TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




来年の5月実施予定の「裁判員制度」に多くの国民・市民が不安や懸念を抱いている。そして、不思議なことに3か月も開いている臨時国会では、この裁判員制度についてほとんど議論がされていない。衆議院法務委員会で私は、「国民の間で関心の高い裁判員制度の集中審議をぜひやりましょう」と提案した。「それは大切なテーマだ。ぜひ、やりましょう」と与野党一致した声が出て、(臨時国会で遅きに失したとはいえ)「裁判員制度の集中審議」が行われることになったので、しっかり準備しようと思っていた。しかし、先週開かれた理事会で与党側から「集中審議の後に法務委員会として決議をしたい」という申し出があった。「決議」と聞いて、今後の展開を予測した私はこう述べた。

「私たち社民党は、8月上旬に実施直前になった裁判員制度の実施にあたって被告人の防御権が本当に守りきれるかなど多くの未解決の点があり、議論を尽くすべきだという党の見解をまとめている。だから、『裁判員制度推進決議』のような国会決議には賛同出来ない。このような立場の会派、議員もいることを前提に文案を練るのであればいいけれど、決議に賛同するかどうかは内容による」

そして予想通り、いや予想外の展開となった。与党から示された文案は、やはり「裁判員制度推進」の決議案だった。末尾は、「国民の皆様におかれましても、裁判員制度の意義を理解し,進んで参加していただけるよう呼びかけるものである」という結びである。この内容では到底、賛同するわけにはいかない。言動不一致ということになってしまう。すると、野党筆頭理事から「エッ」と思うことを聞いた。「与党側は、決議が出せなければ集中審議はなしだと言ってきている」つまり、与党作成の文案を変更せずに私が賛成すれば、集中審議をやりましょう。しかし、反対者がいて全会一致の集中審議が出来ないのであれば、集中審議もやらせないというもの。

野党側は「決議がまとまらないからといって集中審議をやらないというのはおかしい」と食い下がったが、与党側は国会対策委員会の判断だから譲れないという姿勢だった。私も国会で集中審議をぜひやりたいと思ってきたので、決議の時に退席しようかなどと一瞬、考えてもみた。しかし、後の世から見て、それでは、筋が通らないということになるだろう。

どんなに私が裁判員制度の問題点や疑問について、法務省や最高裁に問いかけても、最後に「国民の皆様、裁判員制度の意義を理解し、進んで参加して下さい」という決議に一同賛成で起立しなければ、集中審議は開かないというのは議会のあり方としておかしい。国民の多くが強い関心を抱いているテーマだけに、しっかりとした議論が求められている。国会では「議論」のカケラもないというのでは立法府にいる者として恥ずかしい。

午後、社民党と国民新党の意見交換会が開かれた。社民党の見解を説明し、また国民新党が昨年の参議院選挙の公約で「裁判員制度の凍結」を掲げていることを聞いた。それぞれ問題点を出し合い、また法務委員会での集中審議が流れた経過も追加して説明、国会でしっかりした議論をしなければならないと話合った。野党間で、また与野党でも裁判員制度をこのまま実施していいのかどうか、真剣勝負の議論をしなければならないという思いを強くした一日だった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 13 )



« 非正規労働者... 野党提出、雇... »
 
08年12月1日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年12月17日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・アメリカもゼロ金利{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治家とは労組とは{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 ...
 
 
 
【日記】中谷巌氏、FRB債? (散策)
昨日の日経朝刊3面下の広告欄に、大きく中谷巌氏の「資本主義はなぜ自壊したのか」(集英社)とあり、これは私の懺悔の書であると書いてありました。喜八ログで、週刊現代の記事のことを見たばかりであり、また昨日の日経一面は、「世界同時不況 今、何をすべきか」で竹...
 
 
 
土井たか子さん「私は共和制論者ではありません」 (喜八ログ)
「週刊金曜日」2008年10月31日号に掲載された、土井たか子(憲法学者・社民党名誉党首)・佐藤優(作家)対談の一部を紹介します。土井たか子さんが「私は共和制論者ではありません」と明言する部分です。平たくいえば「私(土井たか子)は天皇制を支持します」ということ...
 
 
 
国会で裁判員制度集中審議がない理由 (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 本日は保坂展人議員のブログから。"国会で「裁判員制度集中審議」が行われない理由とは"というタイトルの記事ですが、こんなものは一言で片付けられる理由があります。それは、「裁判員制度は国会で全会一致で通...
 
 
 
国の力 (鳥居正宏のときどきLOGOS)
「大英帝国の強さは、軍艦や大砲よりも、我が国民のスタミナと強大さに依存している。・・・帝国を維持してゆくには、自由な人民、教育のあ...
 
 
 
裁判員制度への疑問(1)コールセンターが使えない (回廊を行く――重複障害者の生活と意見)
使えない電話 このカットは本来「電話することが禁じられている」という表示です。今回のテーマは裁判員の候補者に提供されている問合せのためのコールセンターですが、それが電話禁止というのではまったく矛盾してい
 
 
 
現代思想10月号より、裁判員制度を考える(1)ー「司法はポピュリズムの暴風にさらされている」 (Afternoon Cafe)
現代思想10月号で裁判員制度の特集が掲載されていました。 安田弁護士と森達也氏との対談や刑訴法の小田中教授の手記など、大変興味深い内容...
 
 
 
裁判員制度への素朴な疑問 (狐と狸とカラスどもに怒りを)
裁判員制度というものに関心がなかったので制度についてよく知らないままでいたが、なんだかこれは大変なことなのではないか、と思い始めている。 最大の疑問 まずこの制度を作った理由がよく分からない。 最高裁のホームページの説明を読んでもやはり分からない。 裁...
 
 
 
裁判員制度の「ねらい」はこれ? (ブログ「Afternoon Cafe」から) ((裁判員制度、大丈夫とは言えない気がします.... (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「裁判員制度、大丈夫とは言えない気がします...」シリーズ、第11回です。 裁判員選定のための呼び出し状が間もなくみなさんのところに届...
 
 
 
裁判員裁判と田母神前空幕長の「罪」 (回廊を行く――重複障害者の生活と意見)
Law Books 懸賞論文に応募した文章が受賞して公開され、その内容が政府見解と異なるとして更迭された田母神前空幕長は、国家機密を漏洩するという罪を犯したと書いたブログがありました。この場合機密というのは航空自衛隊のトップの能力を...
 
 
 
裁判員制度、大丈夫とは言えない気がします... (12) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「裁判員制度、大丈夫とは言えない気がします...」シリーズ、第12回です。 裁判員制度に疑問を持っているために参加に積極的でない方に向...
 
 
 
地に落ちた日本新聞協会 and 国民要求のすり替え (よっしー道場)
 2003年5月16日、日本新聞協会は司法制度改革推進本部から示された裁判員制度のたたき台に対して「裁判員制度に対する見解」(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sihou/kentoukai/saibanin/dai17/17siryou1.pdf#search='裁判員制度推進' )を発表してお...
 
 
 
裁判員制度 構図考察 (phrase monsters)
世間が納得する判決がでていれば、 そもそも必要ない制度だと思います。 世間の常識もチャンと混ざって 考えて出した判決いですよと言う、 只のアリバイだと思います。 贈収賄や、経済犯罪に参加できないのも 腑にをちない話だけれども、 被告が世間的に...