”ほしがき写真散歩”のブログ

”ほしがき”が横須賀市内や旅行先を写真散歩したブログです。

県立大学(2)

2014-03-29 22:24:05 | 日記
京急県立大学駅から海に向かって歩くと、うみかぜ公園に至ります。
公園ではバーベキューが出来る広場がありますが
この時期では利用する人はいませんでした。


公園入り口付近の建造物。











一画には巨大な第三海保の遺物。大型兵舎だそうです。









ソニーデジタルα7 FE28-70
コメント (4)

県立大学(1)

2014-03-27 21:02:28 | 日記
京浜急行の県立大学駅を降りてうみかぜ公園方面に向かって歩きました。


駅のホームをくぐる道路です。











街路樹の剪定をしていました。











ソロバンの塾でしょうか。


ソニーデジタルα7 FE28-70
コメント (2)

津久井浜(2)

2014-03-25 11:33:39 | 日記
この辺りは犬走りという地名ですが
昔、村の境でもめた時にイヌを走らせて、村の境を決めたことによるそうです。
地図を見ると、イヌは勢子に追われながら右に左に走ったようです。























FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント (2)

津久井浜(1)

2014-03-23 11:00:20 | 日記
津久井浜はキャベツの収穫期に入っていました。




















ヒヨドリなどの被害予防のネットです。


FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント (4)

根府川 おかめ桜(3)

2014-03-21 11:23:56 | 日記
この日の目的地は中腹にあるレストラン「お山のたいしょう」です。
この店の名物はキノコの炭火焼きです。
春の陽気の中で山里の景色を楽しみながらのハイキングが出来ました。


おかめ桜を眺めながらレストランを目指します。。





キノコの炭火焼きです。夢中になって食べてしまい、気がついたらこんな状況でした。ごめんなさい。





お腹が一杯になったらキノコ狩りです。温室の中にたくさんのシイタケ原木が並べてありました。





薄暗い温室の中でシイタケは静かに成長していました。





先ほどの道を戻ります。





県道まで降りてきました。根府川駅まで、もう少しです。


ソニーデジタルα7 FE28-70
コメント (2)

根府川 おかめ桜(2)

2014-03-19 14:34:44 | 日記
道はゆっくりと山腹に向かっています。
みかんやレモンの果樹園の間におかめ桜が植えてありました。


みかんの無人販売。100円は絶対に安い。





新幹線の線路が見えました。





おかめ桜会場の一つの、離れのやど星ヶ山。





この辺りのおかめ桜は植えられてそれほど時間が経っておらず、低い木が多いですが、5年もすれば見応えがある木になるでしょう。





屋根に換気施設があるのはミカンを熟成させる倉庫です。

更に道を登っていきます。

ソニーデジタルα7 FE28-70
コメント

根府川 おかめ桜(1)

2014-03-17 22:13:54 | 日記
3月17日。根府川におかめ桜を見に行きました。
根府川駅に初めて下車しました。
相模湾の荒波が打ち寄せる崖の途中にあるような駅でした。
おかめ桜はちょうど満開。山の中腹のレストランまで桜を楽しみながら往復しました。


おかめ桜とはカンヒザクラとマメザクラを掛け合わせたものでイギリスで生まれた品種だそうで
うつむき加減の可憐な濃いピンク色の花を咲かせます。





根府川駅到着。昔の東海道線の雰囲気が一杯の駅です。





跨線橋の先は相模湾です。





駅前の魚屋さん。














ソニーデジタルα7 FE28-70
コメント (2)

島田地区

2014-03-15 21:03:26 | 日記
島田はYRP(横須賀リサーチパーク)の下に広がる田園地帯です。
このところの暖かさで、モモの花も開いたようなので出掛けてみました。
モモは7分咲きぐらいでしょうか。先日の雪で大分痛めつけられたようでした。







早速 α7 にマクロレンズを取り付けて撮影を始めます。











背の低いオオイヌノフグリなどは地面に這いつくばっての撮影です。



















カメラと一緒に楽しく花の鑑賞が出来ました。

ソニーデジタルα7 100ミリマクロ
コメント (6)

砲台山

2014-03-13 17:51:49 | 日記
三浦半島の三浦冨士と武山の中間にある頂は砲台山と呼ばれています。
山頂には戦前 首都防衛のために3基の高角砲が設置され、高射砲陣地が作られていました。
周辺には現在でも比較的良好に測距儀、弾薬庫、番兵小屋、通信所、兵舎跡等の陣地設備が点在しています。
高射砲陣地がこれだけ良好に残っている例は他にないそうで非常に貴重な戦争遺跡だそうです。
今回,歴史研究会の人に遺跡を案内して貰いました。


京急津久井浜駅から砲台山に登ります。途中 先日の大雪で折れた太い枝が道をふさいでいました。





山頂付近、登山道の横に2本のコンクリート柱が立っていました。柱の間には変電所があったそうです。
奥の柱は演算装置(アナログコンピューター)が手前の柱には大型記録計が上部に取り付けられていました。





山頂には海上保安庁のレーダー通信・施設があります。
この白い建物の下に1基の高角砲座がありましたが施設建設のために破壊されてしまいました。





3基の高角砲の中央の施設です。現在見ることが出来るのはこれだけです。コンクリートの四角い穴に砲弾を置きました。
この高角砲は最初に作られたようですが、超高度を飛ぶB29には弾が届かず廃棄されました。





実際に実戦に使用されたのは両側の高角砲でした。しかし1基は海上保安庁の施設作りのために破壊され、残る1基は雑木林に埋まっていました。
藪をかき分けて調べてみると、円形のくぼみがあり、円形のコンクリートの構造物が作られていることが分かります。






高角砲陣地の東側の藪の中には兵舎跡がありました。コンクリート製の基礎だけが残っています。
貯水槽、調理場や倉庫室らしきものが分かりました。

非常に貴重な戦争遺跡ですが多くは深い藪に覆われ、全体を見るのは容易ではありません。
砲台山の山頂は国有地となっており、説明看板を立てたり、木を切ったりすることは出来ないようになっているそうです。
今のうちに整備するなどしないと本当に失われてしまわないか気がかりです。

FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント (2)

雨の駅前(2)

2014-03-11 18:03:30 | 日記
JR横須賀からヴェルニー公園を通り京急汐入駅まで歩きました。
この頃から雨は本降りとなり、靴やズボンはびしょびしょになりました。


JR横須賀。











ヴェルニー公園は人通りも少ない。










京急汐入駅。

雨が強くなったので今日の撮影はこれで終了。カメラも大分濡れてしまいました。

FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント (2)