TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




小泉内閣は政権末期の症状を示している。 昨日の「反小泉・反郵政民営化」自民党勉強会に74人が集まったというのは、無視しがたいニュースだ。小泉総理に人事で冷遇されてきた橋本派、亀井派を中心に参加者は自民党各派閥・グループに及んでいる。 郵政民営化法案の提出直前に、この種の勉強会への参加者が増えていることは、小泉・官邸側の手詰まり状況を示している。「切り崩し」どころか、反対派は増殖しているから . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )