事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

真田丸 第五十回 最終回

2016-12-18 | 大河ドラマ

第四十九回「前夜」はこちら

いま、目が真っ赤です。妻はしみじみ「いいドラマだったわねえ」と。

いいドラマでした。もちろん今回はどうしたっておなじみの面々が死にゆく話なので、それなりの感慨があるだろうとは思ったけれども、それ以上に、最後の最後まで三谷幸喜らしさが横溢していたことに満足。

たとえば自刃の場面。ことここに至って佐助の年齢を確かめるあたりのユーモアと陰惨な設定の共存。これこそが三谷ドラマ、真田幸村の物語を描く真骨頂だ。そして大河ドラマファンである三谷幸喜だからこそ、数々の新機軸を。

・ドラマ開始前の特報「ダメ田十勇士」で登場した雑兵たち(博多華丸、梅垣ピーナッツ義明など)を、ここで再登場させ、堺雅人と共演させる妙味。

・ディック・フランシスばりに二文字のタイトルを連続(早川書房に仁義はきりましたか)、そしてそれを最終回で「最終回」と三文字にする余裕。

・重要な人物なのに、近ごろ出番が少ないんじゃないかと心配させた竹内結子に用意した大芝居。

そしてわたしがなにより感じ入ったのは、最終回のくせに回想をいっさい入れなかったという矜持だ。

もちろんエンドタイトルでは盛大に流してくれるけれども、普通は名文句を発した人物のそのシーンを挿入させるじゃないですか。それ一切なし。信繁が腹を切るときも、他のキャラがその後どのようになるかだけを暗示して終わる。

もちろん計算違いもこの大河にはたくさんあった。ペース配分がちょっとくるってなかったかとか、戦国なのに(いくら合戦が嫌いだとはいえ)騎馬の場面が少ないのはわたしも不満。

でもね、わたしは五十週にわたってこのドラマを見続けてきてつくづく正解だった。一回も日曜夜にこのドラマを見逃さなかったのは社会人失格だけれども、満足しています。

前回の視聴率は意外に上がらなくて14.8%。うーん、今回は16%台かな。これほど総集編が楽しみな大河はない。また特集します。わたしはこの長大なお話が、最後まで兄弟の物語であったことに感動しています。

総集編「真田丸アカデミー賞」につづく

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 永続敗戦論PART3 | トップ | 日露首脳会談 あるいは読売... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロス・・・・ (mumioli7)
2016-12-18 21:24:37
今日、BS,総合、そして録画したものをダンナは釘づけで見てます。先日、松村邦洋のトークショウで、「真田丸」の物まね(犬伏の別れのところ)を見てきたので、最初のダメ田十勇士の場面は思わず『おーっつ』と声を上げ、三十郎との別れでは涙し、徳川軍が一時退去し戻ってきたときにはダンナと二人で「逃げるは恥だが役に立つ」と叫んでました。

来週から、何を夕飯の友(BSで見てたので、日曜は夕飯午後6時開始だった)にすればいいのでしょう・・・

涙腺がっっ (まだアウトランダーのオーナー)
2016-12-18 21:48:26
大河を見て泣いたのは、多分 山河燃ゆ 以来。
もう、泣くことはないだろうと思っておりましたが…
歳のせい?
いやいや、やはり 回想シーンなしで泣けたのだから
やはり、話が良かったんだなと。
サスケ、55歳か… ジーンと来ましたよ。
サービス満点 (hori109)
2016-12-19 20:31:22
……なドラマでしたよね。
この余裕が嫌いな人もいるだろうけれども。
星野源を活躍させ、大泉洋でしめるくくりは
さすがだと思いました。
これから日曜の夜はさみしくなるなあ。

コメントを投稿

大河ドラマ」カテゴリの最新記事