新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

竹細工(大汐会余聞3)

2017年07月20日 04時53分35秒 | 写真と俳句

 大汐会メンバーの最年少はT.MさんとM.Tさんの二人。

 T.Mさんの特技は竹細工。横浜市内に三つの教室を開いていて忙しそうだ。

 ありがたいことに、恒例として、翌年の年男に干支の竹細工を贈ってくれている。

 来年は戌年なので、年男の私が戌の竹細工を頂戴した。

 上の写真は、来年の戌のほか、今年の酉とキリギリスのバイオリニスト。

 今まで頂いていた中から選んで、カメラに収めたもの。

 この戌は戌年の私。本人の私と同じように、とてもやんちゃっぽくて可愛い。

 撮影技術が未熟なため、竹細工の精細さを再現できず、残念。

  涼しさやこれぞ至芸の竹細工   ひよどり 一平

 M.Tさんは、停年を機に山梨県で帰農。産品は「道の駅」で大評判らしい。 

 

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 思案の猫 | トップ | 奔放なり »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (畦夢̴)
2017-07-20 05:15:11
涼しさやこれぞ至芸の竹細工   ひよどり 一平

素晴らしいものですね。
ご一緒に仕事をしていた頃のお仲間の作品と
聞いて本当にビックリしました。
道の駅で大評判というのもよく分かります。
Unknown (太郎ママ)
2017-07-20 08:00:58
「涼しさやこれぞ至芸の竹細工」

相変わらず素晴らしい作品ですねぇ。
手先を使われていてボケにでしょうねぇ。
畦夢さんへ (ひよどり)
2017-07-20 21:52:24
仲間たちはそれぞれの道で頑張っていて頼もしいのです。
っそれに引き替え、私はなんとも不格好。
年齢のせいにしています。
太郎ママさんへ (ひよどり)
2017-07-20 21:55:09
個性的な作風を以て指導者の道を歩いています。
羨ましく思いますが、なかなか真似はできません。
驚いて褒めています。

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事