新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

つくねんと

2020年08月09日 00時31分27秒 | 写真と俳句

   古株に載りつくねんと秋の栗鼠    ひよどり 一平

  (ふるかぶにのりつくねんとあきのりす)

   ・・・・・・・

 あのすばしこい栗鼠が、古い木株の上に載っていたからといって、「つくねん」だったのかどうか。

 「つくねん」を辞書で引けば、「ひとりさびしそうにしているさま」なのだ。

 栗鼠に「さびしい」という心理状態があるかどうかを訊ねたことはない。訊ねるすべもない。

 カメラ持参の私の心の中に、ふっと淋しさが湧いただけのことだ。

   ・・・・・・・

 新型コロナの襲来を受けて以来、親子・兄弟や恋人・友人・知人たちとの交流の形が変わってしまった。

 このような状況は、確かに物足りない。しかも、先行きの見通しすらも立っていない。

 しかし、淋しいなァとは思っていない。「すぐに会えるようになるさ」と思っているからなのだ。

「すぐに会えるようになる」かどうかは、神のみぞ知ること。新型コロナというヤツは、とてつもないヤツらしいから。

 それが、「お盆の帰省は自粛して!」となると、少し様子が変わる。孫に会えない爺や婆の淋しさは別物なのだ。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 露草は威を揮わない | トップ | 抜け殻の遺志 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (太郎ママ)
2020-08-09 08:59:38
「古株に載りつくねんと秋の栗鼠」 

つゆ草、私も撮ってみましたが、ま、・・・です。

新型コロナウイルスの正体はなかなか掴めないようですね。
ワクチンも効くかどうか?
それに、私にまで回るほどの量があるのかしら?
以前のような時代はくるのかしら?
何となく寂しくなります。
太郎ママさんへ (ひよどり)
2020-08-09 09:50:40
ワクチンが効くのかどうかも分からないし、
私にまで廻ってくるかどうかも分かりませんね。
アメリカ軍の艦砲射撃や焼夷弾爆撃とは異なる恐ろしさがあります。
しかしながら、負けるわけには参りません。
頑張りましょう。

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事