公共の礎

「がん」をはじめとする難病を征圧しましょう!私達は「保障ネット」に参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

多様な幼児教育・保育をどう補助するか

2017年11月08日 09時39分32秒 | 教育・研究
現在も自治体によって一定額の補助が出ているところが多いです。
国がきちんと実施するのは良いことだと思います。


ただ、考えなくてはいけないのは、

(1)多様な幼児教育・保育をどう補助するのか

(2)私立任せで良いのか

(3)幼児教育や保育を担う人材をどう確保するか

ということだと思います。


(1)の多様さですが、

これは実に悩ましいです。

幼稚園でも定員が少ないところもあれば、少人数でやっている
ところもあります。また、授業料も様々です。

また、保育も認可もあれば、無認可もあります。

無認可が悪いのではなく、それぞれが理想を追求して
いるところも少なくありません。


認可であっても、ブラックな職場で、内容もいい加減な
ところもあります。


高い授業料で経営している俗にいう「セレブ的」なところも
同じように無償化するのが公平化どうか、

認可保育所に入れた人だけ無償化するのが公平化どうか

しかし、質の確認できない無認可保育所を無償化するのが
よいのかどうか


ならば、教育クーポンで、という人もいるでしょう。
ご存知の方が多いと思いますが、教育機関なら何でも使える
切符みたいなものです。それを国が発行するわけです。

この場合も、それが使える教育機関の認証みたいなものは
必要でしょうし、その監督・監視は必要になります。

それは内容というより、安全性の確保などということになる
でしょう。

もっとも、こうなってくると、良い幼児教育に誘導しようという
政策的な意図は弱まることになります。


小中学校ならできているではないか、という人もいるでしょうが、
小中学校はずいぶんと枠にはまっています。


幼児教育・保育ほど多様性はありません。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 在日米軍は日本を守ってくれ... | トップ | 幼稚園経営をしている議員が... »
最近の画像もっと見る

教育・研究」カテゴリの最新記事