馬 能力主義


馬の能力を過去レースより分析。人気馬の信頼度や穴馬の盲点を見極める

5月17日 東京競馬場 ヴィクトリアマイル

2020-05-17 13:23:06 | ギャンブル
■東京競馬11R

◾GⅠ ヴィクトリアマイル


◆一周回ってアーモンドアイ。
やはりそのポテンシャルの高さは誰もが認めるとこら。
有馬記念の敗戦やドバイ中止で臨戦過程の狂い……
不利な部分があるのは否めませんが、
やはり、強い!と、レース後に言っているような気がします笑

もちろん本命候補ではありますが、
これらの要素により、他馬が付け入る隙があるのも確か。

逆転候補は、



東京マイルがピッタリ来るイメージで高速馬場も得意。鞍上も近代競馬で無視できない外人騎手、レーン。
前過ぎず後ろ過ぎずのイメージで直線強襲期待。


○対抗 アーモンドアイ
牝馬同士の東京1600で対抗以下には落とせない。極端な出遅れなければ、当然首位有望。


▲単穴 ダノンファンタジー
GⅠの川田で散々痛い思いをさせられた方も多いと思いますが、
ここまで人気を落ちるのなら妙味は充分。
今の馬場もあっているし、東京コースがダメということもないはず。


☆スカーレットカラー
エリザベス女王杯は距離が長いと指摘した通り、やはりこの馬は1600~2000がベストと思われる。前残りの馬場が気になるが、填まれば末脚は一番。


昨年の京王杯AHで驚異のレコードを叩き出したトロワゼトワル。
いまいち走るときと走らないときが分かりにくいが、ここは単騎逃げ濃厚で人気薄の逃げ馬は注意必要の馬場で大穴候補。


△勢は内枠から
サウンドキアラとノームコアは能力的には足りるが、やはり、今の馬場的に8枠が大きな不利になるのは否めなく、切り捨て。


○アーモンドアイ
▲ダノンファンタジー
☆スカーレットカラー
△ラヴズオンリーユー
△ビーチサンバ
この記事についてブログを書く
« 5月16日 東京競馬場 京王杯SC | トップ | 5月20日 大井競馬場 大井記念 »
最新の画像もっと見る

ギャンブル」カテゴリの最新記事