ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

ミニバス卒団式

2007-03-22 00:07:59 | シホのホ(雑記帳)
今日、春分の日(祝日)は、サホの所属するミニバスチームの卒団式でした。
サホは現在小学校5年生で、卒団式は昨日卒業式を迎えた小学校6年生の先輩たちを送る会です。

午前中に先輩たちとの最後の練習を終え、午後からは会食と卒団式でした。
私は朝からお手伝いに行く予定でしたが、ワタルの体調が悪く、それをおして中学の野球の公式戦に出場したため、午前はワタルの試合に付き添い、試合が終わるとワタルを家まで送り届け、卒団式の会場に駆けつけました。
みなさんのおかげでほとんど何もせずに会食に加わることとなりました。

さて、卒団式の中で在団生が6年生へ送る歌として、今年はつい最近連続ドラマの放映が終わった「東京タワー」の主題歌・コブクロの「蕾」を唄いました。
そのままでも充分に感激できる歌なのですが、先月、監督から「替え歌作れるでしょう?」と促され、サホとワタルとともに、何度も我が家で歌を聞きながら、このチームの6年生を送る歌としての替え歌が完成しました。

  今日で卒団 6年生 今まで ありがとう
  とても寂しくて 寂しくて だから 別れの言葉は今は言えない
  休むことなく ボール追いかけ続けた練習
  優しい励まし あなたがくれた たくさんの思い出たち
  監督やコーチに怒られたときに できなくて涙流したけど
  いつか強くなる日がくると
  もっと もっと もっと 頑張ると誓った
  大好きなバスケット T田ミニ 今日まで続けてきたよ
  いつまでも忘れない ともに戦った日々
  明日からも T田ミニは
  力を合わせ 強くなるから 応援していてと 願う

1ヶ月近く子どもたちは練習したせいか、そらでこの歌をしっかり唄っていた。
この言葉、噛み締めてくれたかな?

新6年生、これからは君たちの番。1年後に今日の6年生と同じように前に並んで座って、楽しかったなあと振り返ることができるように、練習頑張ってね。応援しています!


コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 中国銀行で通帳を作る | トップ | 「狭いながらも楽しい我が家」 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとう (T母)
2007-03-23 09:59:53
初めてお邪魔します。  
在団生の歌 本当に感動しました。今でも 涙がでてきます。ありがとう!
怒られても 蹴られても走っていました。
確かに厳しい練習だったと思いますが、スタッフの皆さんが指導して下さる先には 必ず子供たちが居て そこには沢山の愛情があって…だからこそ 続けてこれたのだと思っています。
サホちゃんもこれからが本番ですね。心から バスケが楽しいと 思えること 願っています。 
Unknown (はるか)
2007-03-23 13:23:22
こうした時間を用意してあげれた、シホさんっていいな~って思います。ワタルくんにも、サホちゃんにも。
ありがとう (シホ)
2007-03-23 14:11:12
T母さん、コメントありがとうございます。子どもたちは淡々と歌っていましたが、練習しているときは「大好きなバスケット T田ミニ 今日まで続けてきたよ」に「泣けるー」なんて言っていたのですよ。
強いチーム、厳しいチームですが、監督が跳んだりはねたりしてコートの外で一緒に涙している姿を見ると、ありがたいなあって思います。どのチームよりも一緒になって戦ってくれている監督ですね。
サホは私に似て?かなりのビビリマンですが、1年後に「やっぱりバスケット大好き」といえるよう、そんな1年を過ごして欲しいなあと思います。
ぜひ、応援にいらしてくださいね!
いつまでも跳びますよ (若僧)
2007-03-23 23:22:06
T母さん、ご無沙汰しております。相変わらずがんばっていますよ。
サホさんとともに、1年間夢を追いかけたいと思います。いろいろとよろしくお願いしますね。
お願いします! (シホ)
2007-03-23 23:54:00
おおっ、若僧さん、コメントありがとうございます!
サホにとっては若僧さんが人生で最も怖い人なんだそうですが、跳んだりはねたり怒ったりを、ときには食べたり飲んだり笑ったりという怖い人が怖くなくなる場面を今年も作っていきましょう。
卒団生を一生懸命カメラに収める若僧さんの後姿は、既に「若」ではなく、「父」だったと思った若い母でした。

コメントを投稿

シホのホ(雑記帳)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事