事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

日本の警察 その102「棲月 隠蔽捜査7」 今野敏著 新潮社

2019-03-06 | 日本の警察

その101「コールドケース」はこちら

大森署の名物署長となった竜崎が、部下を掌握しきっていることが何度も強調される。いつもそうだけど今回はあざといくらいだなあと思っていたら、なんとラストで……なるほどね。県警の人事の季節に読むのにぴったり。いやしかしキャリアは降格人事をくらったら普通は辞めるという決めつけもすごい(笑)

今日は職場で所属長のハンコ押しネタで盛り上がったので、竜崎の毎日の押印回数ってどれだけなんだとつくづく。

その103「紅のアンデッド」につづく

コメント   この記事についてブログを書く
« 「私に付け足されるもの」長... | トップ | MI5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本の警察」カテゴリの最新記事