馬 能力主義


馬の能力を過去レースより分析。人気馬の信頼度や穴馬の盲点を見極める

6月29日 宝塚劇場 回顧

2020-06-30 15:39:30 | ギャンブル
◆残念ながら不的中に終わりました、宝塚記念。
勝ちタイムは、2分13秒5。
上がり最速はクロノジェネシスの36,3。
次位は2着、キセキの37,2。
如何にタフな馬場だったか、というタイムですね、ちょっとレベルの高いダートのような上がり時計(^-^;

クロノジェネシスはこの馬場に対する適正が1番だったのは間違いないですが、他馬が苦戦したというのも事実。

キセキは距離短縮がまず良かった。
今回は馬群で折り合い重視、かかる面も見せず。武豊の騎乗も光った。
馬場適正は台風直撃の泥んこ馬場だった菊花賞を悠々差しきった内容から得意分野だった。

人気のサートゥルナーリアはもう最後はイッパイイッパイ。スタートこそ好発だったが、手応えは終始悪かった。1人気を背負っていただけに、とても誉められたないようではないが、手応え的には、よく4着まで追い上げたなという印象。

ラッキーライラックも直線に向いたときにはもうお釣りなし。今回のような馬場は初めてで、馬格から心配ないように思えたが、馬体重があるからといって、重い馬場をこなせるということはないということが判明。
ただ、今回は重い馬場に適正がなかったというだけで本格化しているのでスピード馬場でまだまだ活躍が期待できる。

3着モズベッロ、5着メイショウテンゲンという事で、やはり高馬場適正が上位を占めた一戦だった。


そんな中で、唯一収穫ともいえるのが、ディープインパクト産駒の法則。
時間があるときにまたおさらいしておきましょう。来年以降、いや、今秋以降でも必ず役に立つと思いますので。

今週から夏競馬で、非常に難しいレースが続くと思いますが、できるだけ多くの的中馬券をお届けしたいと思いますので、また、よろしくお願いいたします。

お陰さまでランキングも昨年と比べて大分上位に健闘しております。引き続き、ランキングのご協力も合わせてよろしくお願いいたします。

m(__)m↓↓↓↓↓

この記事についてブログを書く
« 6月28日 阪神競馬場 宝塚記念... | トップ | 7月5日福島競馬場 ラジオNIKK... »
最新の画像もっと見る

ギャンブル」カテゴリの最新記事