”ほしがき写真散歩”のブログ

”ほしがき”が横須賀市内や旅行先を写真散歩したブログです。

みちのく潮風トレイル(7)

2024-06-14 21:11:00 | 日記
三陸は繰り返し津波の被害を受けています。自然災害伝承碑がありました。



JR陸中八木駅。二日目はここからトレイルを開始しました。線路に沿って歩きます。


東日本大震災で被害を受けた倉庫がそのままになっていました。


踏切の先には津波防潮扉が。


大浜通踏切。踏切の先は直ぐに砂浜。海に一番近い踏切として知られています。


自然災害伝承碑。「地震に気を緊め津波に避難」昭和8年3月3日、昭和三陸地震津波で大きな被害を受けました。
SONY  α7Ⅱ 
コメント (6)    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« みちのく潮風トレイル(6) | トップ | みちのく潮風トレイル(8) »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見応えアリ! (らぴ)
2024-06-14 23:46:00
被害のあった建物もちゃんと片付けてあるんですね
海岸縁りの踏切りは感動モノです
時代を感じさせる日章旗も眼を引きます
いいトレイルコースですね
返信する
Unknown (j-garden-hirasato)
2024-06-15 06:25:50
昭和8年にも津波の被害を受けていても、
また、だったのですね。
歴史は繰り返される、ということですか。
自然に対する認識が、鈍くなってきているのでしょう。
返信する
トレイル (やっとかめ)
2024-06-15 15:35:26
現地に行って歩くようなツアーは
日本中によくあるんですか?
ここの場合
地震とあまちゃんの後に
企画されたような気もしますが。
返信する
Unknown (ほしがき)
2024-06-15 21:33:30
〈やっとかめさん〉
みちのく潮風トレイルは青森県八戸市から
福島県相馬市までの700キロのルートです。
環境省が整備しました。
今回のツアーはその一部を歩きました。
東日本大震災をきっかけにできたようです。
私は初めて参加しましたが
地域の人々の生活の様子がよく見え
大震災の復興の様子もよく分かりました。
得難い経験ができたと感じています。
返信する
Unknown (ほしがき)
2024-06-15 21:40:35
〈i-gradn-hirasatoさん〉
昭和8年の津波では大きな被害が出ました。
津波の教訓からしばらくは高台に
家を建てるようになっていたのですが 
徐々に忘れられて低地にも家が
建つようになったとのことです。
歴史は繰り返すですね。悲しいことです。
返信する
Unknown (ほしがき)
2024-06-15 21:54:58
〈らぴさん〉
今回のトレイルでは北陸の海岸美を堪能でき
その土地の産業や生活も垣間見ることが出来ました。
昭和8年の大津波の伝承碑。
教訓を語り継ぐ事の難しさを伝えていますね。
様々なことが体験できたツアーでした。
返信する

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事