◆◆◆ 目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

◆◆ 黒井文太郎 よ、シリアのどこを見てきたのか、貴様の目は節穴か、それともナイラ同様工作員か!!!

2019年06月09日 | 日記
黒井文太郎記事より

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38643
2013.9.9(月)黒井 文太郎

実は筆者(黒井文太郎)は、
シリアとはプライベートで長く深く関わってきた。20年前に結婚した元妻がシリア人で、その後、何度もかの国を訪問し、親族や友人を通じてシリア人社会を内側から見てきたのだ。

 シリアは北朝鮮と同様の強権体制の独裁国家で、秘密警察が国中に監視網を構築し、不満分子は徹底的に弾圧する恐怖支配が行われている。言論統制も徹底され、もともと外国人記者が自由に取材できるような国ではないうえ、外国人と接する機会のあるシリア人も、秘密警察を恐れて外国人に迂闊にホンネを話すことはない。したがって、なかなかその真の姿が外国人には見えにくい。

 筆者のような関わりは希少ケースと言っていいが(シリア人女性と結婚した日本人は筆者が2人目らしい)、そのためシリア国内に今も住む親族や友人・知人たちから直接、“身内”として率直な話を聞く機会を持つことができた。そうした立場でシリアで進行してきた悪夢のような出来事の経緯を、2011年3月の民衆蜂起からずっと見てきたが・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

-------------------------------------------------------------------

黒井文太郎 よ、シリアのどこを見てきたのか、貴様の目は節穴か、それともナイラ同様工作員か!!!

Syriaの真実=反政府軍こそ謀略工作員(テロリスト)




嘘から始まった湾岸戦争!自作自演の議会証言とPR操作!



黒井文太郎=日本の恥、反吐が出る!!!(怒) 









◆◆◆ メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘

2019年06月09日 | 日記
メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘

mamoru yotwo
2011/08/04 に公開
ベルギ-人ジャ-ナリスト、ミシェル・コロンが、イスラエル正当化のためにメディアが大衆に信じ込ませた神話について説明し、中東の平和実現のため、世界の人々に、インタ-ネットなどを使い正しい情報を伝える記者の役目を果たすよう呼びかける。

欧州議会選挙結果と反ユダヤ規制 ユダヤの言論弾圧が強化されている。

2019年06月09日 | 日記
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/2019-06-08.html

悪の道を進むものは善の旗を掲げる

2019年06月09日 | 日記
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12475096520.html

チャンネルAJER

『主流派経済学とデフレーション(前半)』三橋貴明 AJER2019.6.4
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
令和の政策ピボット、国際ジャーナリスト堤未果氏が呼びかけ人に加わって下さいました。
また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

三橋TV第101回【結局おカネ儲けが目的ですか!?】

https://youtu.be/JgN80S70y2k

 「時局 2019年 07 月号」に、連載「三橋貴明の経世論 第28回 統合政府のバランスシート」が掲載されました。

 チャンネル桜{Front Japan 桜」に出演しました。

【Front Japan 桜】MMT理解のコツ!銀行預金の正体 / 教えて三橋さん!どうすれば老後は安心?[桜R1/6/7]

 消費税増税という結論「だけ」は変わらず、推進の理由というか「言い訳」だけが次々に出てくる。日常生活で、そんな人間がいた日には、詐欺師扱いして無視するところですが、残念なことに日本政府です。

 何しろ、我が国は、
『高い確率で発生が予測されている首都直下、南海トラフなどの大地震も財政破綻の引き金になり得る。これに備えるためにも地道な財政再建が必要』
 などと、消費税増税を主張する財政破綻詐欺師、吉川洋が立正大の学長を務めているような国なのです。

 直間比率是正のために増税。
 プライマリーバランス維持のために増税。
 社会保障の安定財源確保のために増税。
 ギリシャのようにならないために増税。
 財政破綻を避けるために増税。
 国債の格下げを避けるために増税。
 国際公約だから増税。
 大震災のために増税。

 もはや、過去に登場した「消費税増税の屁理屈」を羅列するのも飽きてきました。とりあえず正解は、
「官僚や政治家や学者や国民がバカだから増税」
 なのでございますが、新たなレトリックがまたまた登場しました。

『安倍首相、消費増税「どうしても必要(2019年6月5日)
 安倍総理は、リーマンショック級の出来事が生じない限り消費税率を予定通り引き上げる考えを改めて示しました。
 「消費税率の引き上げについては、全世代型社会保障の構築に向け、少子化対策や社会保障に対する安定財源を確保するために、どうしても必要なもの」(安倍首相)
 安倍総理は今週、経済学者やエコノミストらと相次いで意見交換するなど、消費税率引き上げに向け、最終的な準備を進めています。』

【歴史音声コンテンツ 経世史論 始動!】

http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/
※6月16日(日)から、中野剛志氏との特別対談コンテンツ【歴史とナショナリズム】をご視聴頂けます。是非、ご入会下さい。

 少子化対策のために増税<NEW! 

 という感じでございますが、日本の少子化の原因は「データ」から明らかです。

彩図社 【亡国のメガロポリス ~日本を滅ぼす東京一極集中と復活への道~】
 
 で解説しましたが、(デフレによる)実質賃金の低下と、東京一極集中です。東京一極集中にしても、デフレで「財源」「予算」が不足し、選択と集中が行われた結果なので、結局は「デフレ⇒少子化」なのです。

【日本人消滅の悪循環】

http://mtdata.jp/data_64.html#nihonjin

 上記の図は、チャンネル桜で使ったんでしたっけ?(三橋TV?)結構、いい加減に作ったのに、我ながら的を射ているな、と。

 ちなみに、上記の循環の→の部分は、全て「データの裏付け」があります。例えば、
「実質賃金が低下したことで、若者の婚姻率が落ちている」
 にしても、内閣府が調査を行っています。特に、「正規社員の30代男性」と「非正規雇用の30代男性」の婚姻率が「二倍違う」という現実は、衝撃的です。

 まともな職に就けなかった日本人の若い男性は、その時点で「人生を区別される」ことになってしまうのです。

 日本人消滅の悪循環を食い止めるどころか「加速している」安倍政権が、消費税増税の理由に少子化対策を持ち出すわけですから、絶望的です。

 本気で日本の少子化を食い止めたいならば、(特に)若い男性の実質賃金を継続的に引き上げる環境を作ればいいのです。しかも、少子高齢化に端を発する生産年齢人口比率の手化により、人手不足が深刻化していく日本において、実質賃金を高める企業投資や処遇改善を拡大する方法は簡単なのです。

 移民を入れなければいい。オシマイ。

 なのでございますが、安倍政権は移民受入に舵を切りました。国民の実質賃金を抑制し、少子化(厳密には婚姻率低下)をもたらすことが明らかな移民政策を推進しつつ、
「少子化対策のために消費税引き上げがどうしても必要」
 と、言ってのける。

 ここまで、堕ちてしまったのです、安倍政権は。悪の道を進むものは、常に善の旗を掲げる。

 とりあえず、声を大にして言いたい。
「少子化を本気で問題視しているならば、移民を入れるな!」

池上彰SP悪質フェイクニュース・テレビ報道のフェイクニュースに言及したのは2時間中22秒のみ!テレビのフェイクニュースこそが大問題だ!!!

2019年06月09日 | 日記
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7524.html
抜粋


プロの子役でした!wwwwww

鴨田沙奈(劇団ひまわり)



テレビのフェイクニュースこそが大問題だ!