新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

残されて

2016年11月29日 01時11分17秒 | 写真と俳句

 柿の老木に実がひとつ。

 木を守るため、一つだけ残された柿の実なのだろうか。

 人身御供の姿にも見えるし、闘う勇姿にも見えるが、猛々しさはない。

 なんとも淋しいなァ。

    残されて夕日まばゆき木守り柿    ひよどり 一平

    

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« デュエットが不得手 | トップ | 早い早い »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (畦夢̴)
2016-11-29 05:26:55
残されて夕日まばゆき木守り柿    ひよどり 一平

ただ一つ残っている木守り柿・・
今しか見られない景色なのでしょうけど
色々考えてしまいますね。
我が家のものは綺麗に食べられてしまいました。
Unknown (太郎ママ)
2016-11-29 08:34:58
我が家の渋柿も大方を収穫して3個ほど残しました。
句を付けてみました。
若い木なので、こちらの柿の木よりも幹に風情がありませんが、逞しいですよね、柿って・・・・

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事