナの民間人を故意に殺害したのに、なぜUNHRCはそれについて

2019年09月11日 | 日記
https://imemc.org/article/oped-israel-killed-palestinian-civilians-deliberately-so-why-is-the-unhrc-speculating-about-it/
機械翻訳

2019年9月11日午前5時42分 IMEMCと代理店 ガザ包囲、ガザ地区、人権、イスラエル攻撃、非暴力行動、意見/分析 0

9月11日
午前5時42分
2018年3月に帰還の大行進抗議が始まったとき、パレスチナの人々の呼びかけは明確で、歴史的なパレスチナに帰還するという完全に合法的な集団的要求がありました。イスラエルの対応は、スナイパーを国境に置き、パレスチナ人の自由な表現と原則の基本的権利を行使するために射殺することでした。



第42回国連人権理事会(UNHRC)で、ミシェル・バチェレット高等弁務官は、抗議に参加しているパレスチナ人のイスラエルの殺害について話しました。「最初の監視は、生命や重傷を負わない状況で彼らが殺されたことを示唆しているため、致死的な力の使用が過剰だった可能性があります」とバチェレは語った。差し迫った脅威の場合に最後の手段として使用されない限り、イスラエルの行動は「故意の殺人行為を構成する可能性がある」と彼女は付け加えた。

イスラエルの人権侵害に対する永続的な憶測は、国連機関全体に広がっています。UNHRCも例外ではありません。バチェレットの口調は、パレスチナの民間人を殺すというイスラエル政府の計画的な戦略を明確に呼びかけることになると、断定的ではありません。しかし、これは反テロ法として知られるピノチェット独裁時代の法律を使用して先住民のマプチェ族コミュニティを標的にしたチリの前大統領に期待されることでした。

国際社会はパレスチナ人を再び失敗させました。グレートマーチの抗議行動が恒久的なものであることが明らかになったとき、国連代表はパレスチナの物語の認識から撤回した。国連は、故郷に戻るというパレスチナの要求に応えるために一歩踏み出す代わりに、抗議の重要性を薄めるための対抗戦略に乗り出した。その声明の中で、国連は、イスラエルの不法な封鎖とガザの急速に悪化している環境に対する怒りのみを理由として、ナクバの大行進の文脈を排除しました。実際、国連は解決策を公言しました。つまり、パレスチナ自治政府の飛び地に対する支配の復活です。

国連がパレスチナ人のデモが人道問題のみに起因することを国際社会に説得できれば、その機関はパレスチナ人のための独自の指定を広め続けることができます。そのどれも非植民地化、解放、帰還を含みません。

パレスチナの物語からパレスチナを再考する先駆けとなる帰還の大行進の可能性は、国連が好まない政治的懸念です。したがって、統計の現状を維持するためのスクランブル。デモでのイスラエルの殺害と市民の負傷。焦点を帰還の権利から人道的支援の要請に変える; 国連決議194(パレスチナが帰還する権利を認めようとする国連の試み)がパレスチナ人の政治的権利よりもイスラエルの植民地化を優先するという欠陥のある声明であるという議論を避けること。

この最新の国連の大失敗は、特にイスラエルの違反に関して、故意に優柔不断なレトリックに彼らの権利をつなぎ留めることによって、パレスチナ人を隔離するために機関がどのように働くかを示しています。シオニストの植民地プロジェクトとパレスチナ人の没収を支持したため、イスラエルが意図的にパレスチナの民間人を殺害したかどうか、または民族浄化政策が戦争犯罪を構成するかどうかについての継続的な議論の国連の作成は、違反を覆す可能性を終わらせました。

イスラエルとともに、国連は、イスラエルとその組織が責任を負わないようにするための仮説を立てながら、意図的に彼らの要求を変更することにより、パレスチナ人の迫害に加わりました。

それにもかかわらず、国連がその優位性のために台座を作ったからといって、解放のためのパレスチナ人の闘争がそのパラメーターを通して定義されることを許すべきだということを意味しません。憶測を終わらせる、国連; イスラエルはパレスチナの民間人を故意に殺しました。今それについて何かをしてください。

作成者:Ramona Wadi
出典: IMEMC用に編集された中東モニター
:Ali Salam

【極悪イスラエル】ガザだけでも、イスラエル軍は3月22日以来30人のジャーナリストを負傷させた。

2019年09月11日 | 日記
https://imemc.org/article/un-human-rights-commissioner-30-journalists-covering-protests-injured-by-israel/
機械翻訳

2019年9月11日午前5時36分 IMEMCと代理店 ガザ包囲、ガザ地区、ヒューマンインタレスト、人権、イスラエルの攻撃、ニュースレポート、難民/移民 0

9月11日
午前5時36分
ガザだけでも、イスラエル軍は3月22日以来30人のジャーナリストを負傷させた。



国連人権高等弁務官ミシェル・バチェレは、イスラエル軍によって「抗議をカバーしている30人のジャーナリストが負傷した」と声明で述べ、イスラエルとガザのフェンスに沿って行われた抗議について言及した。

グレートマーチオブリターンとして知られる2018年3月の抗議行動の開始以来、合計4人のアナドル機関のジャーナリストも負傷しました。2人はガザで、2人は占領されたウェストバンクでした。

同じ時期に、ガザの他のメディア組織で働いていた他の2人のジャーナリストが殺されました。

Bacheletは、2019年3月22日に国連決議40/13が採択されて以来、違反が続いていると述べました。

この決議は、東エルサレムを含む占領下のパレスチナ領土におけるイスラエルの国際法違反すべてに対する説明責任と正義を保証します。

「国際人権法および国際人道法の重大な違反は、ガザでの大規模な民間抗議の文脈を含め、この期間中、占領されたパレスチナ領土で継続している」と声明は述べた。

バチェレトは、イスラエルがデモ隊に対して催涙ガス、ゴムでコーティングされた弾丸、放水砲、音響装置を使用し、定期的に実弾を発射したと述べた。

「直接的な結果として、2019年3月22日以来、5人の子供を含む13人のパレスチナ人が殺されました」と彼女は言いました。

Bacheletは、医療従事者やジャーナリストを含む数百人が負傷したと述べた。

「切断を受けた20人、麻痺した2人、片目で視力を永久に失った6人を含む多くの人が永続的な障害を抱えています」と彼女は言いました。

バチェレトは、2019年3月22日以来のこれら13人の死は、38人の子供を含む過去12ヶ月の189人のパレスチナ人の殺害に続くと付け加えました。

2018年3月にガザの集会が始まって以来、270人近くの抗議者がmar教し、緩衝地帯の近くに配備されたイスラエル軍によってさらに数千人が負傷しました。

デモ隊は、沿岸の飛び地の経済を破壊し、200万人の住民から多くの基本的なアメニティを奪ったイスラエルの12年にわたるガザ地区の封鎖に終止符を打ちます。

出典: IMEMC用に編集されたアナドル
:Ali Salam

アーカイブIMEMC記事:

PCHRレポート:イスラエルの刑務所でのパレスチナ人囚人の死における医学的無視の疑い

2019年09月11日 | 日記
https://imemc.org/article/pchr-report-suspicions-of-medical-neglect-in-death-of-palestinian-prisoner-in-israeli-prison/
機械翻訳

2019年9月11日12:38 AM PCHR 人権、イスラエル、ニュースレポート、パレスチナ、囚人 0

9月11日
12:38 AM
病んでいるパレスチナ人捕虜であるナブルスのバサム・アル・サエ(47)の死後、イスラエル当局による意図的な医学的怠慢の疑いを招く状況下で、パレスチナ人権センター(PCHR)は、彼の死と、イスラエル当局が適切かつタイムリーな医療をアル・サエに提供することで行き詰まったという重大な懸念を表明した。



故人は逮捕前に骨癌に苦しみ、白血病になったため拘留中に状態が悪化した。彼の状態は、イスラエルのアサフハロフェメディカルセンターで死んだと宣告される前に、最後にさらに悪化しました。

人権のためのパレスチナセンターの彼の健康状態の悪化の知識にもかかわらず、このようal'Sayehのよう人道例のための標準であるとして(PCHR)は、彼の解放のための呼び出しを無視してのイスラエルの持続性を非難します。彼を刑務所で一人で死なせる。

イスラエル軍は、2015年10月8日に妻の法廷審問に出席していたときに、サヤを逮捕しました。彼は2011年以来骨癌に苦しんでおり、彼の逮捕状態と刑務所での適切な治療の拒否のために彼の状態は悪化した。その結果、彼は白血病と診断され、彼の健康は過去4年間悪化し続けました。最近、人権団体が慢性および重度の肺炎と80%の心不全に苦しんでいると報告したため、彼の健康状態は著しく悪化しました。

イスラエル軍は彼の釈放を求め続けたが、それを拒否し、2019年7月29日にアル・ラムラ診療所に移送した。この診療所は囚人から「屠殺場」と呼ばれ、虐待を受けていることを示している。2019年8月12日、アル・サエフは健康状態が急速に悪化したためアサフハロフェメディカルセンターに移送され、昨日彼は死亡したと断言されました。

Al-Sayehの死は、イスラエルによって投獄された少なくとも6,000人のパレスチナ人の状態の全体的な悪化を強調し、特に慢性的および重篤な少なくとも150人の囚人に提供された医学的怠慢および不適切な治療に関して、彼らに対して採用している懲罰的措置の程度を反映している病気。

彼は2019年にイスラエルの刑務所内で3番目の死者であることに留意すべきである。2月6日、イスラエルの刑務所で28年間過ごしたファレスモハメッドバロウド(51)、アルシャティ難民キャンプのファレスモハメッドバロウド(51)ガザ市西部では、特に胃、心臓、肝臓に問題があったというイスラエル当局による意図的な医療過失の疑いが高まっている状況で、「ラモン」刑務所から「ソロカ」病院に移送されてからわずか数時間で死亡しました。また、7月16日、ベツレヘムの南にあるベイトファジャール村出身のナッサーマジェッドタカトカ(31)は、イスラエルの「ニツァン」刑務所(al-Ramlah)で独房監禁中に死亡しました。亡くなったナッサーは、2019年6月9日に自宅で逮捕され、調査されました。

PCHRは、特に囚人がいる非人道的で屈辱的な刑務所条件下で、意図的な医療過失の方針が続く場合、同じ運命に直面する何十人もの病気の被拘禁者の命に対して、イスラエル政府に完全に責任を負わせています。肉体的および心理的拷問の対象となり、適切な健康管理を拒否された。

さらに、PCHR:

国際赤十字委員会(ICRC)に、イスラエルの刑務所に収容されているパレスチナ人被拘禁者および囚人の状況に関するフォローアップを増やし、投獄状況を調査するよう要請します。そして
特に、ジュネーヴ諸条約及び受刑者の治療のための国連最低基準規則、国際法と国際人道法を尊重するために、イスラエルを強要するために、国際社会に呼びかけ。

出典:
IMEMC用に編集されたPCHR :Ali Salam

【 極悪イスラエル】日曜日、イスラエルのネゲブ南部にあるベドウィンのコミュニティであるアルアラキブ村の破壊

2019年09月11日 | 日記
https://imemc.org/article/bedouin-village-structures-demolished-for-the-159th-time/
機械翻訳

2019年9月9日午前5時10分 IMEMCニュース ヒューマンインタレスト、人権、イスラエル、イスラエル政治、ニュースレポート 0

9月9日
午前5時10分
イスラエル軍は、日曜日、イスラエルのネゲブ南部にあるベドウィンのコミュニティであるアルアラキブ村の構造を159回破壊しました。



2019年9月3日、村が157回破壊されたときに、年配の女性を含む3人がイスラエルの占領軍兵士に拘束されました。

220人の村は、イスラエルの占領によって絶え間ない攻撃と財産の破壊により、彼らを地域から永久に撤去するための継続的な努力の標的となっています。

この村へのイスラエルの避難の取り組みは2010年に始まり、コミュニティを再建するために活動家と繰り返し協力しました。

これらの侵入と違反に加えて、イスラエルの裁判所は、占領当局による容赦ない破壊の費用を賄うために、村人に160万シェケルの罰金を課しました。

IMEMCのレポート:Ali Salam

【極悪イスラエル】パレスチナ領土全体で、イスラエル当局はパレスチナ人の家を破壊します。国際法は、彼らが占領当局によって保護され保存されていると定めています。上記の法律に違反!

2019年09月11日 | 日記
https://imemc.org/article/kairos-palestines-statement-on-israeli-house-demolitions/
機械翻訳

2019年9月7日午前6時1分 IMEMCニュースと代理店 ヒューマンインタレスト、イスラエルの攻撃、イスラエルの入植、パレスチナ、難民/移民 0

9月07日
6:01 AM
どこでも、占領されたパレスチナ領土全体で、イスラエル当局はパレスチナ人の家を破壊します。国際法は、彼らが占領当局によって保護され保存されていると定めています。上記の法律に違反し、植民地計画を実施するために、イスラエル当局は家を破壊し、土地を没収し、彼らの廃onに集落を建設します。



2018年、イスラエル当局は、ネゲブの2775のベドウィンの家を破壊しました。人々はそのような措置に抵抗し、彼らの家を再建しました。たとえば、アラキブの町は破壊され、145回再建されました。東エルサレムのジャハリンベドウィンも同様の試練を経験しています。

エルサレムの東のスルバヘルでは、何年も前から存在していた何十もの家屋が数週間前に取り壊されました。エルサレムでは、建築許可がないという口実の下で、またはパレスチナの人口を移動させて聖都をユダヤ化するという意図で、家が取り壊されました。ごく最近、ベイトジャラ(ベツレヘム地域)のキリスト教家族の家とレストランが、arbitrary意的な裁判所の決定に従って取り壊されました。裁判所は、先祖から何世代にもわたって受け継がれたこのキリスト教家族の土地は自分たちの土地ではないと判断しました。家とレストランを取り壊し、財産を入植者に譲渡するよう命じました。

そのような行動の正当化には、計画部門の法律違反、建築許可の欠如、またはイスラエルの標的に対する個々のパレスチナ過激派攻撃に対する報復が含まれます。実際、イスラエル人は家を破壊することにより過激派の家族や親relativeに集団的罰を課しています。

家族の家は家族と同じくらい神聖です。それはまさに礼拝の場としての神聖な場所です。人々は一生懸命働き、自分の家を建てるために一生をかけます。しかし、それは単にarbitrary意的で非人道的な軍事的決定のために破壊されます。イスラエル人は、国際法、自然法および神の戒めに違反して集落を建設します。神は言った:盗んではいけない。入植者の法律では、パレスチナの土地を盗んで集落を建設します。実際、入植者の家は没収された、すなわち盗まれたパレスチナの土地に建設されています。

私たちは、パレスチナの家屋の解体に関して、私たちが心のこもった人々に取り組んでいるという事実を認識しています。パレスチナ人の家を破壊するブルドーザーと同じくらいの心は、何千人もの人々を避難させ、家から彼らを奪いました。彼らの主な目標は、パレスチナ人にあらゆる方法で立ち去らせることです。家屋の取り壊しは一つの方法です。私たちの唯一の罪は、私たちが家と土地にいるということです。私たちに対する彼らの本当の願いは存在しないことです。

抑圧者に立ち向かう弱者の強さは、彼らの家の廃evenでさえ不動のままであり、彼らが去りたい、または存在しないことを望む人々の意志に反して、彼らの自然権にある。

詩編にあるように、弱者の力は神にあります。「貧しい人は永遠に忘れられず、貧しい人の希望は永遠に忘れられません(詩9:18)。また、:彼と、誰も助けてくれない貧しい人々に。3彼は弱者と貧しい人に同情し、貧しい人を死から救います」(詩71:12-13)。

イスラエルの生存は正義と平和にかかっています。不正と武器の力は生存を保証するものではなく、土地や家に住んでいる人々に立ち向かうのにも役立ちません。パレスチナ人の家の解体と一部のイスラエル当局者やラビの人種差別主義者の声明は最近悪化している。このような人種差別的な発言は、若い世代の心に浸透しています。イスラエルの生存のための唯一の方法は正義であり、土地の先住民の所有者への敬意です。

私たちは真の真実の言葉でイスラエルの状態に取り組んでいます。それは神の法律であり、それを守って守っていますが、取り壊しの法律は議員自身の取り壊しにしかつながりません。イスラエル人は、彼らが神の創造物であり、パレスチナ人も神の創造物であることを常に覚えておくべきです。彼らの安全、未来、そして生存を保証するために、イスラエル人は平等と尊厳を与えられた神に基づいてパレスチナ人に対処しなければなりません。

〜Kairosパレスチナ、PNN

09/01/19 ハーバード大学に所属するイスマイル・アジャウィ、UNRWAの学生仲間へのインスピレーション

【極悪イスラエル】ナブルスとラマッラーの近くのパレスチナの土地の100デュナムを没収

2019年09月11日 | 日記
https://imemc.org/article/israeli-soldiers-confiscate-100-dunams-of-palestinian-lands-near-nablus-and-ramallah/
機械翻訳

2019年9月8日午後1時23分 IMEMCニュース イスラエルの攻撃、イスラエルの定住、ナブルス、ニュースレポート、ラマッラー、ヨルダン川西岸 0

9月08日
午後1時23分
イスラエル軍兵士は、日曜日、西岸北部のナブルスの南、西岸中央のラマッラーの北東の村から約100デュナム(24.7エーカー)の私有地のパレスチナの土地を没収しました。



イスラエルの西岸北部での違法な植民地活動を監視しているパレスチナの役人であるガサン・ダグラスは、兵士が没収命令を西岸北部の都市ナブルス近くのQaryoutとJaloud村の住民に手渡したと言いました。

彼は、同様の命令が、中央銀行の都市ラマッラーの北にあるトゥルムス・アヤ村の住民に手渡されたと付け加えた。

土地の没収は、パレスチナの私有地に建設されたShilu違法コロニーを拡大するイスラエルの計画の一部です。

没収された土地は次の地域にあります。

Nablusの南東、Qaryout村の南部地域の盆地#1のRas al-'EinとRas Moweis。
ナブルスの南、ジャロウド村の盆地#12。
Ramallahの北東にあるTurmus Ayya村の盆地#10と盆地#3。
Daghlasはイスラエル首相ネタニヤフは、パレスチナの土地や構築、9月17日に控え総選挙の入植をなだめるために彼の努力の一環として、違法な植民地を拡大しようとする試みの没収エスカレートされていることを述べた目を。

ちぢれ麺 ☆拝謁記 新藤義孝「昭和天皇は『憲法改正は軍備の点だけ公明正大に堂々と改正した方がいい…これからこの国はどうやって守っていくのか、その規定がまるで無い…侵略を受ける脅威がある以上、

2019年09月11日 | 日記