馬 能力主義


馬の能力を過去レースより分析。人気馬の信頼度や穴馬の盲点を見極める

5月16日 東京競馬場 京王杯SC

2020-05-16 06:44:19 | ギャンブル
■東京競馬11R

◾GⅡ 京王杯SC


◆有力馬各馬に死角があり、波乱含み。
雨予報でひとすじ縄ではいかないとみる。


今回かなり気になる一頭から勝負したい。




実績的にはやや見劣るが、ここ2戦の内容が悪くない。
もともと差す競馬でそこそこの競馬をしていたが、前々走で先行からの抜け出しで勝つと、前走のダービーCTは3番人気におされる。
直線、抜群の手応えで早めに先頭に立つと、押しきるんじゃないかと思うような粘り込み。
7歳ながら充実さを実感させられた。
ここは有力馬が安田記念の前哨戦であること、朝から雨の予報、後方待機馬が多いこと、を考慮すれば、先行力を身に付けた今なら有力馬に一泡ふかせる可能性があり、大チャンスではないかと思う。
騎手のテンノリは微妙だが、粘り込みに期待!。


○対抗 タワーオブロンドン
有力馬の中ではやはりタワーオブロンドン。
前走は展開が向かなかった分や、初の中京コースの影響もあった。
ここはルメールに手が戻るのもいいし、昨年の覇者でもあり、実績のある東京で巻き返し必至。
ただし、重い馬場は微妙なので、見極め大事。


2019年の中山記念以来、不甲斐ない競馬が続くが、ここ2走はそれなりに言い訳は効く。2走前の阪急杯が9ヶ月ぶり、前走の高松宮記念は明らかな距離不足。
仕切り直しの一戦で、川田Jで新味を期待したい。


☆ケイアイノーテック
悩めるGⅠ馬。
後方一手で、どうしても他力本願なのが痛いが、そこそこに走っているし、いつ馬券内に好走しても不思議ではない。
なにかきっかけがほしいところで、距離や乗り替わりが刺激になれば。


あとは、ただの中京巧者の可能性かどうかここではっきりしそうな△グルーヴィットだが、先週鮮やかな、騎乗を見せたデムーロが怖い。(GⅢでやる気があるかどうかが問題かも笑)


前走重賞で跳ね返されたが、武豊で前進ありそうな、
△ライラックカラー、


不良馬場のキャピタルS加地がある、
△ドーヴァー

あたり、薄いところを狙いたい。



※ダノンスマッシュは距離延長で大幅マイナス。
東京の1400のイメージが湧かない。
レーンで怖いが……。
※レッドアンシェルも前走の負け方がいただけない。陣営も敗因を、「スタートが合わなかったし…」って、
…抜群のスタートだったし笑。
コース、距離も微妙で…?




○タワーオブロンドン
☆ケイアイノーテック
△グルーヴィット
△ライラックカラー
△ドーヴァー

この記事についてブログを書く
« 5月13日 川崎競馬場 川崎マイラーズ | トップ | 5月17日 東京競馬場 ヴィクトリアマイル »
最新の画像もっと見る

ギャンブル」カテゴリの最新記事