ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

博多祇園山笠・飾り山笠「十三番山笠ソラリア」に徐福が登場します

2006-06-30 18:15:27 | 徐福伝説
既に今年・2006年の博多祇園山笠(福岡県の祭り)の飾り山に徐福が登場するということは4月24日の記事でお知らせしましたが、いよいよ明日・7月1日から15日にわたって公開されます。

是非見に行きたい!と思っていたのですが、先週末・24日から26日に福岡を通ることになったため、完成は見ることができなくともその雰囲気だけでもと、この祭りのことを知らせてくださった八女市のAさんにその旨を伝えると、空港まで迎えに来てくださり、夕方、唐津に抜けるまでの時間をご一緒してくださいました。(感謝!)

こっそり覗くつもりだったのですが、関係者のみなさまが本当に親切に解説してくださって、初めて製作途中の徐福を博多人形師・置鮎正弘さんの仕事場で拝見させていただきました。置鮎さんは製作過程の中で徐福ってどんな人物なんだろうとご自分なりの徐福像を描き出したということでしたが、驚くほどに「徐福」で、この伝承地とは別のところで徐福と格闘し、10メートルを超える飾り山に仕立てていかれるわずかな過程を拝見し、徐福もここまで来たかとしみじみとしました。

正式な名称は「日中宥和 徐福勲(にっちゅうゆうわ じょふくのいさおし)」と言うのだそうで、これがこの「十三番山笠ソラリア」の表になります。ちなみに見送という裏に当たる部分は志賀島の金印が登場するそうです。

24日は仕事場で部分部分を見せていただき、26日はソラリアというファッションビルの吹き抜け部分にお弟子さんたちがマイクを持って大工さんたちに指示して組み立てていく作業を見せていただいたのですが、博多人形師・置鮎さんが「長いこの祭りの歴史の中で徐福は初登場なんです。難しかったけれど、自分がこれまで作ってきた中でも気に入るものができました。」とおっしゃるように、本当にこの飾り山、多くの徐福ファンに見ていただきたい、日本の徐福です。

詳細はhttp://www.nnr.co.jp/museum/yamakasa/をごらんください。
7月2日(日)には、毎年1月20日に福岡県八女市童男山古墳で行われる「童男山ふすべ」で行われる川崎小学校の子どもたちの徐福の紙芝居も飾り山の前で行われるとのこと、そして佐賀の老舗和菓子屋「村岡屋」は、表も見送も「徐福さん」「金印ロマン」と商品化しているというタイミングで、なにやらこっそりお楽しみもありそう。
ご覧になったかたありましたら、どうぞ感想をお寄せください。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 日本昔話学会年会が京都であ... | トップ | 嘉田由紀子さん滋賀県知事に »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
配信に感謝 (益田)
2006-07-05 19:36:35
ほるほる管理人様

 本日、佐賀県の村岡麻央様から葉書が届き、祭りに徐福さんが登場する悦びが認められておりました。

ご同慶に堪えません。

来る9日の「奈良徐福研究会」の総会・勉強会でも嬉しいニュースとしてご紹介出来ます。

当日は大阪の鳥居様、石川幸子様、新宮市から観光課長と係長の御両名も馳せ参じて下さる事になりました。北朝鮮のミサイル問題で騒然としておりますが、我々は「徐福」から平和の尊さを学び、日中・日朝が

同じ民族として共栄出来る環境つくりに勤めたい。
御案内ありがとうございます (シホ)
2006-07-05 22:49:28
奈良徐福研究会の御案内ありがとうございます。

なかなか時間が合わず、伺えなくて申し訳ありません。

参加者が多いようでよかったですね。また当日のご様子お聞かせください。
駐福岡中国総領事も訪れて (シホ)
2006-07-16 07:23:11
今頃はもう祭りの後片付けが始まっているのでしょうか?

期間中6日には駐福岡中国総領事の武亜朋氏もこの飾り山笠を見ようと訪れたそうです。

↓↓↓クリック↓↓↓

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/toshiken/20060707/20060707_001.shtml

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



今回の盛り上がりの中で、全国各地の大きな祭りの中で、徐福の登場を願っている人たちが他にもあることを知りました。

次はどこで徐福と会えるのでしょうか?

コメントを投稿

徐福伝説」カテゴリの最新記事