新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

男の誤算

2019年03月19日 00時15分57秒 | 写真と俳句

  踏まるるは漢の誤算いぬふぐり   ひよどり 一平

  (ふまるるはおとこのごさんいぬふぐり)

    ・・・・・・・・・・・・・・・

  小さな花だからといって、踏まれるために咲いているのではないのです。

  「キレイ!」と言って愛でて貰いたかったのに、なんと不条理。

  しかも、犬に踏まれるなら我慢のしようもあるけれど、人間に踏まれたとあっては何のために咲いたのか分からない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 子等の声 | トップ | 光を池に »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (太郎ママ)
2019-03-19 07:14:09
「踏まるるは漢の誤算いぬふぐり」

花を踏むような大人は消えてしまえ・・・ですよ。
どんな環境にあっても花を愛でられるようで居たいですね。
太郎ママさんへ (ひよどり)
2019-03-19 07:30:39
オオイヌノフグリ、ハコベ、ぺんぺん草などは踏まれるのが宿命のようです。
あまり気にせずに踏んでいる人もいます。
Unknown (たんと)
2019-03-19 16:26:04
どうしても避けてしまいますね。
直接に踏みつけるなんて勇気が要ります♪
たんとさんへ (ひよどり)
2019-03-19 21:54:20
カメラに収めようと思ったとき、とても窮屈に感じます。
少しでも近づいてしっかり撮りたい、しかし踏むわけにも参らず。
忠孝に挟まれた感じです。

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事