新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

梅雨寒し

2019年06月11日 00時02分01秒 | 写真と俳句

  梅雨寒の佃小橋に船憩ふ  ひよどり 一平

 (つゆさむのつくだこばしにふねいこう)

  ・・・・・・・・・・・

 立夏以降、夏日とか真夏日とか騒いでいたのだが、梅雨入りして以降、急に寒くなった。

 寒がりの私としてはとんだ大難儀。

 気温が低下すれば、私の脳細胞をはじめとして身体の各所が活動を停滞させるのだ。

 「こんなに寒くなったんでは、動いちゃいられねーよ」

 痩せ細った脳細胞がそう言っているのだから、身体全体が活動中止。

  そのくせ、ハラだけは減るのだからおかしなハナシ。

 これも老化現象でしょうか。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 恩愛の深まり | トップ | 俳句は余技 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (太郎ママ)
2019-06-11 06:49:15
「梅雨寒の佃小橋に船憩ふ」

元気そうで何よりです。
数日私も活動中止です。
疲れを溜めないようにしています。
太郎ママさんへ (ひよどり)
2019-06-11 08:49:51
元気は元気なのですが、行動力が落ちています。
意欲が大いに減退しています。
スケジュールに引きずられています。

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事