TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 誰もが未曾有の大地震・大津波という災害発生に心を痛め、祈るような気持ちで救援活動と被災者支援を見守る。昨日、街頭に立つと「被災地支援カンパ」に協力してくれる親子もいて、小さい手でコインを何枚か入れてくれた。ところが、自らの後出しジャンケンの「出馬表明」がほとんどニュースにならなかったことの八つ当たりか、石原知事の暴言が放たれた。暴言、妄言、失言の名手だが、今度ばかりは鼻息荒くごまかすわけにはいかないのではないか。

〔引用開始〕

石原知事「津波は天罰、我欲を洗い流す必要」

 東京都の石原慎太郎知事(78)は14日、東日本巨大地震に関連し、「津波をうまく利用して『我欲』を洗い落とす必要がある」「これはやっぱり天罰」などと述べた。 <script type="text/javascript"></script> <script src="http://as.yl.impact-ad.jp/bservers/AAMALL/acc_random=83780253/pageid=10255935/S0=11728/S1=10114/S2=10001/S3=10127/S4=11135/S5=11136/S6=10246/S7=11066/S8=11772/S9=10474/S10=10419/AAMB0/SITE=POLITICS/AREA=P.RECTANGLE/AAMSZ=300X250/OENCJP=SJIS"></script> <script type="text/javascript"></script>

<script type="text/javascript"></script>
 石原知事は、「震災に対する日本国民の対応をどう見るか」と報道陣に問われ、「スーパーになだれ込んで強奪するとかそういうバカな現象は、日本人に限って起こらない」などとした。さらに昨年発覚した高齢者所在不明問題に言及し、「日本人のアイデンティティーは我欲になった。政治もポピュリズムでやっている。津波をうまく利用してだね、我欲を1回洗い落とす必要があるね。積年たまった日本人の心のアカをね。これはやっぱり天罰だと思う」と語り、「それは、被災者の方々はかわいそうですよ」と続けた。その後の別の記者会見で「『天罰』は不謹慎では」と質問が相次いだが、石原知事は「被災した方には非常に耳障りな言葉に聞こえるかもしれませんが、と言葉を添えている」とした。
2011年3月14日21時01分  読売新聞
〔引用終了〕
「津波をうまく利用してだね、我欲を1回洗い落とす必要があるね。積年たまった日本人の心のアカをね。これはやっぱり天罰だと思う」という発言は、記事の文脈から見る限り「日本人全体のアイデンティティー」「政治のポピュリズム」に対して向けられたものだろう。だが、今回の甚大な犠牲者・被害者を前に「うまく利用して我欲を洗い流す」という言い回しは「耳障り」どころじゃない。
 引退する知事の「放言」ではなく、思わせぶりな「出る」「出ない」芝居の後で4選を狙う立場から記者たちに発した言葉だと知り、背筋が凍る。
〔追記〕
 あまりにひどい発言で本人もまずいと考えたのか、15日になって撤回したようだ。
〔引用開始〕

東日本大震災:石原都知事、「天罰」発言撤回 会見し謝罪

 東京都の石原慎太郎知事は15日午後、記者会見し、東日本大震災を14日に「天罰」と表現したことに対し、「発言を撤回し、深くおわびいたします」と謝罪した。石原知事は14日、蓮舫節電啓発担当相から節電への協力要請を受けた後、報道陣に「この津波をうまく利用してだね、我欲を一回洗い落とす必要がある。積年たまった日本人の心のあかをね。これはやっぱり天罰だと思う。被災者の方々、かわいそうですよ」などと発言した。(毎日新聞

〔引用終了〕



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 福島第1原発、... 震災と同時の... »