公共の礎

「がん」をはじめとする難病を征圧しましょう!私達は「保障ネット」に参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

官僚スキャンダル自体は、どの政権でもありうるでしょう

2018年04月17日 09時37分51秒 | マスコミ
財務次官の話、確かに問題かと思いますが、このこと自体は、
必ずしも安倍政権と直接のつながりは薄いのではないかと
思います。


もちろん、政権による人選ということもありますが、こういう事案は、
政権交代をした場合でも起こってくることだろうと思います。


森友や加計の場合は、安倍政権が直接関係しています。
役人が勝手に「忖度」したのだから、と切って捨てるのは酷い話です。
閣僚の誰かとかではなく、首相本人のために役人が改ざんをしている
点こそが問題なのです。


財務次官のことで、森友や加計の印象が薄れていくことのないように
してほしいですし、また、官僚スキャンダルが起きれば、すぐに
政権云々する風潮を野党が作ることは、将来、自分達の首を絞める
ことになります。


再度言いますが、財務次官の話が軽いというのではありません。
政権と安易に結び付けるべきではないと言いたいのです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« カジノ推進は道徳を破壊し、... | トップ | 官僚の任命責任追及は愚 政... »
最近の画像もっと見る

マスコミ」カテゴリの最新記事