TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT





8月8日衆議院第1議員会館で『柏崎刈羽原発で何が起きているか』勉強会開催

公共事業チェック議員の会が動き出した。7月16日の地震以後、社民党として第3次調査団まで実施してきたが、参議院の与野党逆転状況も視野に入れて、公共事業チェック議員の会(鳩山由紀夫会長・保坂展人事務局長)で、経済産業省原子力安全・保安院のヒアリング、そして、柏崎刈羽原発調査に入ったメンバーの報告の後で質疑応答を行った。民主党は鳩山由紀夫会長、近藤昭一会長代行、岡崎トミ子副代表、松野信夫議員、平岡秀夫議員、西村ちなみ議員、川内博史議員、共産党から塩川てつや議員、社民党から近藤正道議員、阿部知子議員、日森文尋議員、菅野哲雄議員と私、無所属の川田龍平議員の14人他、秘書12人が代理出席した。

原子力安全・保安院からは原子力安全基盤担当の佐藤均審議官、根井原子力発電検査課長、奥田昌宏原子力防災課長が出席して、柏崎刈羽原発の現況と保安院としての地震後の対応を聞いた。社民党第2次視察団にも同行した海渡雄一弁護士の作成したパワーポイントを見ながら報告があり、続いて第3次視察団に同行した伴秀幸原子力資料情報室共同代表、田中三彦さん(プラント設計者)、湯浅欽次さん(土木工学)も報告を続けた。また、井野博満さん(金属材料学)や山口幸夫さん(原子力資料情報室共同代表)などの専門家も参加した。井野さん、山口さんは東大で鳩山さんの先輩にあたるという。

11時30分から始まった勉強会は、参加議員からの質問や意見も多数出て、13時過ぎまで行われた。ただ、出席を求めた東京電力が出てこなかったために保安院の佐藤審議官に「議員の会」からの調査要求のメモを手渡した。責任をもって東京電力に照会し、私たちに報告をしてくれるように求めて会は終了した。以下、相当の分量になるが、「議員の会」からの調査要求メモを掲載しておく。この内容については、保安院を通して東京電力にも渡してもらい、しかるべき回答を得るようにしたいと確認して散会した。

[資料]

                          2007年8月8日
政府及び東京電力から提出を求める資料一覧
経済産業省原子力安全保安院 御中
東京電力(株)御中

                        公共事業チェック議員の会

第1 地震前後の事象について

1 各原子炉の以下の時刻歴チャート

・中性子フラックス(原子炉出力)
・原子炉圧力
・原子炉水位
・冷却材温度
・再循環ポンプ回転数
  再循環流量(BWR)と再循環ポンプ回転数
・主蒸気流量
・主蒸気温度
・発電機出力
・送受電の記録
・給水流量
・使用済み燃料プール水位
・使用済み燃料プール温度
・循環水ポンプ運転履歴
・排気筒モニタ
・放水モニタ
・アラームタイパ(運転・動作自動記録)
・再循環ポンプの軸震動(X-YーZ の3方向すべて)
・タービンの軸震動記録

2 以下の資料のコピーを提供されたい

・運転日誌
・当直日誌
・運転員などが当時現場で書いたメモ類
・プールの水をかぶった作業員等について聞き取り記録などの報告書(プール水の暴れるようすなどを記載したもの)

3 地震時の原子炉の挙動について

・制御棒の挿入はどのような信号によって行われたのか
・制御棒全数が確実に挿入されたのか
・ホウ酸水注入系は作動したのか。
・外部電源4系統の内、3系統がダウンしたと聞いているが、3系統の系統遮断の理由を説明されたい。また、4系統の電源の供給元を明らかにされたい。

第2 地震の影響についての写真・ビデオ等の記録

・地震時の写真・ビデオ記録(3号機のプール及びそれに類似するもの)
・IAEA設置のビデオ記録
・敷地地盤の写真・ビデオ記録(補修前と補修後)と撮影場所が特定できる地図
・建屋内の機器・配管等の写真・ビデオ記録と撮影場所が特定できる図面(補修前
と補修後)

第3 放出放射能関係

・通常運転時の炉水中の放射性ヨウ素,放射性粒子状物質の量と濃度に関するデータ
・放射能放出時の排気筒モニタ記録
 サンプリングした炉水の号機、採取場所、分析して同定した放射性物質の種類と量

第4 耐震設計

各号機の工事計画認可申請書の耐震計算書(3号機等すでに公開されているものは直ちに,それ以外の号機についても随時)
・床応答スペクトル
・各階の応答加速度等
・原子炉建屋,タービン建屋,原子炉圧力容器,再循環系配管,主蒸気系配管,余熱除去系配管,燃料棒,制御棒関係の耐震計算結果(図面,各運転状態での許容値と発生応力値の一覧表,固有周期一覧等)

第5 活断層評価

・設計時の海底活断層評価に係わる海底音波探査記録およびその分析結果を記したすべての資料
・92年の石油公団による地質調査資料について原発の耐震性に関して検討した資料
・94年の産業総合研究所による活断層資料について原発の耐震性に関して検討した資料
・2007年4月に中間報告された地下探査結果の生データ(公開データは0.5km以深がカットされている)

第6 地震後の敷地内、建屋内で実施されたすべての補修工事について

・補修工事の項目
・補修工事の内容
・補修前の状況のわかる写真などの記録

[資料終わり]




コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )



« 戦後、米国の... 「棄てられた... »
 
無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ
 
 
 
柏崎刈羽原発 東芝 (新潟県中越沖地震 口コミ情報)
柏崎刈羽原発で何が起きているか 野党合同報告会... まで実施してきたが、参議院の与野党逆転状況も視野に入れて、公共事業チェック議員の会(鳩山由紀夫会長・保坂展人事務局長)で、経済産業省原子力安全・保安院のヒアリング、そして
 
 
 
キリスト教国がキリスト教の街に原爆を投下した-長崎原爆忌によせて- (鳥居正宏のときどきLOGOS)
豊臣・徳川による、長く凄まじい受難の茨の道を歩みつづけ、壮絶な宗教弾圧に耐えて、耐えて、耐え抜いて、ようやく新しい時代の到来とともに、キリスト教文化の輝きを放ちはじめた、かつての長崎の街。 この美しくも聖なる街
 
 
 
核兵器の憎悪と狂気の連鎖に終止符を! (「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう)
※ 今日は特別な日ですので、特集記事です。お題については、一つ前のエントリーをお読みください。 今日は62回目の長崎原爆忌です。 広島原爆忌の日には短い記事しか書かず、今日、長い記事を書くのは、いつも広島のほうがクローズアップされて、長崎はともすると忘...
 
 
 
政治家のブログ (無題)
 参議院に向けて議員がホームページで宣伝をはじめているようなので、開いてみました
 
 
 
マッチ一本 人類滅亡の元 (らち教)
これら泊原発不審火は人類に味方する天使の仕業だ。 せっかく地球のがんが自滅しようと原発推進しているのに、 こんな簡単に人類を滅ぼすテロが起こせ、防げないと教えてはいけない。 これらテロは天使だからできるのです。 決して人類にこんなまねできません。 賢...