”ほしがき写真散歩”のブログ

”ほしがき”が横須賀市内や旅行先を写真散歩したブログです。

堀之内から浦賀へ(3)

2020-05-22 21:31:26 | 日記
生活道路から離れて比較的広い道路に出てきました。
稲荷神社の前の道は昔から続く浦賀道と言われています。















FUJIFILM  X100V  f=23mm




コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 堀之内から浦賀へ(2) | トップ | 堀之内から浦賀へ(4) »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (siawasekun)
2020-05-23 01:23:57
素敵なショットと解説から様子、雰囲気などが伝わってきました。
とても珍しい色々なショット、見せていただき、siawase気分です。
ありがとうございました。

新型コロナウィルスの感染予防、日々、大切ですね。
密閉、密集、密接をしっかり避けて、予防しましょうね。

応援ポチ(全)。
Unknown (j-garden-hirasato)
2020-05-23 07:19:55
昔からの道かどうかは、
鎮座する神社や建物の古さで分かりますね。
神社の柱が白い屋根はなんでしょうね。
お祭りのときか何かに、
提灯でもぶら下げるのでしょうか。
Unknown (やっとかめ)
2020-05-23 09:30:21
ゼブラゾーンが本当にゼブラのようになってる(笑)。
変だけど、こういうものは交通ルールで描き方が
厳密に決まっているんでしょうね。
近所の横断歩道でも「え、この角度で描く?」というのあります。

1枚目の道からズドンとまっすぐガード下というのは
ありそうでないですよね。
本当に地域住民のために、まめに穴を開けてくれてます。


Unknown (らぴ)
2020-05-23 13:32:45
この細い道を抜ける…
おむかえさん互しが仲良しかな
庭木がいい感じで揃っていて愉しい

ゼブラゾーンって呼ばれるんですね
(今まで見た記憶をチェックしちゃいました ^^)

siawasekunnさん (ほしがき)
2020-05-23 20:51:18
線路の土盛りは昭和初期に造られました。
この辺りは住宅地を横切ったようで
地元住人のために、たくさんの小さなガードが作られています。
住民の生活を大事にしていたのですね。
緊急事態宣言首都圏も解除される雰囲気です。
解除されても気を引き締めて生活しないといけませんね。
i-garden-hirasatoさん (ほしがき)
2020-05-23 20:57:32
この辺りは昔から浦賀道が通っていたそうです。
お稲荷さんの創建は古そうですね。
神社の白い屋根の建造物はおっしゃる通り
提灯などを下げたのかも知れませんね。
やっとかめさん (ほしがき)
2020-05-23 21:02:46
坂道の先は団地です。
住民の安全のためにゼブラゾーンを作ったのでしょうが
これほど一面にゼブラマークを描いたのは見たことがありません。
交通ルールで描き方が決まっているのですか。
住民が勝手に描いたのかと思いました。
本当に、土盛りには生活道路に合わせてたくさんのガードが作られました。
住民の生活を大事にしたのでしょうね。
らぴさん (ほしがき)
2020-05-23 21:10:10
本当に、植木の剪定の仕方などよく似ていますね。
お向かいさんは友人か親戚かも知れません。
庭の広い立派なお宅でした。
 ゼブラゾーンはこんなに派手に描いたのは初めて見ました。
坂の先は団地ですが、住民の安全のために
団地の自治会が描いたのでしょうかね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事