ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

8月23日・24日、今年は夏も宮崎県美郷町!

2019-07-26 22:25:15 | 百済王伝説
毎年「師走祭りでお会いしましょう」だった宮崎県東臼杵郡美郷町、
今年は第1回西の正倉院みさと文学賞の表彰式があって、
3月末の桜満開の時期に、再び美郷町に出かけることができました。

そしてそして今年3度目の美郷町行きが決まりました。
第2回西の正倉院みさと文学賞のために現地ツアーが今年も開催されることになり、
審査委員長・中村航さんの小説の作り方講座が美郷町であるんだそうです。

小説っていえば、かつて徐福伝説つながりでいろいろとお世話になった
故早乙女貢さん(日本徐福会会長でした)から「小説は点と点を線にできる」と
小説を書くことをすすめていただいたことがありました。
私はその「点」が面白く、いまもそれを追っています。

そういうわけで、私もお話する時間をいただくことになりました。
どんな話をしましょう。今からとても楽しみです。

夏の美郷町。
川に足を入れていると、すぐに足が痛くなるって聞いたことがあります。
師走祭りのときにいただく美味しい鮎は冷凍しておいてくれたもの、
夏なら釣りたてが食べられるんだろうか?←誰か釣ってきてー!
きっと寒い冬とは別の美味しいものがあるんだろうな。
そしてやっぱり山霧温泉!

「また帰ってきたか」といわれそうですが、夏、帰ります。
ご興味ある方も、ぜひ美郷町へ。



コメント   この記事についてブログを書く
« 7月26日徐福映画公開「徐福~... | トップ | 2019年8月23・24日「第2回西... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

百済王伝説」カテゴリの最新記事