TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




韓国ソウルの青瓦台(大統領府)で小泉総理とノ・ムヒョン大統領との首脳会談が行われた。小泉総理は「靖国参拝」を「戦争の美化や正当化ではなく、二度と戦争を起こしてはいけないという気持ちで参拝している」と述べたが、ノ・ムヒョン大統領は「靖国神社には、過去の戦争を自慢したり栄光に思ったりするような展示があると聞く。首相が参拝をどう説明しても、やはり過去を正当化するものと理解する」と指摘した。

 完全なすれ違いである。さらに、新追悼施設の建設については「建設するかどうかを含めて検討する」(小泉総理)という投げやりな見解を披露するに止まった。そもそも、01年8月13日の靖国神社公式参拝の直後、小泉首相自身が当時の金大中大統領と会って「新追悼施設」の建設を検討すると約束しているのである。

 そして、官邸に福田官房長官の下に私的懇談会が作られて「国立の無宗教の追悼施設が必要だと考える」という答申を出したまま棚ざらしにしたのは、当の小泉総理自身だ。今度は「建設するかどうかも含めて検討する」というのだから「やりませんよ」という意志表示だと対外的には受け止められるだろう。

 小泉総理は、今年は8月15日の靖国参拝を行う予定なのではないか。硫黄島への慰霊式にも参加し、日韓首脳会談も行った。延長国会の会期中に郵政民営化法案に何とか決着をつけられれば、「公約通り15日に参拝する」という外交的自爆行為に踏み出すのではないか。

 そして、小泉総理が総理でいることの理由はなくなる。内外の風圧が高まり、
小泉靖国退陣の道が開かれるのではないか。ふたたび中国・韓国で「反日デモ」「抗議行動」が行われるかもしれない。問題は、日本の若者の中にも「中国や韓国にガタガタ言われたくない」というナショナリズムが台頭し、膨張していく心配である。

 小泉総理自身には自覚がないのだろう。戦争の反省など本音では受け入れることの出来ない清和会のDNAのままに動いているだけだ。小泉政権が一日でも長く続くことで失っていくものはあまりに多い。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 池田香代子さ... 「竹中平蔵っ... »