事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

真田丸 第三回「策略」

2016-01-24 | 大河ドラマ

 

第二回「決断」はこちら

前回の視聴率は、及ばないだろうと思ったのに大台を超えて20.1%。「イッテQ」のスペシャルがあり、イモトと同時に、しゃべらないベッキー(たかが不倫じゃないか、なに騒いでんだ)がいたにもかかわらず。

数字だけでなく、マスコミの論調もこの大河に好意的なようだ。「新選組!」のときとはえらい違い。その背景に、講談調の面白さを残しながら、(大泉洋に徹底してシリアスな演技をさせるなど)歴史ファンに気を使っていることがあるんだと思う。でも、読者の歴史オタクはやはり厳しいです。

「本多正信に鷹の世話をさせるシーン、石川数正に『徳川家臣に裏切りはない』と言わせるシーン、歴史好きにニヤッとさせる部分もいいでしょう。でもねえ、新府城での家康のやけどのシーン、穴山との対面前のシーン、何よりも最後の決断のシーンは……三谷さん、あのねえ、清洲会議とは状況がちがうでしょうよ。

さあ第三回にとっととまいりましょう(笑)。

「船出」「決断」ときて今回は「策略」。ディック・フランシスの競馬シリーズばりにすべて二文字でいくんだろうか。ミステリファンの三谷幸喜ならではの趣向。

しかし真田家の物語をつむぐ上で、もう“策略”を使っちゃうのか。早すぎないか……いやいや、その名に恥じない策略っぷりでした。昌幸(草刈正雄)の上杉への密書をめぐる深謀、信繁(堺雅人)の近在との争いにおける戦略、そして黒木華と長澤まさみのラブコメ騒動。最後に、信幸(大泉洋)の腹芸。うん、策略というタイトルにふさわしい回だった。それぞれのエピソードの順番が、こうでなくてはならないと納得できるあたり、さすが三谷幸喜と思わせる。どんだけ面白くなるんだ。

清須会議」で黒田官兵衛を演じていた寺島進が、戦国とは結局は博打の連続だと醒めていてうれしい。長澤まさみはやはり東宝ラブコメの女王だとつくづく。

今週の名ゼリフ。

「そなたは、嫡男だ」

この昌幸から信幸への言葉が、一年間をつらぬくテーマになるわけよね。視聴率は常に予想を上回るので22%台に上昇と読んでます!

第四話「挑戦」につづく

コメント   この記事についてブログを書く
« オリエント急行殺人事件 第四夜 | トップ | オリエント急行殺人事件 第五夜 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大河ドラマ」カテゴリの最新記事