馬 能力主義


馬の能力を過去レースより分析。人気馬の信頼度や穴馬の盲点を見極める

11月1日 天皇賞(秋) 結果&回顧

2022-11-01 10:33:36 | ギャンブル
■天皇賞(秋)結果■

1:◎コントレイル①
2:△パンサラッサ⑦
3:△ダノンベルーガ④
4:▲ジャックドール③
5;◯シャフリヤール②

※能力チェックを元に回顧。


■東京競馬11R


◾GⅠ 天皇賞 (秋)



◆能力チェック


①マリアエレーナ
前走、小倉記念を好タイムで快勝。
実績的には格下ではあるが、覚醒している可能性が高い。
更に相手が強くなる最高峰のレースだけに厳しいレースになるが、高速決着はむしろ歓迎の口。
穴の資格は充分。
後は牝馬だけに反動がなければ。

この相手でよく走っていますが、馬体重420キロ台で56キロの斤量が響いた印象。結果的に1枠も仇になった


②カラテ
前走は新潟記念を快勝だが、
レベルが低く、ここでは通用?

ベストを尽くした内容。
こちらもこの相手によく走っていると思う。


③パンサラッサ
前走札幌記念は2着惜敗。
前走こそ普通だったが、
大逃げで前半を高速で飛ばすイメージがある。が、着地タイムは意外と平凡。
タフで距離も適正外とはいえ、過去GⅠ2戦で弾かれている点も鑑みれば、
少し足りないか。
東京2000で目標になるレースも不利。

これ以上ない走り。
ジャックドールがこなかったので、ハイペースでも気分よく行けたのが、最後の粘りに繋がった。



④ポタジェ
ディープインパクト産駒にしてはあまりキレないタイプで、瞬発力を問われるレースでは成績がいまいち。
それ故に東京コースでふるわない結果となっている。
瞬発力勝負、高速決着ではやや分が悪い。

やはり東京では見劣りしますね。
完全にキレ負け。有馬記念で好走あると思います。


⑤ダノンベルーガ
個人的には好きな馬で、潜在能力は間違いなくGⅠ級。
ここも好勝負を期待したいが、調教を見る限り、まだ少し物足りなさが残る。
完成形はもう少し先かもしれない。
ここは素質に期待するしかないが、期待したい。

やはり、素質は最上級。悔やまれるのは最後に印を落としてしまったこと。
先週末に要注目馬としていたのに……。
ただ、まだ伸びる余地はあると思うので来年GⅠ馬になるはずです。かなり強いですよ。


⑥ジオグリフ
好素質なのは間違いないが、舞台設定がどうか。
速さやキレを求められる舞台より、ややタフさが求められる舞台があっているような…。
いかにもドレフォン産駒ぽい。
有馬記念や宝塚記念で有力なタイプかと。

この舞台ではこんなものでしょう。
右回り、タフな中山、阪神で巻き返しあるはず。



⑦イクイノックス
調教も含め、能力的に
3歳勢の中では一番期待できる。
コース実績もあるし、展開も向きそう。死角は少ない。

素晴らしい末脚、素晴らしい勝負根性、素晴らしい反応。
能力を出し切りました。
器用さも備えていて、大崩れはしないタイプでしょう。
しばらくは馬券外になる心配はなさそう。


⑧シャフリヤール
古馬筆頭格で、実績も申し分ない。
ただ、目標はJC?で、ここは調教からみても100までではないところがあり、思わぬ取りこぼしも。

仕上げ途上で勝てるレースではなかったですね。
次は当然好勝負、巻き返し必至


⑨シマャックドール
晩成型モーリス産駒の完成形。
前走で控える競馬ができたのは収穫だし成長の証。
東京2000は絶好の舞台。
当然首位争い候補だが、
直前追い切りが軽すぎるのがやや気になる。

大一番を前に単走馬なり調教はやはり体調面に問題があったようですね。
正直、パンサラッサから少し離れた2番手くらいなら頭まであったでしょう。
この馬の能力を全開させるのはやはり逃げ戦法。
今回はパンサラッサに美味しいところを持っていかれましたが、同じような競馬ができたはず。
瞬発力で。かなう相手ではないので、道中3,4番手では能力半減。
ただ、今回は体調面に問題あったと考えれば善戦の部類か


⑩ノースブリッジ
この馬なりに成長していて、前走もそれなりに上がりも使えている。
が、それなりで通用する相手ではないので。

果敢に先行策も、やはり相手が、強かった。GⅢは勝てると思うのでまずはそこから。


⑪レッドガラン
厳しい。


⑫バビット
厳しい。


⑬アブレイズ
厳しい。


⑭ユーバーレーベン
スタミナ型で狙えるとすれば有馬記念かなと。

札幌記念を叩いてマイナス22キロ。
しっかり作ってきて、あまり得意ではない条件ながら中々検討。
エリザベス女王杯に出走していれば、かなりいいところまでいったのでは?
スタミナはあるので、もう少し先行して長所を生かせる競馬ができれば、もう一花咲かせられそうではあるが、追い込み競馬ではGⅠクラスだとどうしても他力本願になってしまう。


⑮カデナ
厳しい。



※ほぼほぼ、想定内。
ジャックドールがもう少し積極的に運べていたら、上位はちょっと変わっていたかもなぁと思いました。

ジャックドールもバビットも結果的にあそこまで控えたら、パンサラッサにとってはかなり有利な展開だった。

直線は、ヨーイドンの上がり競馬でイクイノックス、ダノンベルーガが勝ったという結果。
全体的なレベルは高く、コースや距離が変われば6着以下の馬にもGⅠ好走の可用性のある馬はいるかと思います。

今週は11月3日にJBCがありますね!

時間があれば全レースの予想をしますので是非、参考にしてみてください!

ランキングが再度上昇中でやる気も出ますので、ランキングアップのご協力もお願い致します!!
↓↓↓↓


最新の画像もっと見る