公共の礎

「がん」をはじめとする難病を征圧しましょう!私達は「保障ネット」に参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

電通の事件 「過労」と呼ぶべきではない パワハラが主原因ではないのか

2017年11月13日 08時34分11秒 | ワークシェアリング・労働
再度書くのですが、電通の事件を「過労自殺」と記すメディアが
あります。


朝日新聞 過労自殺問題
http://www.asahi.com/topics/word/%E9%81%8E%E5%8A%B4%E8%87%AA%E6%AE%BA%E5%95%8F%E9%A1%8C.html



「過労」という言葉を使う限り、誤解が多くなります。


日常会話の中で、


「私なんか1カ月50時間くらいサービス残業しているよ」と
言って、自殺に追い込まれたほうを批判するような人もいます。


しかし、あの事件は経緯を見る限り、過労だけが原因ではないでしょう。


パワハラが、自殺の原因と見るべきではないでしょうか。


「会社の責任」とされて、直接の上司は免責でしょうか。
ネットで吊るし上げて、さらして、というようなことを求めている
のではなく、当の本人達の責任を、法的に問うことが必要ではないか
と思います。


学校の教員のパワハラというような話は、当の本人がバッシングされ
るにもかかわらず、「電通」の話だと弱いと思うのは誤解でしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 幼稚園経営をしている議員が... | トップ | 定休日を増やそう »
最近の画像もっと見る

ワークシェアリング・労働」カテゴリの最新記事