TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




しんしんと寒い一日だった。この季節は、新年会などをハシゴして、人に会い続ける日々が続いている。昨日は、八王子駅前で市長予定候補の橋本よしひろさんを囲んで、川田龍平さん(参議院議員・無所属)、笠井亮さん(衆議院議員・日本共産党)と共に激励の演説をした。橋本さんは、圏央道のトンネル工事にともなう湧水の枯渇などの自然破壊を公共事業チェック議員の会で視察に行った時に知り合った。今のところ民主党は自主投票の様子だが、何とか野党結集で東京の大都市で勝利を飾りたいと思う。

[関連記事]

1月20日告示、1月27日投票で、東京都八王子市の市長選挙が行われます。無所属新人で橋本よしひろさんが立候補する予定ですが、社民党は、ネット・共産とともに、橋本よしひろさんの推薦を決定しました。

 橋本さんは、民間企業を退職後、「高尾山の自然をまもる市民の会」事務局長、首都圏道路問題連絡会事務局長、道路公害反対運動全国連絡会事務局長、高尾山天狗裁判原告団事務局長として、いっかんして高尾山の自然を守る活動を進めてきました。永六輔さんや坂本龍一さんらも橋本さんの実績に注目して応援しています。

[引用終わり]

さて、時の流れについて考えてみる。「保坂さん、初当選からどのぐらいになりますか」と聞かれて、「12年です」と答えると、「もうそんなになりますか」と言われる。途中2年間の浪人期間を含めて、永田町やその付近に身を置いてきたことになる。「永田町の常識や慣習」に染まらずに、市民感覚にもっとも近い位置で活動を続けたいと願ってきたが、「いわゆる政治家タイプ」にならないように気をつけてきた。年末のみのもんたの特番に出て「あなたの一番大切なものは」という質問に、迷わず「言葉」と書いた。

自分の発している言葉が本物かどうか。人や事実を裏切った言葉になっていないか、片手を胸に当てて自省してみることが大事だと私は考えている。心にもないことを社交辞令で述べたり、本心と反対のことを大げさに言うなどオールドスタイルの「いわゆる政治家タイプ」は永田町でも激減してきているが、言葉に対しての感度が鈍く、人を切る言葉は我が身をも切り裂くのだということを知らない人々も多い。

今日も街頭でマイクを握った。寒風の中、手をふってくれた人たちや会釈を投げてくれた人たちに感謝をしつつ、2008年の政治の扉を拓く言葉を探りながら、訴えを続けている。今の自民・公明政権がダメだということは、皆さん百もご承知だ。
だが、政権交代と言うけれども「いったい何が変わるのか」について、明確なイメージとビジョンを私たちがより明確に示していくべきだと感じた。

明日は、社会保険庁から質問主意書への答弁書が返ってくる。いったい何が出でくるのか、また答弁拒否なのか。じっくり読んでこのブログで報告したい。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )



« 大連立の芽は... 臨時国会閉会... »
 
ルワンダの赦し・・それと、もっかい伊勢崎さんの番組宣伝 (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
今日の朝日新聞の話を書こうと思ったら、「ブログ編集者が見た世界と日本」の松竹伸幸さんに先を越されてしまいました・・・この方に書か...
 
 
 
外国人地方参政権に反対する議員って「保守派」なの?? (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2008.1.14.18:00ころ 「治者」と「被治者」が同一であるべし。 これ
 
 
 
【感想】「烏合衆議社会」と「自己責任」 (人工樂園)
 私がGoogleの国際ブログサービスであるBloggerの門をくぐり,ブロガー道に足を踏み入れたのが4年前の6月頃のこと。当時のBloggerは機能が簡素あるいは貧弱で,インターフェイスも英語オンリーだったことから,日本人ユーザーのコミュニティが独自の発達を遂げたのだが...
 
 
 
アベタンのグチリ (逍遥録 -衒学城奇譚-)
今月号の『文藝春秋』に、前首相のアベタンが辞任についての手記を載せていました。 載ってるのがあの殺人出版社文藝春秋社ですし、ぱらぱらとめくってみれば、買うほどの価値もないので、当然立ち読みですませる。 その程度で充分。 内容はとにかく後付けのイイワケ...
 
 
 
本当に大切な「市民参加の理念」 (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 本日は産経新聞で12年前に議論されていた市民参加の司法制度に関する記事についてです(現在1・2、12年前1・2・3・4)。12年前の状況について、取材にあたった記者は陪審員制度か裁判員制度か区別も...
 
 
 
死ぬな!辞めるな!闘おう!通信08年01月014日 発行  (アッテンボローの雑記帳)
発行■人事交流=強制配転に反対する近畿郵政労働者の会hantaisurukai@
 
 
 
エコノミック・ヒットマンになるためには、欲求不満が、そして野心が必要です (とむ丸の夢)
1981蟷エ縲√ず繝溘繝サ繧ォ繝シ繧ソ繝シ縺九i繝ュ繝翫Ν繝峨繝ャ繝シ繧ャ繝ウ縺ォ螟ァ邨ア鬆倥′譖ソ繧上▲縺溘→縺溘s縲∽クュ蜊礼アウ縺ョ莠後▽縺ョ蝗ス縺ァ縲√い繝。繝ェ繧ォ縺ョ荳也阜謌ヲ逡・縺九i閼ア縺励※迢ャ閾ェ縺ョ蝗ス縺・縺上...
 
 
 
裁判員制度開始にあたっての取材・報道指針~新聞協会発表…何か足りない (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊))
 裁判員法制定にあたっては、職業裁判官ではない市民はメディアの影響を受けやすいとして、「事件に関する報道を行うに当たっては、裁判員、補充裁判員又は裁判員候補者に事件に関する偏見を生ぜしめないように配慮しなければならないものとする」という条項を入れて、偏...
 
 
 
衆院選・・・保坂展人議員を国会へ! (わんばらんす)
      今日、保坂展人議員の新年会に参加してきました。 そして、応援する気持ちを改めて、自分の心に刻んできました。 よろしければ...
 
 
 
[参考情報]ララ・ファビアンと無縁な日本社会の異様な空気/ララ・ファビアンのプロフィール (toxandriaの日記、アートと社会)
(プロローグ) ララ・ファビアンの出身地ベルギーは歴史的に見ても、そして今も大きな矛盾と格闘しながら、その矛盾に飲み込まれぬように必死に努力して生き続けている国です。その現象を短く言うならば、それは「グローバリズムと個や地域としてのアイデンティティの両...