ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

感動をありがとう 中学校学校祭

2008-09-25 00:31:18 | シホのホ(雑記帳)
ワタル・サホの中学で学校祭(昨日23日が文化祭、今日24日は体育祭)がありました。
ワタルは中3、1年生の時に先輩たちを見て3年生になったらブロック長をやりたいと願っていた通りに、今回、黄ブロック団長を経験することが出来ました。
この夏、繰り返し集まってマスゲームの内容を考えたり練習したりと、もちろん15歳だからできる様々なぶつかり合いもあったことでしょう。勉強しないで…と文句の一つも言いたくなるような状況も多くありましたが、この2日間で彼らの成果を見せてもらい、中学生でここまでできるのかと本当に感心しました。

そして今日の結果発表で、ワタルたち黄ブロックは総合優勝を果たすことができました。
おめでとう。
ブロックを問わず、必死になって何かに向かっていく真剣さにとにかく心打たれました。最後の解団式で中3の子たちが涙をぬぐいながらみんなに感謝の言葉をかける姿、もちろんワタルも泣きながらあいさつ。周りの支えがあったからワタルはここまでできたのだと私も本当にありがたく思っています。

帰宅したワタルもサホ(赤ブロック)も今日はぐったり。晩御飯を食べ終わったと思ったら布団に吸い込まれていきました。
気持ちのいい夢を見ていることでしょう。

高校講師時代、「頑張れ、頑張れ。頑張れば、頑張る自分を好きになる」、そんな言い方をして励ましたものですが、きっとワタルは自分のことを今までよりも好きになれたのではないかと思います。ワタルに限らず、そんな子どもの姿を見ることのできた私たちは、今日1日の日焼けだけでなく、たくさんの感動をもらうことができました。

2年後、サホの中3の時も今年のように盛り上がりましょう。子どもたちを完全にやる気にさせてくれた先生方にも感謝です。
コメント (3)