ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

ちょっと遅れた誕生会

2007-02-26 18:27:59 | シホのホ(雑記帳)
3月末で祖母(86歳)が和裁教室を閉じることになりました。私が幼かった頃から祖母は針を持っていましたから、いったい何年やってきたのでしょうか。
思い出もガラクタもたくさん詰まった教室の掃除が着々と両親の手ですすめられています。
今日は父の車では出せないテレビなどのゴミ出しを手伝えとお呼びがかかり、朝から両親のところに行ってきました。

早々に作業を済ませ、お昼ご飯。
いい店があるからと連れて行ってもらうと、なにやら事前にバッチリ予約してくれていて、コースの最後には写真のように私のお皿にはHappyBirthdaySHIHO!とチョコで書かれ、誕生日まで書かれていました。もう正直に言わなくてはと思ってお店の人に「40歳になっても誕生日を祝ってもらうのは嬉しいですね」と言って、よくよくお皿を見たら、年齢までは書いていませんでした。ありゃりゃ。
時々席で歌を唄ってくれるサービスに出会いますが、今日はオルゴールをテーブルに置いてくれて、中には私の誕生日の占いっていうのかな?どんな人でどんな人生を歩んでいくのかみたいなことが手紙のように包まれて、いっぱい書いてありました。(写真のお皿の端に乗せてあります)…内容はかなりあたっていました。

帰宅の道、思い起こしてみれば、両親と私での誕生会なんていったい何年振りでしょうか?父は気をよくしてグラスワインをおかわりしていました。(祝ってもらう本人がノンアルコールのワイン。悲しいわー。)
今日は40歳記念とのことでしたが、キリのいいところと言わず、毎年お願いしたいところです。ご馳走様でした!!
コメント (4)