ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

今日はいいことたくさん

2015-12-21 00:18:38 | シホのホ(雑記帳)
昨日、学会の用事で上京した際、見ておきたかった展示を見に行った。
永青文庫(東京都文京区目白台)で開催されている「春画展」だ。
2013年に大英博物館で開催されたものの、日本では引き受けてくれるところがなく、
細川護熙さんが永青文庫でと手を上げてくれたらしい。
朝日新聞で瀬戸内寂聴さんがこの展示のことを書いていて、
細川さんから来れないだろうからと豪華な図録を送ってくださったとも書いていた。

大変な人気で、私がついた時には入場制限があったが、10数分待って入ることができた。
18歳未満はダメというのが、なんかなあと思ったけれど、
もうお腹いっぱいというくらい見ることができて、その絵や版画に圧倒されて、
この世界がこれまでしっかり封じられていたこと、
その結果、私はほとんど知らないできたことがわかり、見えない力の大きさ怖さを感じた。
春画は武運長久とか子孫繁栄とか、持っていると縁起のいいものだったらしい。
図録は電話帳くらいに厚くて重くて4000円もする三重苦だったから、洒落た版画の絵葉書を買った。

そしたら思いがけず、私のところにいいことがやってきた。
今日、つれあいの買い物の付き合いということで、午前中、近くのアウトレットにでかけた。
いつもは気にかけないコーナーをふと見たら、前に欲しかったけれど高かった文具が
福袋の中に入って安価で売っていた。
ラッキー!
帰宅したら、隣のKさんが今朝採れたてだという野菜を子どもたちと一緒にワッセワッセと運んできてくれた。
ラッキー!
そして夕方、約束していたみづろうが母娘で来てくれた。
みづろうには新しいスケジュール帳の余白に作業のチェックリストを書き込むためのはんこを注文していた。
そして毎年お願いするお年玉袋。今年は親戚の入学祝いもあるのでそれも一緒に。
いつも私は「こんなものあるといいな」とみづろうに伝える。
みづろうはそれを私が思った「いいな」以上に仕上げてきてくれる。
今回も、本当に素敵なはんこになった。
1ページに2列押せるようにねと言っていたけれど、もちろん押せるのだけれど、
みづろうからは「そんなにたくさん仕事しないで」と1ページ1列押しを提案された。
そうだね、あれもこれもと欲張らず、そしてできなくて次週に回すということにならないよう、
2016年はみづろう指定の17枠はんこでいこう。
そしてそして素敵なクリスマスプレゼントもいただきました。
みづろうがセレクトしてくれたピアスはやっぱりセンスが良くて、ひとつはみづろうとお揃いのもの。
もうひとつもこういうの見たことない!とってもおしゃれなもの。
そうそう、あとフィナンシェにいろいろはいった感じの美味しいお菓子もいただいたんですが
すぐに私たちのお腹に入ってしまいましたので写真忘れ。


今日は私の少し早いクリスマスでした。
明日からまた頑張ろう!












コメント   この記事についてブログを書く
« 「師走祭り」を想うーさだみ... | トップ | 2015年 日々の暮らしに新た... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シホのホ(雑記帳)」カテゴリの最新記事