新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

草萌え

2008年03月27日 07時49分05秒 | 写真俳句・エッセー
Simg_0272t
草萌えや塞ぎし胸の煽りたる

 冬枯れ時代の大地は、冷たく鎮まりかえっていた。

 そこから草が萌え始めた。

 天地の理か自然の営みか。

 いかに横着者の私でも、天の摂理には逆らえない。

 それどころか、「待ってました!」とばかりに声をかけたくなる。

 草萌えのエネルギーに煽られれば、厭が応にも活発に動き出さなければなるまい。

 いつまでもチンマリしているわけにはいかないぞ。

 それが春なのだ。

   草萌えや塞ぎし胸の煽りたる   鵯 一平

 これから仕事場へ。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ ← お読み頂きありがとうございました。
            ポチッと応援クリックをお願いします。
            励みになります。
                                                    


             

             

 

 

コメント (10)