”ほしがき写真散歩”のブログ

”ほしがき”が横須賀市内や旅行先を写真散歩したブログです。

南青山(3)

2013-08-31 10:03:46 | 日記
南青山散策の最後は
立山墓地から根津美術館です。








立山墓地の長い塀。青山霊園は始めはこちらにあったそうで多くの著名人が眠っています。





根津美術館。「曼荼羅展」を開催中でした。





庭も広く充分に楽しめます。。灯籠は東大寺大仏殿前の灯籠のレプリカだそうで大きくて堂々としていました。


FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント (4)

南青山(2)

2013-08-29 11:27:53 | 日記
高樹町交差点を左に折れると、そこは西麻布二丁目。
空襲で焼け残った家と、高級住宅地が隣接している地域です。
どのような街並みがあるのでしょうか?


大きなお寺がありました。このお寺に沿って左に回っていきます。











こんんな平屋の家を見つけました。











最後は六本木ヒルズ遠望です。あちこちからとてもよく見えました。


FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント (3)

南青山

2013-08-27 11:23:17 | 日記
今回は大岡川を離れて、南青周辺を散策します。
東横線で渋谷駅に着き、階段を登って地下鉄銀座線ホームへ。
銀座線ホームは地上2階にあるとは知りませんでした。かなりの標高差です。
表参道で下車して散策開始。


こんなに下が小さくて大丈夫なのでしょうか?





骨董通りを東に向かって歩きます。





ちょうど昼時で、レストランには行列が。








FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント

大岡川を歩く(16)

2013-08-25 09:20:01 | 日記
鶴巻橋は環状1号線に架かる橋ここを左折して
井土ヶ谷方面に歩きだし最初の交差点は鶴巻市場。
交差点の名前になるくらいなので大きな市場なのでしょう。
ところが行ってみたらそこはシャッター街でした。


鶴巻市場。営業している店は一軒もありませんでした。





なぜか鶴巻市場の看板が横向きに。





駅周辺では、それ以外の商店でもシャッターが閉まった店が多い。井土ヶ谷駅の近くには大きなスーパーがある。
周辺の商店は打撃を受けるだろうが、品揃えやサービス等を工夫すれば、何とか共存できるのではないだろうか。
人口減、経営者の老齢化・後継者問題などの影響が大きかったのだろうか。





井土ヶ谷交差点。五叉路だ。





井土ヶ谷駅到着。今日はこれまでとします。雨に降られなくて良かった。


FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント

大岡川を歩く(15)

2013-08-23 09:22:13 | 日記
弘明寺を過ぎると川幅はぐっと広くなり水量も多くなります。堂々たる中流域です。
この辺りはサクラの名所で、露店が軒を連ね大変な人出となりますが今は実に静かです。


シーズンになると見事なサクラが咲き誇ります。




この辺りは下から見上げるサクラが見事です。渇水時期にしては水量が多く、遊歩道が水没していました。











鶴巻橋を渡り井土ヶ谷方面に向かいます。







気象庁では夕方からの雷雨の注意を呼びかけていました。
大きな雷鳴が聞こえましたが、幸いにも雨には降られませんでした。

FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント

大岡川を歩く(14)

2013-08-21 09:24:43 | 日記
弘明寺商店街は弘明寺の門前町として賑わっています。


商店街の入口は鎌倉街道です。























商店街を大岡川が横切っています。橋の上にもアーケードが掛かっています。


FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント (5)

大岡川を歩く(13)

2013-08-19 10:14:00 | 日記
今朝もひどく暑い。
妻の助言を受け入れて、午前中に撮影に出掛けました。
お陰で涼しいうちに撮影が終了しました。
今回は、上大岡から旧鎌倉街道を通って弘明寺に向かいました。
旧道には新道にはない街並みが見られるだろうと思ったからです。


旧道は道幅も狭く交通量も少ない落ちついた街並みです。











捺染関係の店を見つけました。気がついたのはこの一軒だけでした。











旧道と新道の合流点。途端に賑やかになりました。弘明寺は直ぐそこです。

旧道に沿って、以前は捺染工場の職人の家や関係する家や店が軒を連ねていたのではないでしょうか。
捺染業が衰退する中で徐々に住宅地などに置き換わっていったと思われます。


FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント (2)

大岡川を歩く(12)

2013-08-17 15:24:53 | 日記
横浜はかっては絹製品の一大集積地でした。
絹織物に付加価値を付けるべくそれまでの木版画の技術を応用し布に捺染を施した製品は
横浜スカーフのブランドで広く世界に輸出されました。


中里橋。戦前戦後を通じてこの付近にも捺染工場がたくさんありました。





現在では多くの捺染工場は廃業したり移転したりしてほとんど残っていません。当時の様子はカメやコイに聞いても分からないかな?





右から流れてきた川はここでほぼ直角に曲がります。階段状の親水施設は流れの圧力を弱める働きもしているのでしょうか。




どちらが先かと言えば、柵が先に出来ていたのでしょうから、後から木がこれだけ成長したわけです。
こんな風に柵に首根っこを押さえられては、木も身の不幸を嘆いていることでしょう。


FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント (5)

大岡川を歩く(11)

2013-08-15 10:34:26 | 日記
上大岡から大岡川を下流に向かって歩き出します。
川幅は広がってきました。生活汚水が流れ込んでいるようで、川の汚れが気になります。

最初に現れたのは最戸下橋です。渡っているのは鎌倉街道。





橋の先には河床に降りる道が付いていましたがあまり整備されていません。





何かの工場のようです。





ゴミ集積場に集まるハト。ゴミは回収されていますがハトたちが群れていました。1メートルぐらいに近寄っても逃げようとしません。


FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント

大岡川を歩く(10)

2013-08-13 10:06:06 | 日記
甲子園では横浜高校が丸亀に快勝しました。この調子でめざせ甲子園制覇!!
横浜高校は京急富岡と能見台の間にあり、車窓からグランドがよく見えます。
野球部はよく練習しており応援したくなります。

冷房のよく利いた電車を降りると、駅構内は灼熱地獄のよう。
「大岡川を歩く」の後半は上大岡から下流に向かって歩きます。
しかしあまりの暑さに、今日の予定の弘明寺まで歩くことが出来るか心配になりました。


駅裏から歩き始めます。目指すは隣の弘明寺駅です。





ガードの上は複雑な構造。











駅裏の通りは比較的静かで、居酒屋なども目に付きます。


FUJIFILM X20 (35ミリフィルム換算:28ミリ~112ミリ)
コメント (2)