ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

夏休みの打ち上げは「山ちゃん」という法則!?

2008-09-06 23:17:56 | シホのホ(雑記帳)
子どもたちの夏休みの最後は宿題に追われるだけならまだしも、始業式の翌日から前期の期末試験。なにがなんだかわからないほどに追い立てられて9月に入った。

というわけで、何かと意味づけて打ち上げをしたい私たち両親組は今週末を待ちに待った。
今夜は解放感いっぱいに飲もうではないか!(実のところ解放感は子どもたちで、私たちはただただ飲みたいのです!!)というわけで、日中はそれぞれに活動し、晩に名古屋駅に集合、季節の最後の最後のセールなどもちょっとチェックした後に、子どもたちのリクエストの名古屋の手羽先「世界の山ちゃん」に行った。

カンパーイ!の後はみんなで黙々と手羽先を食べて、思いつくままに注文して食べて、短時間ですっかりお腹いっぱいになった。
そうそう話のなかにこんなのがあった。ワタルは校長室の掃除に行くせいで校長先生とも時々話をするらしく、最近は「どんなところに外食に行く?」と聞かれ、「居酒屋が多いです」と答えたらしい。校長先生は「へえー、居酒屋とか行くのかあ」と驚いたらしい。ここは空気を読んで、ホテルでステーキとかが多いですって言ってほしかった。確かに居酒屋は多いし、子どもたちも喜んでいる(はず)。

山ちゃんに一緒に行こうと言っていた某一家を次は必ず誘おう!というお開きの言葉の後、まだ早いので本屋に行こうと大回りをしたら間もなく閉店でお店の人が入り口で頭を下げていた。名古屋の夜は本当に早い!
で、仕方なく電車に乗り込んだとき、ワタルがメールで別の某一家が山ちゃんの本店で飲んでいることを嗅ぎつけた。
どこの家も、ようやく夏休みの打ち上げなのだ。そして打ち上げには手羽先なのか!?

週末を終えて、いよいよ秋到来です。


コメント (4)