馬 能力主義


馬の能力を過去レースより分析。人気馬の信頼度や穴馬の盲点を見極める

5月20日 大井競馬場 大井記念

2020-05-20 11:53:37 | ギャンブル
■大井競馬11R

◾SⅠ 大井記念


◆ブリリアントC経由馬が強そう。
そのブリリアントCは、4コーナーで1~3番手の馬がそのまま1~3着。スローで逃げたワークアンドラブが3着で後方組は万事休す。

ここも逃げ馬不在でスローな展開が予想される。ここも前残り警戒。

前走、まだまだ現役バリバリのノンコノユメを展開利があったとはいえ、封じ込めたストライクイーグルが有力なのは間違いない。
斤量も1㌔減で、まともなら首位有望。

が、ここはあえて、別馬から入りたい。





前走は同じくブリリアントCで、
スローの展開で自身、上がり最速で上がってきてはいるが、届かずの5着。
もうひとつ敗因は、前走時にも指摘した58㌔にあって、ここは1㌔減を加味し、4コーナーまでに前を射程圏にとらえれば逆転可能とみる。



○対抗は前記、ストライクイーグル。
こちらも1㌔減、前走同様の展開利も見込め、能力的にも上位。



穴っぽいところでは同馬か。
地方移籍後はまだ結果が出ていないが、中央時代には重賞好走歴もあり、いつ入っても驚けない。



☆タービランス
前走は久々に3着以内を外したが、
地方生え抜きではNo.1だろう。
前走はさすがに上位には力負けも、
上位陣に食い下がった能力はさすが。
ここも上位争い必至で大崩はない。




△バンズーム
ここに来て成績安定のバンズーム。
ブリリアントCではやはりスローに泣かされた一頭で、ここも展開次第だが、
他馬の展開的奇襲があれば、可能性も。



△オールブラッシュ
大井では散々な結果だが、ここは逃げ馬不在で、奇襲の逃げあるか。
ハナを叩けば少々のハイペースでも粘りきれるはずなので、鞍上に期待したい。




○ストライクイーグル
☆タービランス
△バンズーム
△オールブラッシュ

この記事についてブログを書く
« 5月17日 東京競馬場 ヴィクトリアマイル | トップ | 5月23日 京都競馬場 平安S »
最新の画像もっと見る

ギャンブル」カテゴリの最新記事