ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(430)

2019年04月27日 | 川だ 渓流だ!
平成31年4月27日です。
今日は、今シーズン初めての渓流へ行っていました。
今週中頃の雨で河川水位は上昇していると思っていました。
ビックリ、いつもの水位よりも低いぐらい。
面河川へ行っていましたが、鳥形山の雨量って130mm程度の連続雨量だったのでは?
おかしい、これは条件悪いぞー。
支川のN川へ入っていました。上流域から始めて河川水位が低いですので中流域へ回って釣ろうと考えていました。
スピナ付きのリュウキです。

いつものシンキングです。

状態が悪いとは言え、ボツボツと釣れている感じ。
でも、上流へ上がれば上がるほど水がない。
見切りを付けて中流域へ移動しました。
移動するとすぐに大型車が上流へ上がる音が・・・。
生コン車です。あれ?連休なのに仕事しているの?現場頑張っているなー、もしかして???
河川工事やっています。当然河川は、

こんな色になっています。ショック!
O川へ移動。
下流域を攻めましたが、現水位の少し上に足跡が沢山。
と言うことは昨日の足跡では?
かなり渋い状態でしたがボツボツ拾うことが出来ました。
大場所より中場所や角度を変えてアピールしたり。
最後にゴリまで釣ってしまいました。

Max24cmで10匹でしたね。朝7時から16時まで遊びました。

まあ困ったもんです。
鑑札も机の上に置いたままで不携帯。
おまけに竿の穂先を折るわ、ネットも何処かに捨てて来るわ
参りました、また穂先をやってしまいました。
高巻きで安全と思って足を掛けた岩が滑落して、後ろ向けにこけてしまいました。
後頭部を打っていたら危険でしたね。竿が折れたぐらいで良かったのかも知れません。
歳と共にかなりどんくさくなっていますわ。気を付けないといかんです。
ネットも磁石のリリーサーで背中に付けていますが、磁石が外れる時にはかなりの反動がありますからね。
まして、背中を引っ張られるようなことはなかったのですが。
すごい平成31年度の渓流スタートとなりました。
というか、平成最後の渓流になるでしょう。

明日は、船頭で宇佐でキス釣りです。
これも平成最後のキス釣りとなりそうです。

コメント   この記事についてブログを書く
« ホーリー釣行記(429-05) | トップ | ホーリー釣行記(431) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

川だ 渓流だ!」カテゴリの最新記事