シナシナシナ

2014年12月まで延世大学語学堂に留学
2015年9月に韓国人の彼と結婚しました♪

TOPIK試験まで

人気ブログランキングにクリックお願いします♪

よろしければ、フェイスブックやアメブロの「いいね」のかわりに
ランキングの↓バナーにクリックをお願いします!
更新の励みになりますのでよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

コメント欄に韓国語入力できません

コメントはお気軽にどうぞ~
韓国語を入力すると文字化けしてしまいますのでご注意くださいませ。

高校生の人間関係 その後

2018-12-08 | 日本語レッスン
その後です

11月の留学試験が終わって
12月1日にあったJLPTが終わったので
高校3年生達は解放ムード
ほとんどが塾に来なくなりました

まだ進路が決まってない状態ですが
3月までバイトするそうです
なんかその余裕にビックリ


引き続き会話の授業を受けている学生が
ぽろっと漏らした本音

(この間の女子二人の喧嘩をみて)人間関係ってこうやって簡単に壊れるんだと思ったら怖くなった、そうです。

一人(A)は、すぐに別の子にべったりくっついて
もう一人の子(B)を完全無視するという状態でした。
その学生の話だと、Aは仲良くなった子と別の塾に移ったのだとか。
今の時期に移るということは浪人生になるという事。
たしかに面接対策の模擬面接にもこなかったので、あの大学の試験受けなかったのかも。
今年の進学は諦めたのかもしれません。


余裕ぶっこいている学生の傍らで
日本まで本命の試験を受けに行って、予想以上の難しさに落ち込んで帰ってきた子もいます。
今は国立大学の試験に全力を注いでいますが、どこでもいいから受かって欲しいのでは無く、この子には希望したところに入ってもらいたいです。

留学生入試は日本に行く場合と韓国で受験できる場合があり
日本まで行った子は、大学を直接見てこの大学入りたいと強く思って帰ってくるようです。
今、日本で日本語を勉強している子たちは、予め学校見学にも行けてうらやましいと言っていました。

塾自体が、学校の本試験に対するデータ不足もありますね。
留学試験(日本語)とJLPTの対策はしてても、それ以外がちょっとデータがなさすぎます。。。


ちょっと話がそれました。

高校生たち、一般の子達も修能試験が終わってだらーっとしているので全体的に卒業前ムードなのでしょうね。

寒波到来で朝の気温が-10度
最近ちょっと暖かく油断してたので寒さがこたえます

今日試験を受けに行く子が何人かいるので
ここは全員合格して欲しいです。
ファイティン
コメント

高校生の人間関係

2018-11-21 | 日本語レッスン
塾の人間関係って
生徒同士はそんなに仲良くならないのかと思っていましたが
特にこういう1週間ほぼ毎日顔を合わし、だいたいみんな同じ授業を取ってるような所だと違う学校の生徒でも、次第に友達関係になっていきますね


今まで全然だったのに急に仲が良くなったり
親友だと思っていたのに急に仲が悪くなったり


前者は切磋琢磨の関係になったら二人とも急に成績が上がったりするので、そういう良い関係なら私も大歓迎
仲良くなるのはいいですが、勉強しなくなっちゃう子もいます。これはカップルに多いタイプ。

後者はほんとに困ります。
二人だけの世界でとどまらないので
カップルの場合は、険悪な雰囲気になって一人が辞めたりします。
もったいないなーと思います。



今回は中学からの親友の女子二人
一緒に日本に行ったり、一緒の大学に行きたいと言っていたのに
留学試験が終わった今のこのタイミングで仲違い

でも今日教えてもらった情報では
どうやら留学試験の出来がケンカの原因のようだという事。
一人は全然勉強しないのに、プライドが高い!負けたと思ったのかな?
でも詳しいところはわかりません

ずっと一緒にいるのでクラスの子達も変化に気がつかないはずもなく
みんなで仲良く話すフリートーキングの授業が始まったのに、そういう雰囲気でも無く微妙な空気

この状況で2週間やってみたけど
仲直りする感じもないので
楽しく話す雰囲気でもないので、3分スピーチを復活させようかななんて思ってます。

私が高校生の時なんて先生は学生の人間関係なんて興味ないとか関係無いとか思ってましたが
結構リアルにわかりますね
遠くから見守っていますが、合わないなら仕方ないので、そのままでもいいけど
今の状態で同じ大学に通うとか、そういうことにならないといいなーと思います。

この微妙な人間関係を考慮してグループ分けをするべきか悩みますね
本試験が続々と終わったら、来なくなる子もいるだろうから、様子見の状態です




コメント

7月から塾の授業がいろいろ変わりました

2018-07-06 | 日本語レッスン
6月の留学試験が終わり
7月から、生徒の入れ替えがありました。


今まで月曜と水曜に会話兼作文という授業をしていました。
2コマあるうちの1コマ目は中上級、2コマ目が初中級というレベルでしたが
7月から2コマ目の子たちが軒並み1コマ目に移動をしてきたことで
初中級のクラスが、初級の子たちだけに。

日本語の勉強を始めて4か月くらい。
4か月と言っても、この子たちはほぼ毎日塾に来ているので
普通の4か月のレベルではないですね。
延世の語学堂だと3級手前くらいのレベル。
先生の言っていることはなんとかわかるけど
話すのは苦手!という感じ。

先月までは、ガンガン作文を書かせていたけど
このクラスではそれは無理そう。
とりあえず、自己紹介とかをまず言わせて
それを紙にかいて添削、添削されたのをもう一度書くという感じにしています。

4人しかいないからできる、
かゆいところに手が届く、個別指導みたいな授業。
幸いすごいやる気のある男子がいて、先生を笑わせるような文章を書く!と頑張ってくれているのがありがたいですね。
書くの苦手っていうのをなんとか阻止したいので
このクラスに関しては、しばらくこの調子で話すと書くを練習をする予定です。
最初の予定からだいぶ狂ったけど、私的には楽な方向にずれたので、ほっとしています。


1コマ目のクラスは
うーん。クラスばっかり上がって、実力があまり追いつかない子が多いです。
家で勉強していないんだろうなー。
14人いるうちの、2人くらいは、言わなくても自分で作文書いてきたり、準備をちゃんとしてくる子もいるんですが
あとは、次回のテーマを与えても全然考えてこない。
ま。。。いいんです。
それでも、男子の中にゲームは受験が終わるまでしないことにしました。という子もでてきて
徐々にやらないとヤバいと思う子が増えてきている様子です。シメシメ

私は、やらない人は置いていくという方針。
作文って特に自分がやる気にならないと何度も同じ間違いをするし
次回書くよっていって、次回来ない子まで相手にできないので
一生懸命くらいついてくる子には、しっかり指導することにしています。

ただこちらも、最初考えていたスケジュールは全くこなせない。
だからといって、このレベルで何をする?という感じの状態。
人数多すぎて、初級クラスのような個別指導はできないし。
こっちのクラスについてはもうちょっとなんか考えないといけない状況です。

コメント

グループディスカッションをしてみました

2018-04-24 | 日本語レッスン
塾の会話クラス
初級のクラスでのできごと
初級といっても3級レベル

いつもは3分スピーチをして
質疑応答をしていますが
最近はスピーチの内容も薄く
そもそも他の人の話を聞かないので
質問も出てきません

なので今日は5人ずつに別れて
テーマディスカッションをしてもらいました

ザクッと半分に分けてみたら
話せる子5人、会話が苦手な子5人で分れてしまって。
まずいなーと思ったんですが
始めてみました

そしたら
苦手チーム側、どんより
誰も話しません
男子捕まえて進行役させたら、できないと。
しょうがないので、付きっきりで言う内容を教えていたら
チームの女子1名から
「このチームやだ」と言う声が

どうして?と聞いたら
「仲のいい子がいないから面白くない」「つまらない」と。

仲のよい子がいないからって
ちょっとひどいなーと思いませんか?
子供かよ

まずこれは授業なので仲のいい人がいるとか関係ない
周りの人に失礼だ
そんなこと言われたら一緒に話せなくなる

とさすがに注意しました
こういう子の扱いをもう少し私も学ばなければと思いました。

それにしてもすごいなーと
普通思ってても言わないですよね。
高校3年生ですからね。オドロイタ


でも会話が苦手なチームは会話が苦手なだけで
作文がうまい子が多いです。その子以外は。。。
会話が苦手だからって、自己表現ができないわけではないのです。
会話で使う表現がわからないだけで、それさえなれたら会話もグッと伸びると思ってるので
そういうつまらない言葉に傷ついてほしくないなと思っています。

授業の進行も難しいけど、授業以外の生徒のモチベーションの管理もっと難しいなーと思ってます


コメント

会話レッスンが始まりました

2018-03-16 | 日本語レッスン
3月から塾では新しい生徒さんたちとの会話レッスンがスタートしました

会話レッスンをするにあたり副院長から指示されたのは
3分間スピーチをさせて聞いてる人が質問をする。書いてきた原稿を添削する。
会話だけど書くこともさせてほしいということで
まさに延世の新聞発表のような感じの内容でした。

だったら、新聞発表のように発表者が聞いてる人に質問もさせることにしました。
3分スピーチ+質問タイムで初級は1人8分、中級は1人10分を目安にしています。


初級と中級の二クラスありますが
始めてみると、初級の子はちゃんと準備をしてきますが、紙を見て発表する子が多いですね。
話を聞いて質問できる子はやっぱりかなりできる子。それは2人くらいでしょうか。
でも内容確認したらちゃんと聞き取れてる子が多いので、聞けるけど作文をするのはまだ難しいというレベルの子が多い印象です。
それでも頑張っているのでよし。

中級はもうちょっとレベルが高くて
3分間スピーチですが5分くらい話せる子もおおいし質問含めたら全部で12分くらい話している子もいます。
自分からよくしゃべってくれる子が二人いるのでその子たちを中心に進めています。

何よりも私が普通のスピードで話しても通じるのが楽チン。
人数少ないので10分越えてもいいし、話が脱線してもいいと言って自由に話してもらっています。
質問者にじゃなくて私に質問来ることも多いですが、私が答えたら同じ質問をみんなに答えてもらう感じで、まんべんなく指名する感じにしています。あとは、どっちかを答えるような場合には手をあげさせたりするのは私が仕切っていますが、人数が少ないのでどんなにがんばっても20分位は余ってしまう感じです。
この20分を埋めるためにクイズを出したりしています。

高校生は結構柔軟だなと思っています
嫌でもやらないといけないし、半強制なのでしょうがないなと思う諦めもあるのかな。
いろんな意味で大人な雰囲気の子たちです
でもやっぱり発表1番はやりたくないようで、最初は私とのジャンケン大会から始まります。笑

でもやっぱり個人差はかなりあって完璧な原稿を書いてくる子もいれば、何を書こうとしているのか全く訳のわからない子もいます。
書いてきてといっても書いてこないとかもあるけど、ま。。。スピーチしてくれればいいと思うことにしてます。
ガチガチに固めて来なくなっちゃうよりいいかな。


そしてボランティアでやってる方たちの授業も
今日からテキストが変わりました。
会話をやりたいと言うので塾の中級の子たちが使ってるテキストをやることにしました。
いつも書いてる作文を塾形式に変えました。
でも作文は毎週書いてたので
変えたのはテーマを決めて書くって言うことだけなのに
変えたとたんに書けないとか
ストレスだとか始まりました。。。
今まで見ないで言えるように練習して来てた人もいたのに
その人まで紙を見ないと言えないとか言い出すし
あー急な変化に対応するのはやっぱりストレスなんだなーと私も理解しました。

毎回友達と会ったときの話をして「楽しい時間を過ごしました」で締めくくるワンパターンな作文を書いていた人がストレスだといっていたので、それは正直そうだろうなぁと予想はしていたんですが
みんながストレスと言うなら元に戻します
来週まで様子をみてみようかな

このチームは中級のテキストまで終わってるのに、ほとんど忘れているので
私が日本語で話して韓国語で話して、理解した人がさらに韓国語で説明するって言う状況
会話やりたいってよりも
会話に使えるフレーズを教えてほしいって感じのようでした
漠然と会話したいと言うけれどやっぱり目指しているゴールは私が考えるところよりもだいぶ簡単なところにある感じです。
それなら内容はそれなりになりますね

正直3分スピーチのやり方を理解してもらうのに1時間かかるとは、ちょっとビックリしました
塾のやり方取り入れて楽しようと思ったのが間違いだったのかなー
ボランティアにそこまで労力かけたくないのが本音なんですが、文句多くて困っちゃうな。








コメント

覚えないなら何冊やったって同じですよ

2018-02-07 | 日本語レッスン
ボランティアでやっている方々の件

今のテキストが難しいだのつまらないだの
相変わらず文句が多いのであと半年分位あるものを前倒しして他のテキストに移ることにしたんですが
何をやりたいのかいまいちわからないので
手持ちのテキストを紹介することにしました

今のテキストはJPTの3級、2級レベルの文法が出てくるものです
今教えている塾の生徒たちとだいたいテキストのレベルは同じなんですが
でも学生とは覚えている単語量が相当違うので
難しいんだそうです

相変わらずテレビ、映画、音楽等全然興味がないとのことで
日本語に触れる機会が全くといっていいほどない方たち
お一人は年1位で日本旅行にいきますが
他の方は、日本にいく予定もないようです
会話をしたいと言うので
会話レベルはきっと旅行会話なのかな?と思い始めてきました

私がいても日本語で話させてくれません
授業は8割韓国語
日本語で話すとキョトンとして
韓国語で訳をしてくれと言われる皆さんたち

そんな状態で会話かーと
私が悩んでいます

でも
塾で使っている教材に移る方が私の負担は減るので
さっさとテキストを決めたいところです
(たぶん塾用のスクリプト以外に説明が増えそうな予感ですが。。。)

相変わらず
ドラマや映画には興味を示さないし
予習はしても復習はしないので
終わったら忘れるのみ
平気で「最初の方は覚えてない」とかいうし
いいの活用が今日はできませんでしたね
よくない を いいじゃない とか
よくなかったです を いいじゃないでした とか普通に出てきます
大人になる が 大人がなる
友達に会う が 友達を会う と韓国語に引きずられた間違いもしょっちゅう
そこ??という基本的なところの間違いが毎週のこと。
ほんとに毎週なんです。
全然意識して練習してないのでいろんな部分がごっちゃ混ぜ
この状態が一年前から変わりません
教えてて悲しくなってきますね


今グループレッスンの方たちが
動詞ます形なので
そこまで戻ります?って聞いたら嫌って言われた 笑
自分で復習できないのになぜだー


耐えかねて私の口から出たのがタイトルの言葉
会話はフレーズをそのまま覚えたことの積み重ね
このフレーズ使えそうだなと思った言葉を何度も練習したりしないと会話はできるようにならないですよ
定期的に入門や初級のテキストを確認するようにしてくださいといっても、不思議と全然響かないんですよね。
いや2人にはたぶん響いているけど、響かないのは1人だけかな
やるかやらないかは自分次第ですけどね
3人の中で差がかなり開いている気がします

そういう人に限って、自分のレベルよりも難しいのをやった方がためになるって言うんですよね
それはしっかり勉強する人が言う言葉!!
言いませんでしたけど
たぶん誰もがそう思うはず

もどかしいなー
もうそろそろやめていいかなー という気持ちと戦っています。
教科書変わったらやめられないな。やっぱりもうちょっと頑張らなきゃな


コメント (4)

キレました

2018-01-25 | 日本語レッスン
1月から塾で会話のレッスンが始まりました
中級会話ということですが
やってることはそんなに難しくありません

ということは
学生は、そんなの知ってるよ!という感じになるもので

説明しても 眠そう
ロールプレイやらせても 適当にすませて おしまい

という感じの3人の授業

わかってるからか予習もしてこないし
平気で韓国語で私語をする子たち

で、しまいに月曜日みんな来なかった
しめしあわせてこなかったわけではないようですが
時間に来ないと責任者の先生が直接電話をするシステム

先生が電話をしたら
今日は誕生日なので家族と食事にいきます
とか
日本に旅行に行ってていまインチョンについたとか

事前に言っとけって言うふざけた理由だったため

サトコ先生
さすがに切れました
休んだことに関してはもうしょうがないけど
次からは事前に言いなさいと

あと

ちょっと気になることがあるんだけどさ
授業中にそんなに私語ってしていいの?

って軽く聞いたら
ヤバいと思ったようで
一瞬で空気が凍りました 笑

生徒もそういう風に言われると思ってなかったようで

ぼそっと「他ではそんなにしゃべりません」
ですって

なめられたもんです

「会話の授業ですから(韓国語でしゃべってる)」
とふざけたことを言う子には
「日本語の会話の授業で韓国語でしゃべってたら意味ないでしょ」とピシャリ
「私語は日本語ならOK」ということにしました

途端に しーんとなる教室 笑

今日は韓国語の私語禁止。した時点で注意
授業中の携帯禁止
ロールプレイは学生同士でふざけてやるなら私とやる

もちろんロールプレイでは私はネイティブスピードで話しますので
相当ビビったみたいです


あとで聞いたら
内容が難しいんだそうです
他の先生から引き継いだクラスですが
特に申し渡しのようなこともなく
できる子たちなので内容が簡単なようなら気軽に話す感じの授業でと言われてたし
本人にたちもわかった風な態度をするのですっかり騙されてた 笑

ちょっとシメたらおとなしくなったので、一旦シメるのはここまででしばらく様子見
また目に余るようなら考えなきゃないけないですが、私ももうちょっと授業の構成を考えないといけないようですね




コメント

初授業!疲れた~

2017-10-15 | 日本語レッスン
昨日、塾の初授業でしたー

5時間しゃべりっぱなし!
疲れたー

やっぱり思うようには進まず
小論文の生徒は、まさかの今の段階で志望校が決まっていない&将来の夢がないという今時の学生でした
地方の学校を考えていたけど、アニメオタクなので秋葉原にいきたいから、関東の学校にしようかな?と悩んでいる様子 笑
書いてこいと学院長先生が言っていた自己紹介書も書いてこず
ま。それは予想していたのですが
まさかの将来の夢がないということで、自己分析の時間となってしまいました
それはしょうがないですね

一応、途中まで一緒に考えた部分をかいてきてねと宿題に
幸いに日本語が上手だったので安心しました

総合科目は学生が6人
日本語のレベルにだいぶ差がありそうですが
なんとか説明聞き取れるみたいです

ゆっくり簡単な言葉を使ったり、黒板の板書とかなれてなかったのもあり
やっぱり予定の半分しか進みませんでした
でもそれも予想通り

最初はみんなおとなしかったけど
数字の部分を読んでもらうとか
1番だと思う人!とか手あげてもらったり
考える為のヒントを与えてやってもらうとかしたら
だいぶ反応が良くなってきたので次回からもそんな感じでやっていこうと思います

旦那が休みだったので送り迎えしてもらい
夜は外で食べて、帰ってきたら8時半くらいだったけど余りに疲れてまさにバタンキュー 笑
いきなり寒くなって風邪っぽかったんですがすっかり良くなりました

やっぱりだいぶプレッシャーだったようです
でも1回やったので、なんとか頑張れそうです
コメント

いよいよ今週から塾の授業が始まります

2017-10-11 | 日本語レッスン
先日決まった塾のお仕事 → こちら

連休明けからということなので、今週末からスタートになります。

なんか始まるまで1か月いただいて、すごいありがたいんですが
プレッシャーがすごい (笑)

私はEJU日本留学試験の総合科目と
個別の大学入試の小論文の担当ということなんですが
自分の能力以上のことを任されている気がします。
が、新しいことを始めるのもワクワクする気持ちもあるので、今のところ
プレッシャーだけど、新しい生徒さんとの出会いも楽しみなのです。

教材研究一緒にしてくれるという話でしたが
やっぱりなく、だいぶ丸投げだったんですが
丸投げにしてくれたおかげで、授業準備が進みました。
手取り足取り教えられたら、そこから外れるときにお伺い立てないといけないし
そもそも、今まで手取り足取り教えてもらったことがそんなにない。。。のです。
なので慣れっこ。


しかも聞いた話だと、前任の先生はすぐやめちゃったぽい。
ま。。。しょうがないですよね。
日本語教師と聞いて面接受けに行ったのに、小論文の指導して!って言われたらひくわー

でも私のいいところ。(自分で言うけど)
全然動じないところ。
あー高いもの求められてるなと思ったら、そこに行きゃいいんでしょと思う。
面接のときに、おそらく学院長先生は
過去問見てドン引きすると予想していたそうですが
「私も勉強しないといけないですね~」といったのを聞いて、安心したんだそうです。


こっちに来て
「できます」ということの大切さを知りました。
採用やってて何言うんだと思いますが
日本にいたら、できるっていうと、「絶対」で
入ってみてできなかったら、期待外れ的な扱いをされたりするので
できますって簡単に言えない雰囲気ができてますけど
こちらでは、そこまでではない。
初めてのことだからできなくて当然という、気持ちが採用する側にもあるようです。
だからこそ、「できます」って言えないのはポイントが低くなるのです。
謙遜は通じないと思った方がいいです。
今回は、どちらかというと、相手もかなり恐縮していたので
「やってみます」という雰囲気でも大丈夫でしたが、
以前履歴書を書いて出した仕事の面接は、自信なさげにうつってしまったのが採用されなかった理由ではないかと思っています。


小論文担当ですけど、私TOPIKの作文なんて全然書けなかったのにね
無謀すぎる。と自分でも思います。
でも、5級の時に作文の書き方的なことをちょっと教わったし
留学中もエッセイの得点はかなり高かったし。
自信はないですけど、でもやってやれないことはないと思うのです。

通教だったから何となくレポートとか卒論とか書いていたし。
留学生、しかも高校生が書く作文だから
まぁなんとかなるんじゃないかと
書き方はこれ、じゃこのお題で書いてね~って言ったって書けないですよね。
なので、キーワードの説明から、問題点とかは意見を出してもらって
段落ごと構成を私がお手伝しながら何を書くのか一緒に考えて
それをもとに、家でまとめてきてねーという形で作文を書いてもらうよていです。
そこまで一緒にやったら、書けるでしょっていう流れ。
なんとかできるんじゃないかな?なんて思っているわけです。(相当楽観的 笑)

日本には留学試験の作文対策の本も出ているので
お取り寄せして、これに沿って教えていく予定です。
100%オリジナルの授業は難しいので、ガイド的なものは必要だと思っています。

多分辞めちゃった人、塾の先生にドン!と渡された本を最初からやっていたらしいけど
すっごい分厚い本の14ページまでやったんですって。14ページって・・・
その本を使っちゃったから無理だったんだと思うのです。
だって、留学生向けじゃなくて日本の受験生向けの小論文の過去問で、よくある数年分の過去問がダイジェストになってるやつ。
ダイジェストだと、小論文の問題の資料の文章が省略されているので、これでは全然問題を使った練習ってできないんですよね。
おそらくそれで煮詰まったんだと思います。
なので、1か月もらえたことで、このテキストはどう使うのかとか
他のテキストはどうだとか、そういう研究が自分なりにできたのはありがたかったなと思っています。
11月の試験までは、直前の試験対策になるように重要なところだけかいつまんで、
試験後はもう少し、ゆっくりと重要なところから時間をかけてやっていこうと思っています。
うまくいかなかったら、やりながら考えます。



あと総合科目
これは、地理歴史、公民、現代社会などの内容が網羅されている科目
歴史も日本史よりは世界史で、産業革命あたり以降が試験範囲の様子。
ほら、日本の歴史教育って、最初からやるから、試験に出る重要なところって、学校ではほぼやらないので、例にもれず私もよくわかってません。。(笑)
史学科でてますけど、ほら、最後の3年は韓国現代史だったし
授業も古代中世ばっかりとってたので、通史としての世界史とか全然知らないし
プロイセン?なんですかそれ??って感じだし
ポーランドってば何回国なくなってるの?って感じだし。
1か月かけてその辺の歴史を整理しました。
過去問も4回分解いて、さらに塾に電話して4回分手に入れてきました。
やれるだけのことはやったし、一応塾側にも頑張ってるよーとアピールしました。(笑)
だけどまだ、経済の部分まで手が回らない状態。
GDPとか、為替とか、何のことやらさっぱりです。

でも、とりあえず試験までは、過去問の解説を中心に
試験が終わったら、一日に扱うテーマを決めて、説明して
過去問からめて問題を解いてもらう形式にする予定です。

ただ、高校生の倍以上生きていると、経験でわかることも多く
過去問に、1980年代にリーダーだった人物の組み合わせという問題がでてきたんですが
イギリスのブレア、サッチャー
日本の中曽根、小泉 という選択肢
これは、サービス問題か?と思うのはアラフォー以上ですよ 笑

ただ、こういうの
私は実際に知っているので、説明しなくても正解が選べますが
高校生には説明が必要なんですよね。
下手したら、外国のリーダーなんて知らない子もいるんじゃないかと
じゃ、これらの人たちが何をしたのか?と言われたらちゃんと準備しないといけないわけです。
大変 (笑)


ただ私の場合
準備しすぎという傾向があるので
きっと足りないくらいでも大丈夫だと思っています。
(シイタケ占いにも「何とかなるという気持ちが必要だ」と書いてあって だいぶこの言葉に助けられています)

とりあえず、初日終わったら相当へとへとになる予想
明日からほかの日本語のレッスンも再開するので、そっちも手を抜かないように頑張ります。
私よりも周りの、ボランティアでやってるチームの皆さんがめっちゃ心配してくれて
連休中激励会まで開いてくれました(笑)
きっと何とかなりますよー がんばろー
コメント (2)

この間の方のレッスンは終了することにしました

2017-09-25 | 日本語レッスン
先週の話から1週間
本日レッスンをして、契約を終了することにしました

私もこのままでの週2回のレッスンの継続は無理
終了するか、続けるなら週1日、または同じテキストを使っているボランティアのグループに入るという提案をしようと思っていましたが
生徒さんから終了の申し出がありました

色々とはなしましたが
日本語以外の興味がたくさんある方なので
どんなに考えても日本語の勉強をする時間がないということでした
勉強は少し休んで、時間の余裕ができてまた始めたくなったときに
他の先生を探してもいいし、
お互いの都合が合うようならばレッスンをしましょうということになりました

今回の件は私も勉強になりました
1、やる気のある人でも、勉強時間が無く、上達したいと言う気持ちに追い付かない人もいる
2、勉強する時間がない人は、少しずつ勉強すればいいと思っている訳ではない
3、家で勉強できなくても授業は受けたい
4、そういう人たちの上達に対しての葛藤は
常に頑張ってる人よりも多い
特に3つめはよくありがちなので
(私も日本で語学学校に通っていたときはそうでした)
そういう人たちと一対一でレッスンをする場合
どのように接して教えたら満足してもらえるのかはこれからも課題になりそうです

半年間のうち2ヶ月に1回位
繰り返す終わりのない悩みに正直私も疲れていたところもあり、今回の件はこれで良かったと思うことにしたいと思います

コメント (6)